コンテンツへスキップ

昨日は新宿にあるバー、トロイメライで6月4日(火)のコンサートの合わせをしました。
ピアノの清水さんとは、2月に同じくトロイメライのコンサートで共演させていただき、今回は2回目の共演になります。

バー、トロイメライはピアノが設置されており、土曜日は、お客様にピアノを開放しています。
ペンギンが好きなオーナーゆりさんは、歌手でもあるという、音楽好きなお客様にはとても居心地のいいお店です。

バー、トロイメライ。店内にはペンギングッズがたくさんあります。

6月4日(火)に演奏する曲目はこんな感じです。

ラヴェル           亡き王女のためのパヴァーヌ

フロローフ          ブルース形式の小品

貴志康一           花見

L・アンダーソン       プリンク・プレンク・プランク

L・アンダーソン       フィドル・ファドル

バッハ            無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番より Adagio

「耳をすませば」より     カントリーロード

フォーレ           夢のあとに

「ハウルの動く城」より    人生のメリーゴーランド

「ピノキオ」より       星に願いを         

ピアソラ           リベルタンゴ

パッと見てあまり有名でない曲もあると思いますが、どれもいい曲ばかりです。
コンサートでは簡単な曲目解説もあるので、知らない曲も少しは親しみを持って聞くことができるのではないかなと思います。

今回のプログラムの特徴は右手(弓)の色々な技法がたくさん出てくるので、バイオリンの魅力がお伝えできると思います。

合わせをすると、テンポの感覚、曲のイメージなどが共演者と違う意見だったりすることがあります。そういう時、新たな発見があって、ハッとさせられます。
昨日も清水さんと演奏して、そういう風に思うことがありました。
一つ一つの曲の良さが伝わるような演奏ができるように頑張ります。

バイオリン講師 澤井亜衣                        

6月4日(火)20:00~新宿にあるバー、トロイメライにてバイオリンを演奏いたします。お時間がありましたら、是非お越し下さい。
プログラム:フォーレ/夢のあとに、ピアソラ/リベルタンゴ、ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ、他     澤井亜衣

鶴川にあるバー、ロワゾーブルーで私は定期的に演奏しています。
ここのバーは毎週土曜日に生演奏があります。ジャンルは様々です。

私は、クラシックを中心に洋楽、映画音楽など演奏しています。
お客様から直接ご意見やご感想を伺うことができるので、次回の演奏でリクエストいただいた曲を弾いたりすることもあります。

なかなかバーでクラシックを聴けるお店は少ないですし、バイオリンの演奏は意外とないと思います。ドレスではなく、普段の恰好で演奏するので、気軽にクラシックを聴くことができるバーです。初めてバイオリンの生演奏を聴いたというお客様も多いです。

ロワゾーブルーの店内。ロワゾーブルーとはフランス語で青い鳥。
ロワゾーブルーの店内。ロワゾーブルーとはフランス語で青い鳥。

ロワゾーブルーでは演奏中の飲食、会話もOKです!

少しでも生演奏でお客様同士の会話が弾み、食事やお酒が美味しくなれば嬉しいなと思います。

18日(土)のロワゾーブルーの演奏は映画音楽を中心に、バッハの無伴奏ソナタ、パルティータを少し演奏いたします。演奏は20:00~です。

お時間がありましたら是非お越しください。

バイオリン講師 澤井亜衣                  

文章を書くのが苦手な私がブログを書き始めた理由の一つとして、
生徒様とレッスン後に会話をする中で、ロシアでの留学生活が話題になった時、
「先生、ロシア留学の経験をブログに書いたらいかがですか?」と言われたからです。
確かに、私がロシアへ留学したいと思っていた頃(かれこれ15年以上前の話になりますが。)なかなか情報が得られず、苦労した記憶があります。現在はその時に比べたら、情報量は多いと思いますが、語学留学にくらべて音楽留学の情報は少ないと思うので、古い情報でもあった方がいいのでは?と思い書くことにしました。

私が通っていた学校は、ロシアの第2都市サンクトペテルブルグにある音楽院です。
正式名称はロシア国立リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院です。
ロシア語だと санкт-петербурская государственная консерватория имени Н.А.Римского-Корсакова と書きます。
私は音楽院の外国人本科というところに在籍していました。本科は5年生で、日本でいうと大学のようなところです。
その他にも様々なコースがあり、本科に入る前にロシア語、実技などの授業が受けられる外国人留学生のための予備科、短期留学されたい方、好きな授業のみ受講できる研究科、大学院がありました。

サンクトペテルブルグ音楽院の写真
サンクトペテルブルグ音楽院

音楽院の前にはマリインスキー劇場、隣にはロシアの作曲家、リムスキー=コルサコフの像とグリンカの像があります。少し歩くと、他にもコンサートホールや音楽院の付属学校もあります。ここは劇場広場という名前が付いていて、学生にとってはとても恵まれた環境にある場所です。
とてもいい場所ですので、もしロシア旅行の際には足を運んでみて下さい。

今月18日(土)に鶴川のロワゾーブルーにて演奏させていただきます。
20:00~、21:00~、22:00~の3ステージになっております。
お時間がありましたら、是非お立ち寄りください。

バイオリン講師 澤井亜衣


はじめまして。大人のバイオリン教室ノータ、バイオリン講師の澤井亜衣です。
バイオリン、音楽全般、ロシアなどについて書いていきたいと思っています。

私はロシア音楽が好きで、ロシアに留学しました。帰国して10年が経とうとしています。5年間のロシアの留学生活もブログに綴っていけたらと思います。

ロシア音楽、と先ほど書きましたが、ロシア人作曲家のクラシック音楽全般が好きです。特にプロコフィエフ。暗いようで明るい、明るいようで暗い、不思議な音の組み合わせが独特で、そして作品の一つ一つに物語性があるような気がします。
ロシア音楽はCM曲として使用されることがよくあります。例えば、ソフトバンクのCM曲はプロコフィエフのバレエ音楽「ロミオとジュリエット」やチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」が使用されていました。
JRの奈良のCMもロシア人作曲家ボロディンのオペラ「イーゴリ公」が使用されています。おそらく奈良のCMが始まってからずっとこの曲が使用されていると思います。でもCMが新しくなるたびに、少しずつアレンジや編成が変わっていて、進化してるなあ。と思いながら、いつも楽しみながら見ています。

右がプロコフィエフ。左はロシアの有名なヴァイオリニストオイストラフ。 二人ともチェスが好きだったようです。

近くて遠い国と言われるロシア。たぶん日本にあるロシアを探せていない部分もまだまだたくさんあると思います。

5月18日(土)に鶴川にある、ロワゾーブルーにて演奏させていただきます。
お時間がありましたら、是非お立ち寄りください。

バイオリン講師 澤井亜衣