コンテンツへスキップ

ロシアのお菓子「カンフェティ」конфетыをいただきました。

この前、知り合いの方から、ロシアのお土産でカンフェティをいただきました。ロシア人が大好きなお菓子です。

ロシアのお菓子コンフェティ

カンフェティを辞書で調べてみると、

ロシア語辞書
カンフィェータは単数形です。この単語は複数形で使うことが多いです。

飴とか書かれていますが、実際は

ロシアのお菓子コンフェティ

チョコ菓子です!

カンフェティは、スーパーでは袋詰めで売られていて、お菓子屋さんに行くと、色々な種類のカンフェティがズラーっと並んでいて、量り売りで購入することができます。ショーケースに並んでいるカラフルな包装紙は見ているだけでも、とても楽しいです。

カンフェティはチョコ菓子と書きましたが、中にキャラメルっぽいもの?やウェハースが入っていて、種類によって少し違いがあります。

今回いただいたのは、直訳すると、赤い10月(クラースニィーアクチャーブリ)красный октябрьという、確かモスクワの有名なお菓子会社のカンフェティです。このカンフェティの名前はつばめ(ラストーチカ)ласточкаという名前のようです。包装紙の右側に会社名が入っているのですが、赤い10月という社名ということで右側は赤くなっています。左側は見えにくいかもしれませんが、ツバメが小さくプリントされています。あまり鳥の名前の付いた日本のお菓子はないですし、デザインも日本にはない感じで、文化の違いが感じられます。

ロシアのお菓子コンフェティの包み紙

ロシア人はとてもお茶の時間が好きです。お菓子も大好きなので、カンフェティはどこの家庭にもあります。ロシア人の家でお茶をいただくと、色々なお菓子を出してくれます。その中に必ずカンフェティは入ってます。色々なカンフェティが出てくるので「これが美味しいのよ」とか「これは私が好きなカンフェティ」とか教えてくれます。

基本的にカンフェティはどれを食べても、とても甘いです。ロシア人の紅茶は砂糖入りですが、無糖の紅茶と食べることをオススメします。

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。