コンテンツへスキップ

ロシア留学の最初の2年間くらいは音楽院の外国人学生寮に住んでいました。キッチンが1フロアに一つあり、ガスコンロが3つ。でも、3つあっても壊れていて、実際にちゃんと使用できたのは2つでした。

最初の頃は、調理器具も揃っていなかったり、キッチンの使用を遠慮してしまったりで、正直食生活はひどいものでした。そういう生活をしていることや、集団生活をしていることもあり、よく風邪を引いていました。

保険は入っていたので病院には行けますが、そこまでひどい風邪ではないですし、ロシア人もそんなに頻繁に病院へ行くことがないので、風邪の時は日本から持ってきた風邪薬を飲んでいました。

ロシア人はあまり病院に行かないせいか、薬局は24時間営業(休憩時間あり)が多くあります。ハーブのドリンクや日本では処方箋がないと購入することができないような薬も販売されています。ロシア人達と体質も違うと思うので、よほどのことがない限りロシアの市販薬は飲みませんでした。

ロシア語の先生から教えてもらったのが、ロシアでは風邪を引いた時、牛乳にハチミツを入れて飲むということ。とても甘そうで風邪引いた時にそんなの飲めるかなと思ってしまいました。日本のおばあちゃんの知恵袋みたいな感じなのでしょうか。焼いた梅干しを番茶に入れるみたいな。

風邪を引いていた時に、中国人の友達が、私の部屋に飲み物を届けてくれたことがありました。どんな飲み物かというと、お湯に赤いお砂糖と生姜が入ったものでした。あったまりましたし、とても嬉しかったです。海外で体調が悪くなると、すごく辛いのでやっぱりこういうのは嬉しいです。

国が違うと風邪の時の対応が違うなと思いました。ハチミツ入り牛乳と焼き梅干し番茶はまだ飲んだことがありません。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータが東京都内のバイオリン教室おすすめ人気ランキングで7位になりました。
とても嬉しいです。ありがとうございます!

おすすめバイオリン教室ノータ

そのサイトがこちらです。

https://my-best.com/5730

お問い合わせが増えたな?と思っていたら、体験レッスンの方から、
「バイオリン教室おすすめ人気ランキングに入っていましたよ」
と教えていただきました。全然知らなかった、、、。

大人のバイオリン教室ノータは、1対1のプライベートレッスンで、オンラインレッスンと対面レッスンを両方行っていたり、毎回好きな時間に受けられたり、一回で完結もできたり、、1時間~の長めレッスンだったり等、自由に気長にできるようなバイオリン教室です。私が習い事をするのなら、こういう感じがいいなと思ったことをノータに込めました。

教室を開く前に、大人の方を他のバイオリン講師の方より教える機会が多くありました。皆さん結構忙しくて(転勤も含め)辞めてしまう方が多かったのです。せっかくレッスン受けるのなら、効率よく受けたいですし、他の事もやりたいですし、でもしっかり音楽は続けていきたいし。って私なら思います。大人の趣味としていい意味で邪魔にならなくて、レッスン受けて良かったなって思ってもらえるような音楽教室になるよう心がけています。

コロナ禍で始まったオンラインレッスンはだいぶ慣れてきた気がします。まだまだ課題やデメリットはありますが、考えてもみなかった地方や海外からの問い合わせもあり、オンラインを通して音楽の新たな可能性に小さな希望が見えました。敷居が高いとよく言われるバイオリンもオンラインの方がやりやすいかもしれません。また、生徒さんが地方に引っ越すのでレッスンがもうできないと思っていたら、オンラインでレッスンを継続してくれるとのこと。何年も教えていた生徒さんなのでお別れが辛かったのですが、本当に嬉しいです。

これから、継続していくこと、新たに取り入れていかなくてはいけないこと、色々あるかと思いますが、
柔軟性を持ちながら、生徒さん達と関わることができればと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

昨年12月に発表会の講師演奏でバッハの無伴奏バイオリンのための3番のプレリュードを演奏しました。

色々思うことがあり、ずっと弾き続けて4月になってしまいました。体力と集中力、最初から最後までできる限り同じレベルで弾けること。意外と難しいです。特にバッハは集中力と根気が大切な気がします。プレリュードはほぼ16分音符でかかれており、間違えたら持ちこたえるのが本当に大変です。間違えなきゃいいのですが。

飽きてはいないので、弾き続けてもいいのですが、色々思っていると、エンドレスになりそうなので、録画して一旦終了。年齢とともにテンポや弾き方、スラーの掛け方も変わっているところが不思議です。

バッハは本当に難しいけど、おもしろい。生徒さんもよく弾いていますが、教えていて、まだまだ「そうだったんだ!」と思うことがあります。ずっとこんな感じに思う曲なんだと思います。

友人から教えてもらって、久々にバッハのCDを購入しました。演奏者はニコライロザコヴィッチ君。現在、若干19歳のバイオリニストです。

ダニエルロザコヴィッチのCD
ダニエルロザコヴィッチのCD

知的な演奏で10代とは思えない。解説もニコライ君のバッハに対する思いが書かれており、大人だなあと思いました。精神年齢何歳なんだろう。演奏を聴いていると、私は何故か将棋士の藤井君を思い浮かべてしまいます。年齢が近いし、聡明な演奏だからなのか分かりませんが、いずれにせよ満足なCDで購入してモチベーションが上がりました。

明日から他のバッハ無伴奏を練習することにします。

バイオリン講師 澤井亜衣

新しいバイオリン教本2巻を勉強している時にノクターンを練習していたはずなのですが、あまり記憶にないです。でも、鉛筆でしっかりと先生の注意が書かれているので、やっているのですが、、、。

でも不思議なもので、生徒さん達のノクターンのレッスンをしていると過去の記憶がよみがえります。ただ楽譜をみたり、音楽を聴いたりするだけでは記憶は思い出せず、生徒さん達と一緒にノクターンについて語ったり、自身が演奏することによって思い出します。ノクターンに限らず、他の曲もです。音楽を演奏するって記憶を呼び起こすこともできるのかと、何回も弾く曲については感じているところです。

それで勉強しているときに思っていたことを思い出したのですが、メンデルスゾーンさんには申し訳ないのですが、ノクターンのメロディがわかりづらいということ。もともとバイオリン曲ではなく、「真夏の世の夢」というシェイクスピアの戯曲をもとにした劇付随音楽です。ノクターンの部分は管楽器がメロディーを演奏しています。ゆっくりな曲だと初心者はとても弾きづらく、何を弾いているのかが自分自身でわからりづらいです。私もそんな風に思っていたことを思い出しました。そしたら、生徒さんからも、この曲わかりづらいという声がありました。やはり思うことは皆同じなんだなと思いました。わかりづらいので、音源を載せてみることにしました。中々、教本の音源はないので、少ない音源の1つとして参考にしていただけると幸いです。

私が思う良い演奏家は、お客さんがこの曲いい曲だなと思うような演奏をしている人だと思います。それから、演奏会を聴いている時に、この時間が終わってほしくないなと思うような演奏をする人。色々な考え方がありますし、私も考えが今後変わるかもしれませんが、これが今の考え方です。

バイオリン講師 澤井亜衣

半沢直樹のテーマを載せたいと思います。

半沢直樹のテーマを作曲した服部隆之さんは大河ドラマの真田丸も作曲しています。どちらも主演は堺雅人さんでした。真田丸の曲はバイオリンがメインでしたのでバイオリニスト三浦文彰さんが演奏されていました。ちなみに服部隆之さんのお嬢さんも有名なバイオリニストで服部百音さんです。

服部隆之さんの作品は迫力があり、勇ましいです。

半沢直樹のテーマはオリジナルは、バイオリンではありませんが、バイオリンソロで録音しました。意外とバイオリンソロでも迫力が出る?ような気がします。ドラマだと最後までじっくり聴くことはないので、こんな曲だったんだなと弾いて思いました。CM曲やドラマ、映画音楽の曲は全体を聴くことがないので、楽譜を見て全部を知ることが多いです。1番低い弦G線で弾き始めるのですが、深みがしっかりでる弦なので、感情が出しやすいと思います。この曲の場合、怒りなのでしょうか。この曲弾く時、結構険しい顔になっていました。笑顔でこの曲弾けるのかな?曲調と表情は基本演奏する時同じような感じになってます。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアにはロシアの教材があります。驚いたことは、バイオリンの導入の教材がたくさんあること。どれも楽しそうで、こんな教材だったら小さい頃ちゃんとやったのに。というものばかりでした。本当によくできているし、数もたくさんあるから、選ぶことができます。

私は4年生の時に教授法という授業を受けていました。教授法の授業は弦楽器の学生だけで受けるので、先生はバイオリンを普段から教えているヤクボスカヤ先生。小さい子供達をたくさん教えている先生でした。教授法では、生徒との接し方、教材の事、教え方などを学びます。実際に先生のレッスン風景を見学することもありました。

先生は楽譜を出版しており、その楽譜をたまに授業で使用していました。自分が作曲したオリジナルものからロシア民謡、クラシックなどなど。とてもわかりやすい教材なので私も購入しました。

とても熱心な先生で、楽譜を留学生達に持ち帰って母国語に訳して出版してもいいといってくださったことを今でも覚えています。

ロシアのバイオリンの楽譜
ヤクボフスカヤ先生の楽譜
ロシアのバイオリンの楽譜

この教材も含めて、ロシアの音楽教育で素晴らしいことは大人の世界(嘘っぽくなりますが、本物の世界)が子供の頃から、初めて楽器を触れた時でもプロっぽい体験(また嘘くさい感じですが)できると思います。

例えば、今回音源にした楽譜は秋の雨という曲はイタリア語ではないものの、どのように弾いて欲しいか、生徒が弾く初めての楽譜でも、ちゃんと表記があり、親しみやすいようにオノマトペまで書いてあり(ロシアの雨の音は、カプ、カプ кап кап)ピアノ伴奏までちゃんとある。

でも!!!!

バイオリンはレの音だけ。0の指で弾けるので、指で押さえることなく簡単ですが、ただ一人でレの音を弾いているだけでは何が何だかよくわからないし、つまらない。レの音だけでは音楽に聴こえないかもしれない。ピアノ伴奏のハーモニーにより、あたかもバイオリニストになったかのような、上手に弾けているような気分に小さい子ならなるはず。そんな体験ができる楽譜があることに衝撃を受けました。

その秋の雨という曲がこちら。

雨なので、子供達でもわかりやすい。そして言葉を通して音楽に繋げていくのが素晴らしいと思います。

先生は色々なアドバイスも下さり、日本の教育の話なども興味を示してくれて、とても優しい素敵な先生でした。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリンレッスン「ノータ」では、わからない箇所や、譜読みの為に、音源を提供しています。(希望者のみ)

音源があると、家でのレッスンを効率よくできると思います。生徒さんたちは、週1から隔週のレッスンの方達が多いですが、レッスンの時はわかっているのに、いざ自分だけでやってみると忘れてしまったり(私はありました)することあると思うからです。

YouTubeなど、お手本になる音源はたくさんあると思いますが、音源はたくさんあった方がいいと思います。色々な方の演奏を聴くのはおもしろいですし、色々な考え方があるということを知るのは今後の自分の演奏にも役に立ちます。

自分の苦手なところをゆっくり弾いた音源や、手に入りづらい音源、ここの部分だけ音源が欲しいとか、その人に合った、オリジナルのような音源があればもっとわかりやすいと思いながら音源の提供をしています。オンラインレッスンでも同じように行っています。

バイオリンを習っていた時、こういう物があったらいいなとかありましたし、教えていてもこういう物があったらいいなと思うことはまだまだあります。

バイオリンを続けている間にあったらいいなと思うものが商品化された物も結構ありますが、ないものもあります。

そういうものを私でできるものであれば、今後地味にやっていきたいです。

期限とか目標とか決めてやらないとダラダラしそうだなと思うので、まずはそこからやってみようと思います。とりあえず、3月は音源を2つ載せるのが目標です。

バイオリン講師 澤井亜衣

私は一番寒い2月にロシアで留学生活を始めました。

二月の気温は大体-15℃前後。
外はとても寒いですが、部屋の中はとても暖かいです。

なぜならちゃんと暖房がきいていますし、二重窓になっているからです。
でも、この二重窓少し厄介なこともありました。網戸が破れていて夏場は蚊に襲われる。詳しくはこちらのブログを御覧下さい。

https://nota-violin-lesson.com/blog/?p=1662

寮の窓はガラスと木でできていたので微妙な隙間があり、すきま風が入ってきて寒い、、、。じゃあ、寒くて二重窓の役割を果たしてないと思われるかもしれませんが、そこはガムテームのようなもので、2メートル近い大きな窓をせっせと隙間をテープで貼ってました。(ロシアの家は天井が高いです。)テープは紙でできていて、粘着力も弱い物ですが、あるとないでは大違いでした。ロシア寮生活初日はテープがなくて、寒くて起きてしまいましたが、テープを貼ってからは、暖かくなり、ぐっすり眠れるようになりました。

タイトルの冷蔵庫は何なのか?というと、冷蔵庫が部屋になかったので、一枚目の窓と二枚目の窓に20センチほどの隙間があり、そこに飲み物や食べ物を保管していました。窓と窓の間を冷蔵庫にしていたのです。寒い時はジュースが少し凍るほど。それが氷代わりになって美味しかったという嬉しい出来事もありました。いちいちテープを剥がして、食品を入れてまたテープを貼って。面倒くさい作業でしたが、食品が腐るのでそうもいってられませんでした。二重窓を冷蔵庫として使用して月日は経ち、4月に。さすがに寒い国ロシアも二重窓の自然冷蔵庫は役に立たず。そんな時に中国人留学生が帰国するということで、冷蔵庫が寮内で売りに出されていたので購入。すごい古い冷蔵庫でしたが、冷凍庫もあって便利になりました。ただ、古い冷蔵庫だったので、霜がついて定期的にその霜を溶かす作業はしていました。

快適な生活とは言えませんでしたが、工夫しながらの生活はなかなか充実していたのかもしれません。

ロシアの寮の二重窓

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアに留学するまで、恥ずかしながらロシアの画家を知りませんでしたが、サンクトペテルブルクにはエルミタージュなどの美術館があり、ロシアの画家の絵も展示されているので観る機会がありました。

心に残る作品がいくつかあり、日本に帰国してからもレーピンやカンディンスキーの展覧会など行くようになりました。

音楽と美術はやっぱり繋がっていて、レーピン展に行くとロシアの作曲家ムソルグスキーの肖像画があったり、カンディンスキーは音楽をテーマにした絵を多く書いていたり。

レーピンの描いたムソルグスキー
レーピンの描いたムソルグスキー。音楽の教科書にもでてきます。

カンディンスキーがベートーヴェンの運命を絵にしたものを本で観ましたが、なるほどと思うような絵でした。音楽を絵で表現してもわかるってすごい!

サンクトペテルブルクで1番大きい美術館はエルミタージュでとても有名ですが、私が好きだった美術館はロシア美術館です。

海の絵を沢山描いているアイヴァゾフスキー、リムスキー=コルサコフのオペラの題材になったレーピンのサトコなどが展示されています。サトコの絵はとても大きく、海の中にいるような、神秘的で女性もとても美しく描かれています。アイヴァゾフスキーの絵も大きいので、波が押し寄せてくるような迫力があります。海の絵は大きいと壮大で、(ボーっと?無心?表現が見つからない。)ずっとみてしまいます。

アイヴァゾフスキー
アイヴァゾフスキーは海の絵をたくさん描きました。

一昨年ロシア美術館の作品が日本に来ていました。でも残念ながら行けなかったので、また来てほしいです。

アイヴァゾフスキーとカンディンスキーの画集
アイヴァゾフスキーとカンディンスキーの画集

バイオリン講師 澤井亜衣

2月9日は姉の誕生日でもあり、国際的バイオリニスト諏訪内晶子さんの誕生日でもあり、手塚治虫さんの命日でもありますが、私がロシアに留学するために成田空港から飛行機に乗った日で、忘れられない日です。

やはり、この日は私の中でかなり強烈に印象に残っています。

当時19歳だった私は成人式のために伸ばしていた髪をバッサリ切り(ロシアは夏になるとお湯が1ヶ月でなくなるため短くしました。)寒さが想像つかないので、膝下までのダウンコートと、革の手袋、毛糸の帽子をかぶり全身真っ黒にしていました。なぜ真っ黒にするかというと、治安が悪いため目立たなくすることと、汚れるからという情報からでした。その後は慣れてきて明るい色の洋服も着るようになるのですが。

とにかくロシアの情報が少ないので不安だらけでしたが、憧れのロシアに留学できる喜びもあり、何とも複雑な気持ちでこの日を迎えたことをよく覚えています。

モスクワ経由でサンクトペテルブルクに23時に着く予定でしたが、飛行機が遅れ、予定していたモスクワからサンクトペテルブルクの飛行機に乗れなくなりました。日ロ交流協会のサポートの方がシェレメチェボ空港で待ってくれていたものの、チケットを交換したりと不安でした。

飛行機の中では入国審査の書き方がよくわからず、前の席に座っていた当時の関取の黒海さんが助けてくれました。

そんな感じで、空港では楽器の写真をみせてサインをもらったりと色々な手続きにも手間がかかり、寮に着いたのは夜中の2時で長旅でした。

寮のおばちゃんが起きててくれて、部屋を案内され、いつもなら12時に閉まるシャワー室を特別に開けてくれて。まあ、その後も色々とあるのですが、書ききれないのでこの辺で。

たぶん出発した日はずっと忘れないと思います。何日に帰国したのかは覚えていないのですが。

バイオリン講師 澤井亜衣