コンテンツへスキップ

今回は蚊について書いていきたいと思います。ロシアにも蚊がいます。刺されると日本の蚊より痒いのでやっかいです。
ロシアの蚊は、少し大きく、色は、

茶色です!

ロシアは5、6月がとても穏やかで、いい気候なので、窓を開けたくなります。しかし、その時期に蚊が発生します。

ペテルブルグは都市ではありますが、運河があったり、オゼルキー「озерки」という湖を意味する駅があったりと、勝手に思っているだけかもしれませんが、蚊は多いのではないかと思います。

私はロシアの蚊には、苦い思い出があります。留学して初めて初夏を迎えた頃、蚊の存在を知らず、あまりにいいお天気だったので、寮の窓(音楽院の寮に住んでいました)を開けて過ごしていました。窓は寒さを凌ぐため、二重窓になっており、外側の小さい窓には網戸が張られていました。私はその小さい窓を開けて日中過ごし、夜は気温が下がるのと、治安の事も考えて閉じて寝ることにしました。

ベッドに入ってから数時間したら、

ブ~ン、ブ~ン

と蚊がいることが発覚!網戸は張ってあったにもかかわらず、とても古い寮なので、隙間から侵入してきたのです。虫が苦手な私は捕まえる気にならず、無視して寝ようとしましたが、かなりうるさかったので寝られません。明日寝不足になって、ボーッとしてパスポートを盗られたらどうしよう。(パスポートは外国人は警察に呼び止められることがあるため、外出する際は必ず持ち歩きます)という不安が過ぎり、起き上がって捕まえることにしました。

最初はかなり苦戦しましたが、何とか捕まえてホッとして、また寝ると、耳元でブ〜ンと囁きだしました。なので、また起き上がって蚊を捕まえました。その作業を夜明けに3回ほど繰り返し、その日に捕まえた蚊はなんと8匹。(部屋は5畳くらいの大きさです)でも、何とか眠ることができ、次の日も無事に過ごすことができました。人間いざとなったら、嫌なこともするもんなんだなと思った出来事でした。少し大げさですが。

その話を先輩にしたら、コンセントに挿すと蚊が寄ってこない商品があるということ。日本だとベーブのような物です。速攻買いに行った事を覚えています。かなり効果がありました。緑の液体でしたが、かなりの香料のにおいがするので、どんな薬品を使っているのかわかりません。身体に悪いかもしれないと、2回目はセンシティブと書かれたピンクの液体の商品を購入しました。(それでも結構におうのですが)色んな種類の蚊を撃退する商品はたくさんあるので、夏場はこういう商品に頼ることをオススメします。

ロシア人にとって蚊は身近なのかもしれません。ロシアの民族楽器で結成されているオーケストラを聴きに行った時、題名は忘れましたが、蚊をテーマにした曲を聴いたことがあります。蚊が飛んでいるような音を民族楽器で演奏していました。その演奏を聴いた時は寮の出来事を想像してしまいました。色んなことや物を音楽で表現することができる可能性を改めて感じた瞬間でした。

蚊以外はロシアの夏は過ごしやすいです。ロシアの夏はオススメです。

バイオリン講師 澤井亜衣

9月24日(火)バートロイメライで20時からコンサートがあります。来週なので、着々と準備を進めています。

プログラムを作ったり、 トロイメライで合わせをしたりしています。

バートロイメライで行われる澤井亜衣のバイオリンコンサートのプログラム
24日(火)のプログラム

トロイメライは新宿にあるバーで西武新宿駅から徒歩1分くらいのところにあります。オーナーのゆりさんがクラシックが好きなので、クラシック音楽が店内に流れています。駅から近く、店内も明るめで、女性1人でも入りやすいお店です。週1くらいで定期的にコンサートが行われ、私は24日(火)にトロイメライで演奏させていただきます。

合わせで「塔の上のラプンツェル」の「輝く未来」を弾いていたら、ゆりさんが「何の曲?いい曲」と言ってくれました。「穏やか」とも言っていました。私もこの曲は本当に穏やかだと思っているので、音楽を共感できることは本当に嬉しいです。

以前、ブログで「輝く未来」は他のディズニープリンセスの曲に比べて、あまり演奏されないと書きましたが、知っている方も少ないと思います。でも、知らない曲でもいい曲はたくさんあるので、「輝く未来」のような、あまり知られていないけれど、いい曲を紹介していけるといいなと思っています。

プログラムを考える時に、できるだけ、お客様が知っている曲を弾くようにしていたことがあったのですが、お客様から「知らないけど、いい曲を聴けた時は嬉しい」と言われたこともあったので、バランスよくプログラム構成をしています。

コンサートはチャージではなく、投げ銭制。クラシック音楽は敷居が高いと良く言われてしまいますが、こういう料金体系で気軽に聴けることは、クラシック音楽やバイオリンを身近に感じていただける機会なので、こういうアットホームな雰囲気の場所で演奏することは結構好きです。ホールとは違って、食べたり飲んだりできるのもバー演奏での魅力の一つ。気軽な感じで聴いていただけたらと思います。お時間がありましたら、是非お越しください。

バートロイメライの澤井亜衣のバイオリンコンサートのフライヤー

予約のお問い合わせ  バートロイメライ 03-6457-6433

バートロイメライホームページ

https://www.bar-traumerei.com/

バイオリン講師 澤井亜衣

お酒の場で盛り上がる曲があります。モンティ作曲のチャールダッシュという曲です。曲調が変化していくので、お酒の場だけではなく、飽きずに最後まで楽しむことができる音楽です。

なぜ、お酒の場と書いたのかというと、チャールダッシュとはハンガリー語で「酒場」を意味する「チャルーダ」が語源だからです。兵士が居酒屋で兵士を募集するために踊った曲です。
聴衆を惹きつけるためには、魅力的な音楽と踊りが必要だったのだと思います。

19世紀には、ウィーンで大流行し、法律でチャールダッシュが禁止になったようです。強烈で中毒になるような音楽だったのかもしれません。

この曲の魅力は、
①ゆっくりなテンポと速いテンポが繰り返されること。
②哀愁漂う民族音楽が使用されていること。
③色々なバイオリン奏法が使われていること。

などが挙げられます。4分程度の曲で、これだけ中身の濃い曲はなかなかないかもしれません。

モンティはイタリアの作曲家でバイオリンの名手でした。いくつか作品を残していますが、有名な曲はチャールダッシュしかありません。

今回はチャールダッシュをところどころ載せてみることにしました。

まずは最初の冒頭の部分。民族的な哀愁漂うメロディで魅了します。

そして、テンポが速くなり、

フラジオ(タイスの瞑想曲でフラジオ奏法を説明しています。)ゆっくりになり、

最後はもっとテンポが速くなって盛り上がります。

こんなに色々楽しめる曲はなかなかないと思います。東欧の音楽なので、哀愁漂う感じが、日本人に合うのかもしれません。

9月24日(火)新宿のバー、トロイメライでモンティ作曲のチャールダッシュを演奏します。お酒を飲みながら、聴いていただけたら嬉しいです。お時間がありましたら、是非お越しください。

バイオリン講師 澤井亜衣

映画シンドラーのリストは、94年に公開されたスピルバーグ監督の作品です。アカデミー賞も受賞しています。この映画音楽を担当しているのが、ジョン・ウィリアムズです。

ジョン・ウィリアムズはスターウォーズやE.T.など、誰もが聴いたことのある映画音楽を作曲しています。

シンドラーのリストのテーマは、シンドラーのリストの映画のために作られたバイオリンの曲です。映画音楽ではありますが、クラシックとしても演奏されることのある中間的な作品です。ユダヤ人バイオリニスト、イツァーク・パールマンに献呈されました。

私はこの曲を聴いたことがきっかけとなり、映画音楽が好きになりました。映画音楽は物語があるので、とてもわかりやすく、スッと音楽が入ってくる気がします。

引退したロシア人のフィギュアスケート選手、ユリア・リプニツカヤ選手が、この曲で素晴らしい演技をされたのは、とても記憶に残っています。スピルバーグ監督はリプニツカヤ選手の演技を観て感動し、リプニツカヤ選手に手紙を送ったほどです。

映画音楽ですが、映画だけではなく、このように曲が知れ渡るのは、本当にいいなと思います。作曲されてから年数が経つにつれて、その曲に関するエピソードが色々作られていくことは、楽しみでもあります。

今回、この曲の最後の部分をピアノなしとピアノ伴奏ありで載せてみました。楽譜にwarmlyと書かれているのですが、ピアノが入るとさらに際立ちます。私はその部分の色んな音が混ざった柔らかさがとても好きです。

シンドラーのリストのテーマの楽譜
星印のところが好きなところです。

最初にピアノなしで、バイオリンのみの音。11秒で星印のところを弾いています。

ピアノ伴奏ありの音。こちらも11秒で星印のところを弾いています。

ピアニストの清水さんと合わせをした際に、ピアノとバイオリンの音源を録ってみました。
バイオリンは一つの音で弾くことが多いので、ピアノの沢山の音が入ることで、綺麗なハーモニーになります。違う音、そして異なった音色が入ると、同じ場所を弾いても、違う感じの雰囲気で聴くことができます。そして、弾いている側も、ピアノ伴奏がある時とない時では感覚が変わり、面白いです。

新宿にあるバー、トロイメライにて、9月24日(火)シンドラーのリストのテーマを演奏いたします。悲しい曲ではありますが、聴きやすい映画音楽で深みのある曲です。お時間がありましたら、是非お越し下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

作曲家について書かれたオススメの本があります。それがこちらです。

大作曲家の履歴書というタイトルだけあって、本当に履歴書が書かれており、著者がそれに付け加えるように、作曲家について解説しています。簡潔に書かれているのでオススメです。

この本については、また詳しく違う機会に書いてみたいと思います。私がこの本で衝撃を受けたのは、モーツァルトの作曲した約9割は明るい曲だということ。

確かに、モーツァルトの名曲はアイネクライネナハトムジークやディベルティメントなど、どれもこれも明るい曲ばかり。ただ、残りの1割の暗い曲は、普段のモーツァルトでは聴けない特別な感じの曲でもあると思います。

モーツァルトのバイオリン曲もほとんどの作品が明るい曲です。私はどちらかというと暗めの曲が好きなので、正直モーツァルトは苦手なのですが、バイオリン曲で気に入っている曲が一つだけあります。バイオリンソナタ ホ短調 K.304です。

バイオリンソナタとはソナタ形式という形式で作られた曲のこと。モーツァルトはバイオリンソナタをたくさん作曲していますが、(作品番号が複雑な為いくつとは言いづらいです)その内、暗い曲は本当に少ないです。

この作品はモーツァルトが22歳の時の作品です。なぜ暗い曲になっているのかは定かではありませんが、この年に最愛の母親を亡くしています。その影響もあるかもしれません。

母親は誰にとっても特別な存在だと思いますが、モーツァルトにとってもそれは同じことだったと思います。神童と呼ばれていたモーツァルトは小さいころから演奏旅行をしていたので、母親と離れて旅行することもありました。どちらかといえば、音楽家であった父親の方が存在がモーツァルトにとって大きかったかもしれませんが、家族を亡くした悲しみは大きかったと思います。

二楽章からなる、このソナタは1楽章アレグロという速いテンポで、2楽章はメヌエットのテンポでと指定があります。メヌエットとは三拍子の踊りの曲です。1楽章は少し険しさと悲しさ、2楽章はどこか懐かしい思い出を回想するかのような感じがします。ソナタ形式はピアノもバイオリンと同じ様に、メロディを弾いたりするので、ピアノも聴きどころがたくさんあります。特に2楽章は少し高めの音域で書かれていて、とても綺麗です。

ロシアのバイオリニスト、オレグ・カガンが、ロシアのピアニスト、スヴェトラーノフ・リヒテルと共演しているのがありました。モスクワにある、プーシキン美術館で演奏されたものです。

モーツァルトは明るい曲を数多く残しましたが、作曲家は、作曲した年齢や、その年の出来事などによって作風が変わってきたりするので、とても面白いです。

9月24日(火)新宿のバー、トロイメライでモーツァルトのバイオリンソナタホ短調 K.304を演奏します。バーでバイオリンソナタを演奏するのは珍しいと思いますので、お時間がありましたら、是非お越し下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

この前、知り合いの方から、ロシアのお土産でカンフェティをいただきました。ロシア人が大好きなお菓子です。

ロシアのお菓子コンフェティ

カンフェティを辞書で調べてみると、

ロシア語辞書
カンフィェータは単数形です。この単語は複数形で使うことが多いです。

飴とか書かれていますが、実際は

ロシアのお菓子コンフェティ

チョコ菓子です!

カンフェティは、スーパーでは袋詰めで売られていて、お菓子屋さんに行くと、色々な種類のカンフェティがズラーっと並んでいて、量り売りで購入することができます。ショーケースに並んでいるカラフルな包装紙は見ているだけでも、とても楽しいです。

カンフェティはチョコ菓子と書きましたが、中にキャラメルっぽいもの?やウェハースが入っていて、種類によって少し違いがあります。

今回いただいたのは、直訳すると、赤い10月(クラースニィーアクチャーブリ)красный октябрьという、確かモスクワの有名なお菓子会社のカンフェティです。このカンフェティの名前はつばめ(ラストーチカ)ласточкаという名前のようです。包装紙の右側に会社名が入っているのですが、赤い10月という社名ということで右側は赤くなっています。左側は見えにくいかもしれませんが、ツバメが小さくプリントされています。あまり鳥の名前の付いた日本のお菓子はないですし、デザインも日本にはない感じで、文化の違いが感じられます。

ロシアのお菓子コンフェティの包み紙

ロシア人はとてもお茶の時間が好きです。お菓子も大好きなので、カンフェティはどこの家庭にもあります。ロシア人の家でお茶をいただくと、色々なお菓子を出してくれます。その中に必ずカンフェティは入ってます。色々なカンフェティが出てくるので「これが美味しいのよ」とか「これは私が好きなカンフェティ」とか教えてくれます。

基本的にカンフェティはどれを食べても、とても甘いです。ロシア人の紅茶は砂糖入りですが、無糖の紅茶と食べることをオススメします。

バイオリン講師 澤井亜衣

新宿にあるバー、トロイメライでマスネ作曲のタイスの瞑想曲を演奏する予定です。

「ゆっくりなテンポで美しい有名な曲は何ですか?」と聞かれたらおそらくタイスの瞑想曲と答えると思います。バイオリン奏者が良く演奏する曲です。

もともとは、マスネ作曲のオペラ「タイス」の1場と2場の間に弾かれる間奏曲で、コンサートマスター(オーケストラの演奏をまとめる人で、第1バイオリンの1番前に座っている人)がソリストになり、オーケストラと演奏します。

オペラのあらすじですが、娼婦のタイスと修道士アタナエルの恋物語です。この瞑想曲はタイスがアタナエルの説得により、改心して、信仰の道に入るという重要な場面で演奏されます。

現在は、オペラ「タイス」が上演されるより、タイスの瞑想曲の部分のみをバイオリンのリサイタルなどで演奏されることの方が多い気がします。

タイスの瞑想曲の中で「フラジオ」という奏法が結構でてきます。フラジオの弾き方ですが、本来ならバイオリンは左手をしっかり弦に押さえて演奏するのですが、フラジオは弦に軽く触れるように、指を弦にのせます。そうすると透明感のある不思議な響きの音が出ます。

まずは、しっかりと指を押さえた普通のバイオリンの音です。

バイオリンの押さえ方
薬指を押さえました。レの音が鳴ります。

次に指を弦に触れただけのフラジオの音を載せてみました。先程の普通の音の音源と同じ場所で弾いていますが、かなり高い音に感じられると思います。周波数の違いらしいです。

フラジオ
同じく薬指ですが弦に触れるだけです。

この音を初めて聴く子供達は、とても喜んでくれます。バイオリンのいつもの音色とはかなりの違いがあるからだと思います。そして、子供達はこの弾き方をとても練習したがります。綺麗な音ということもあるとは思いますが、指の力がいらないからです。子供達にとってはフラジオの方が楽みたいです。確かに私も簡単に音が出せるので、フラジオの音を出して子供の頃は遊んでいました。

フラジオの音符の書き方も特徴があります。これがフラジオの音符です。
ダイヤっぽい形をしています。

そして、タイスの瞑想曲の最後の段を載せてみました。

タイスの瞑想曲
赤いカッコのところを演奏しました。

最後の2つ音符はフラジオで弾いています。タイスの瞑想曲は他の場所でもフラジオの音が何回かでてきます。

瞑想曲なので、宗教的で厳かな感じですが、、強弱がとても激しく、物語があるということもあり、どこか人間臭さが感じられます。二面性がある曲だと思います。少しでも、それが表現できたらと思います。

9月24日(火)に新宿にあるバー、トロイメライでタイスの瞑想曲を演奏いたします。名曲ですので、聴きに来ていただけたら嬉しいです。20:00〜になります。お時間がありましたら、是非お越しください。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人にとって夏は好きな季節です。
とても冬が長いからだと思います。

私が通っていた音楽院の夏休みは、7、8月と2カ月程ありました。
社会人も日本人に比べてロシア人の方が夏休みは多いと思います。
ロシア人の夏休みですが、ダーチャで過ごす人が多いです。
ダーチャとは別荘のことを言います。

別荘と聞くと富裕層しか持っていないイメージが日本にはあるかと思いますが、ダーチャを持っている人は結構います。サンクトペテルブルグはアパートばかりなので、一軒家のダーチャで夏を過ごすのは楽しみの一つなのかもしれません。

サンクトペテルブルグから郊外までは車や、電車も通っていいるので、30分~1時間くらいでダーチャのある郊外へ着くことができます。ダーチャの庭でハーブなどを育てたりもします。 育てたハーブなどは、おばあさんたちが、サンクトペテルブルグの地下鉄の駅前などで売っているのを夏になるとよく見かけます。
ダーチャの周りは自然も多いので、バーベキューや、木いちご狩りなども楽しめます。友達がダーチャで木いちご狩りをしたからと、ジャムを作ってくれたことがありました。新鮮な木いちごでできたジャムは、とても美味しかった記憶があります。

夏に収穫した果物は、一年分のジャムにしたりします。紅茶と食べたり(いわゆるロシアンティー)、クラッカー、クレープやパンなどにのせたりして食べます。とても甘いです!日本のレシピだと、お砂糖が果物に対して半分くらいの量ですが、ロシアは果物と同量かそれ以上お砂糖を入れます。その方が保存期間も長いですし、甘いのが好きだからです。

普通のスーパーでも、お砂糖は5キロや10キロ単位で売っていたりします。お砂糖の種類はなぜか、上白糖はなくグラニュー糖です。私は、上白糖売っているを見たことありませんでした。

サンクトペテルブルグもとても良い街ですが、少し離れると、クロンシュタットやパブロフスクなど、良い街があります。ゆったりとしていて癒される場所です。夏のパブロフスクの緑はとても豊かです。
もしロシアに行く機会がありましたら、訪れて見て下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣


私は、小さい子供の生徒様を教えることもあります。ディズニープリンセスの曲を練習したりするので、プリンセスの話はよく話題になります。

私の周りの子供達の中で1番人気のプリンセスはラプンツェルです。私は5年くらい前まで「塔の上のラプンツェル」の映画を観たことがなかったのですが、子供達にとても人気なので気になり観ることにしました。

やはり、ラプンツェル面白かったです!

そして、映画で流れる音楽「輝く未来」も好きになりました。たまに、この曲をコンサートで演奏しています。

プリンセスのお話なので、恋物語はあるものの、根本には人間同士の信頼関係がテーマになっていると思いました。
ラプンツェルとユージーンとの間に信頼関係が芽生えてくる時に歌われる「輝く未来」は穏やかで温かみのある曲だと思います。歌うシーンで出てくるランタンの光にも合う、ぬくもりがある音楽のような気がしました。

作曲されたのはメンケンさんです。アナと雪の女王やアラジン、美女と野獣などの作品を手掛けています。

今回は輝く未来をバイオリンの奏法の一つであるビブラートを使って、載せてみました。ビブラートとは、左手で指を押さえる時に、位置を微妙に揺らす奏法です。ビブラートをかけながら演奏するとふくよかな音色になり、ゆっくりとした曲などは表情が豊かになり、綺麗に聴こえます。

まずは、ビブラートなしで輝く未来の冒頭の部分を演奏してみました。

次に同じ部分をビブラートありで弾いてみました。

どうでしょうか?違って聴こえましたでしょうか?

私は、輝く未来を弾く時は、音符のほとんどにビブラートをつけて演奏しています。その方が曲に合うと思うからです。柔らかさ、穏やかさ、安心感のような音色が出せたらいいなと思いながら、ビブラートのかけ方を練習しています。

ラプンツェルの曲は、美女と野獣やアラジンに比べて演奏される機会が少ない感じがしますが、同じくらい素晴らしい曲です。

9月24日(火)新宿にあるバー、トロイメライにてコンサートを行います。プログラムに輝く未来を予定しております。お時間がありましたら、是非お越しください。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータでは体験レッスンを行っております。
レッスン時間は60分。
体験レッスン代は1000円+スタジオ代が1000円程度で、2000円程になります。

お問い合わせフォームからご連絡いただき、ご都合の良い日程とご希望の場所をお伺いいたします。当教室の空き状況、スタジオ等を調整して、こちら側がスタジオに予約をいたします。

体験レッスン当日までに、メール等で、バイオリン歴やレッスン時のご要望などをお伺いし、体験レッスンの内容を大まかに決めていきます。

体験レッスンを受ける方は、様々な方がいらっしゃいます。初心者の方、楽譜が読めない方、ご経験者の方などがいらっしゃいます。
楽器をお持ちでない方は、体験レッスンは、無料で楽器を貸し出ししております。付属品や教材等もこちらで準備させていただきますので、手ぶらでレッスンを受けられます。

初心者の方のレッスンでは、今後のレッスンの流れも含めて、できるだけわかりやすく、バイオリン全般について説明しています。

楽器の準備の仕方、お手入れ、持ち方、姿勢、バイオリンの楽譜の特有の記号等を説明し、実際に指を押さえて音を出したりして実践もしています。わからないことなど質問しやすいように、できるだけこちらからお声掛けをし、質問しやすい雰囲気を心がけています。楽器や今後のレッスンについてのご質問もレッスンの時間内に組み込んでおりますので、わからないことがあれば、聞いていただけたらと思います。

バイオリンを習っていて、また再開されたい方や、今もバイオリンを習っている方の体験レッスンは、弾いている曲や習っていた曲などをご持参いただき、レッスンをすることが多いです。
新しい曲を習う方や、バイオリンのテクニックで苦手な部分を習う方もいらっしゃいます。
できるだけ、皆様のご要望にお応えできればと思っております。

バイオリンを習うきっかけですが、皆様色々です。

・好きなバイオリニストの演奏を聴いて、習いたいと思った。
・趣味を持ちたい。
・小さい頃、バイオリンに憧れていた。
・この曲が弾けるようになりたい。  など

今回は体験レッスンについて、書かせていただきました。
少しでも、今後の参考にしていただければ幸いです。

バイオリン講師 澤井亜衣