コンテンツへスキップ

ドラマ「G線上のあなたと私」を観ています。1話からいくつか音楽用語が出てきています。主人公がバイオリンのレッスンを受けているので、音楽用語というよりは、弦楽器にしか使用されない用語なども出てきています。今回はドラマに出てきた音楽用語の説明をしてみたいと思います。

まず1話で出てきた音楽用語。

開放弦という言葉。開放弦とは、指を押さえずに弾く音のこと。バイオリンは指を押さえて、色々な高さの音を出します。指番号は0〜4まであります。人差し指が1、中指が2、薬指が3、小指は4、そして何も押さえないことを0で書き記します。この0が開放弦です。

今回はこの開放弦の音を載せてみました。

バイオリン4弦の写真

右から順番に弾いていきます。

左にいくにつれて音が弾くくなり、ソがバイオリンで最も低い音になります。

バイオリンの弦は4本あるので、開放弦が4つあることになります。右からミ、ラ、レ、ソの音がなり、バイオリンの楽譜の指使いの表記は0になります。

開放弦
0と書いてあるのが開放弦で弾きます。

それから、ダウンとアップという言葉もでてきました。上げ弓、下げ弓という言い方もします。言葉で説明するのは難しいので、写真を掲載します。

こっちから演奏するとダウン。

バイオリンダウン奏法

こっちからだとアップになります。

アップ奏法

楽譜に表記されるとこんな感じです。

ダウンの記号
ダウン
アップの記号
アップ

楽譜に指示があります。自分で考えることもありますが、だいたいは楽譜通りに演奏します。

松下由樹さんがエアバイオリンを弾くシーンがありましたが、指使いはG線上のアリアの本当の指使いで、ビックリしました。さすが女優さんです。もし、また見る機会があれば指に注目してみて下さい。開放弦もエアバイオリンで弾いてます。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人の生徒様達の習う理由は色々あります。小さい頃習っていたり、憧れの楽器だったり、あの曲が弾けるようになりたいなど様々です。

ただ共通していることは、皆様とても向上心や好奇心があるということ。指使いの表を作ってきたり、知らないコンサート情報など教えてくれたりして、モチベーションがこちらも上がります。

大人のバイオリンレッスンをしていて思うことは、バイオリンだけというよりは、音楽全般を教えているような気がします。もちろん、バイオリンの奏法を主に教えているのですが、とても音楽が好きな方が多いので、日常生活においてさらに音楽が楽しく聴けるために、音楽に関する事をお話ししていたりします。例えばですが、好きな音楽を見つける時にこういう方法があります。とか好きな音楽のバイオリン譜がない時どんな楽譜を使用したらいいかとか。

レッスンだけではなく、色々な場所で音楽に携わる機会に、良かったなあと思えることが少しでも増えるように、お手伝いできたらと思っています。

私が音楽に関することをお話しすると、さらに詳しく調べてきてくれたりして、生徒様から教えてもらったりすることもあります。そういう時は嬉しいですし、楽しく、得した気分になります!(笑)

大人になって、バイオリンを習おう!と思って教室に行くか長い時間悩まれる方は本当に多いです。

それでも、思い切ってバイオリンレッスンの問い合わせをして下さる方々の気持ちや時間を無駄にしないよう、レッスンをしていきたいと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアのキャラクターで一番有名なのは、チェブラーシカです。ソ連時代に生まれたチェブラーシカですが、今でもロシアでは根強い人気があり、国民的キャラクターで、日本でいうとドラえもん的存在です。

ロシアではぬいぐるみなど、おもちゃ屋さんで購入することができますし、売店(ロシア語でキオスクと言います。JRの売店のキオスクの由来はここからのような気がします。)でも小さなぬいぐるみなど売ってます。チョコエッグの中身もチェブラーシカのものがあり、スーパーで買ったりしていました。

ロシア製のチェブラーシカのぬいぐるみ
眉毛とれてしまいました。
チェブラーシカのチョコエッグ
チョコエッグのチェブラーシカたち

日本でも映画が公開されたり、グッズも販売されているので、知っている方も多いと思います。以前、100円ショップでも見かけました。

チェブラーシカとは、謎の生き物で、他国から輸入されたオレンジの箱の中から出てきます。ロシアは寒い国なので、色々な果物が輸入されますが、オレンジは比較的安く購入することができ、よく食べます。

チェブラーシカは謎の生命体なので、動物園で飼育もできず、誰にも相手にしてもらえません。でもワニのゲーナなどの皆んなの助けで生活していくというお話です。

そのチェブラーシカの映画の中で、の「お誕生日の歌」というのがあります。ロシアでは有名で本当にお誕生日で歌ったりします。でも、この歌とても暗く、とても悲しい曲です。

残念だけど、お誕生日は年に一回だけ…。とかなりネガティブな内容です。お誕生日の日を祝ったり、喜ぶのではなく、そこに目を向ける?!と思いたくなるような歌詞です。

「水色の列車」という歌も有名です。歌われるシーンは汽車の上です。チェブラーシカとゲーナとパシャクリャクおばさんの3人。ゲーナがアコーディオンを弾きながら歌うシーンは物悲しく、切ないです。何か悟ったような歌詞もワニのゲーナが歌ってると感慨深いです。パシャクリャクおばさんの身振りや、ゲーナが弾くアコーディオンが音楽に合っているのも細部までこだわってていて素晴らしいです!

今回は「お誕生日の歌」をバイオリンで弾いてみることにしました。

アニメも独特な世界観を持つロシア。他にも素晴らしい作品はたくさんあり、まさに芸術です。

バイオリン講師 澤井亜衣

前回、映画「アラジン」のホール・ニュー・ワールドを載せたので、今回も映画「アラジン」の音楽について書いていきたいと思います。

今年は「アラジン」が実写化され、ホール・ニュー・ワールドを弾く機会が多かった為、改めてアニメ版DVDを観ました。終わりに未公開シーンや未公開曲など収録されていたので、何となく見ていたら、すごくいい曲が流れてきました。

それが、「プラウド・オブ・ユア・ボーイ」です。作曲はホール・ニュー・ワールドと同じアラン・メンケンとハワード・アシュマン。

アラジンにはお母さんがいる設定だったらしいのですが、お母さんを登場人物から省いてしまったため、未公開曲になってしまった曲らしいです。映画のあらすじが変わって音楽が公開されなかったことはとても残念ですが、ミュージカルのアラジンでは、プラウド・オブ・ユア・ボーイは歌われているとのこと。

メロディが素晴らしいのは勿論のこと、歌詞も今はダメな僕だけど、お母さんに心配させないような自慢の息子になるから。という内容で、ジワっと込み上げてくるものがあります。メロディも歌詞も素晴らしいと感動も倍になります。

DVDの中では、プラウド・オブ・ユア・ボーイに関するエピソードを涙ぐみなから語るシーンもありました。色々な想いが詰まっている曲が公開されない悲しみは、人と人との関わりが深くあればあるほど辛いものだと感じました。

ホール・ニュー・ワールドのように有名ではないので、楽譜を探すのが難しかったのですが、雑誌のディズニーファンの中に載っていました!

アラジンの未公開曲プラウドオブユアボーイ

ピアノの楽譜ですが、これを何とか頑張ってピアノとバイオリンの譜面にして、演奏できたらと思います。この曲バイオリンで弾くととても合うような気がするのです。

バイオリン講師 澤井亜衣

今年は、ディズニー映画「アラジン」が実写化されたこともあり、アラジンの音楽を演奏する機会が沢山ありました。演奏するにあたって、改めてアニメのアラジンを観たので、未公開のシーンや未公開の音楽を知ることもできました。

特にホールニューワールドはとても人気で演奏すると、お客様が口ずさんでくれたり、物語の話になったり、更にその映画を観ていた時に、どんな状況だったか、どんな気持ちだったとか、思い出してくれて、音楽の力ってすごいと演奏するたびに思っている曲の一つです。

この曲は、映画のシーンでは夜空で歌われるので開放感があり、伸びやかで、ビブラート(左手の奏法。かけると音がふくよかになります。)をかけて弾けば、とてもバイオリンと相性のいい曲だと思います。ジャスミンとアラジンが魔法の絨毯の上で二重唱をするので、ジャスミンのパートとアラジンのパートを一つの楽器で一人で演奏するのは難しく、人の声に近いと言われているバイオリンですが、歌のように弾くことは本当に大変です。でもブレスなど考えたり、美しい人の声に真似てみたりしようとする過程は楽しいです。

今日は、10月26日(土)にカフェクォードでアンコールに演奏した時のホールニューワールドを載せてみました。ピアノは松本日向子さんです。

この時の演奏は少しテンポが遅いのですが、このテンポがしんみりした感じになった気がします。テンポによっても全然印象や感じ方が変わります。表示されていたテンポより少し遅めに演奏しましたが、私はこっちの方が好きです。

色々な演奏家の演奏を聴いてみると、同じ作品でも演奏時間がかなり違うことがあります。その方の解釈や好みで全然違うので、聴き比べると感じ方、捉え方が変わってきます。お気に入りの演奏家を探してみるのも面白いです。

バイオリン講師 澤井亜衣

バイオリン生演奏がきける鶴川にあるバー、ロワゾーブルー   

小田急線鶴川駅にあるバー、ロワゾーブルーで11月23日(土)に20:00〜、21:00〜、22:00〜から各回15分程度、演奏させていただきます。お時間がありましたら、是非お越し下さい。バイオリン講師 澤井亜衣

10月26日(土)に京急蒲田駅にある、カフェクォードでピアニストの松本日向子さんと演奏させていただきました。

カフェ演奏ということもあり、短めの曲で、明るめのプログラムを用意させていただきました。

本番はお昼からだったので、少し早めに行ってリハーサルをしました。だいたいリハーサルでは、音響の確認や、立ち位置、難しい合わせの部分などを確認します。今回もそんな感じでリハーサルをしました。

本番は和やかな雰囲気でした。カフェでの演奏の良さは、コンサートが昼間だったりするので、小さなお子様が聴けるし、食事を楽しみながら聴けます。小さいお子様が真剣に聴いてくれたり、お母様からは子供が生まれてから初めてコンサートが聴けた。という声も上がり、本当にコンサートをやって良かったなと思いました。

トークを交えながらのコンサート。本番の録音を聴いたら声が小さかったので、今度はもっと大きな声でしっかりトークをすることが出来たらと思います。演奏も問題が山積みですが直していきたいです。本番終了後は、カフェの関係者の方に写真を撮っていただきました。

カフェクォードのオーナー、美香さん、ピアニストの松本日向子さん、来て下さったお客様、ありがとうございました!

バイオリン講師 澤井亜衣

ドラマ「G線上のあなたと私」を観ています。バイオリン講師をしているので、ドラマを観ていると色々な気持ちになります。

先生役の桜井さんのバイオリンケースはバイオリン専攻の学生やプロがよく使用しているハードケースを使用していて、波瑠さんは初心者向けのケースだったり。松下由紀さんが、発表会で緊張で弓をぶるぶるさせていましたが、本当に緊張すると手が震え、弓がぶるぶるになる経験は私もあります。 

共感したり、できなかったり、感情移入し過ぎてしまったり。でも毎回楽しく観ています。

レッスン時も、生徒様が観ている方が多いので、ドラマの話で盛り上がっています。知人や友人、音楽教室の先生からも「G線上のあなたと私。観てますか?」と聞かれることが多いです。

2回放送されましたが、毎回ヤマハのキャラクターが登場します。リンゴのキャラクターのぷっぷるちゃんです。

ヤマハのキャラクターのぷっぷる

ヤマハのキャラクター、ぷっぷるちゃんはヤマハ音楽教室のCMに出演しています。

知る人ぞ知る、キャラクターで、ヤマハに入会するとぷっぷるちゃんのグッズが貰えたり、ヤマハのお店に行くとぷっぷるちゃんのグッズが購入できる、密かに人気なキャラクターです。

実はこのぷっぷるちゃん、仲間がいます。

ぷっぷると仲間たち

左から、ちこちゃん、ばなぼう、かんきち、ももぴー、ぷっぷる、なっぷる、どりあんと、くりのすけ、です。

ドラマでは音楽教室の待合室のような場所のシーンでぷっぷるちゃんは出てくるので、チェックしてみて下さい。

ぷっぷるちゃん、結構、私は好きです。

バイオリン講師 澤井亜衣

サンクトペテルブルクには、白夜というものがあります。白夜とは 真夜中になっても薄明になっていることです。どのくらい明るいかというと、夜中でも曇っているような天気のような明るさです。

白夜になると、夜中の2時くらいまで明るいので、遮光カーテンがない部屋で眠るのが結構辛かったです。

しかし、辛い記憶だけではありません。白夜になると白夜祭と呼ばれる、音楽祭があります。マリインスキー劇場で行われます。

マリインスキー劇場
マリインスキー劇場

マリインスキー劇場は世界的指揮者、ゲルギエフが監督をしてるマリインスキー管弦楽団が拠点とする劇場です。劇場広場という場所にあり、目の前には音楽院、グリンカやリムスキーコルサコフの像があります。

上の写真はマリインスキー劇場のハガキです。

主に、バレエやオペラを公演する劇場ですが、白夜祭になると普通のオーケストラのみのコンサートやゲストを招いて特別なコンサートも行われます。そして、普段は19時くらいからの開演ですが、たくさんコンサートが行われるため、22時から始まったりします。

白夜祭のプログラム
白夜祭のプログラム

白夜になると、マリインスキー劇場の前にテントが張られ、ビールを飲むことができます。ロシアはお酒と言えばウォッカですが、ビールも有名です。特にバルチカというビールが人気で、テントには大きくバルチカの文字が書かれてありました。

白夜の楽しみは音楽祭だけではありません。この時期になると、夜中の運河クルーズを楽しむことができます。

サンクトペテルブルクは運河の街。クルーズは人気があります。特に白夜の時期は気候がいいですし、この時期しかない夜中のクルーズはとても人気があります。夜中のバスツアーなんかもあります。

ずっと明るいので、気づくと夜中だったりすることもあります。体内時計が狂ってしまうこともあり、辛いこともありますが、サンクトペテルブルクの白夜でしか経験できないこともありますし、長い冬のロシアの貴重な夏は嬉しく、いい思い出です。

バイオリン講師 澤井亜衣

東京都美術館で行われている、コートールド展に行ってきました。

コートールド美術館展

美術館は好きで、高校生くらいの頃から、特別展も常設展もジャンルを問わず、時間があれば足を運びます。

東京都美術館
東京都美術館

コートールド展は印象派を中心とした展示。イギリスにあるコートールド美術館の改修工事をしていて、その間に日本に来ているとのこと。コートールド夫妻はオペラやコンサートの支援もしていたそうです。

ルノワールの作品の「桟敷席」は自邸の音楽室に飾っていたらしいです。こんな絵が音楽室にあるなんて、とても贅沢です。

ルノワールの「桟敷席」
ルノワールの「桟敷席」当時ストライプのドレスが流行っていたらしいです。

今回作品を通じて感じたことは、画家の意志や表現する力強さ。

ロシアを代表するバレエダンサー、ニジンスキーをモデルにしたロダンの作品があったのですか、フランスに来日した際に評価されなかったことに対し、反論したそうです。作品だけで自分を表現するだけではなく、常に意見をしっかり持って生活する。表現者にとっては当たり前なのかもしれません。有名な音楽家の人生との共通点が感じられました。

この展覧会で特に印象に残った画家は、セザンヌ。自筆で書かれてある手紙?が展示されていたのですが、言葉、一つ一つに説得力があり、それを読んだ後に作品を観賞すると本当に考えに考え抜いた作品として感じられました。

セザンヌの作品は今まで静物画や人物画のイメージが強かったですが、自然の絵がいくつかあり、とても気に入りました。セザンヌの言葉、「自然によって眼が鍛えられる。」とても向上心のある力強い言葉は作品に表れている気がしました。

私は高校生の頃から、美術館に行くと、有名な絵とか代表作とか関係なく、印象に残った作品の絵はがきを購入することが多いです。

今回はこの2つの絵が印象に残りました。

セザンヌ レ・スール池、オスニー
セザンヌの「レ・スール池、オスニー」
ルノワール 春、シャトゥー
ルノワールの「春、シャトゥー」

同じ緑でも全然違います。

セザンヌの木を描いた作品はいくつかあったのですが、ペインティングナイフを使って描いてる作品があり、質感が独特で気に入りました。ハガキだとわかりづらいですが。
ルノワールの緑は色々混ざり過ぎて、言葉で色を表現できない感じが、ずっと観ていても飽きないです。何層にも緑が重なってできる緑の感じがとてもキレイです。

音楽にも印象派という言葉があります。ルノワールやモネの生きた時代に活躍した音楽家の作品等のことです。音楽の授業で、モネの作品などと一緒にドビュッシーやラヴェルの作品など聴いた記憶があります。

絵、一つ一つに、同じ時代の作曲家の作品や関連した音楽が流れてくる、そんな美術館あったらいいのに。と帰り道思うのでした。

バイオリン講師 澤井亜衣