コンテンツへスキップ

1月は目標を決めたり、新しいことにチャレンジしたりする方がとても多いと思います。私も今年はこんな年にしたいとか、バイオリンでこんなことができたらいいな、とか考えています。

これからやってみたいこと結構あります。でも何をどうしたらいいのか初めてのことは分からないことが多いです。ネットや本など大量の情報はありますが、あり過ぎてどうしたらいいのかわからなくて今までやめてしまうこともありました。

私のように、バイオリンをやってみたいけど何をどうしたらいいのかわからない方のために今回は書いていこうと思います。

バイオリンを始めるためには、1番の問題が楽器だと思います。高額なイメージがあって始められない人、どこで買えばいいのかわからない人、どんな種類があるのかわからない人、こういう方々が多いような気がします。このような相談はよくあります。バイオリンは安いもので一万円程度で購入できます。ただそのくらいの値段だと、音を合わせる部分、アジャスターの調整がうまくいかず弾きづらいですし、音が鳴りづらいので、オススメはしていないです。

バイオリンのアジャスター

私がオススメするのは、バイオリン、弓、ケース、付属品、全て揃って七万円前後の物。初心者でも扱いやすいですし、全て揃っているので、すぐ弾くことができます。1年間バイオリンを習ったとすると月6000円くらいです。これなら続けられるかもしれないです。できたらもっと弾き続けて欲しいですが。長年そのくらいの値段でしたら、弾いていて問題ないと思います。

続けられるか不安という方にはレンタルがオススメです。3000円くらいから借りられます。これなら気兼ねなく始められる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バイオリン初心者の方は、自分自身が弾けないので自分が音を確かめられないですし、持った感覚が他のバイオリンとどう違うのかがわからないのが難点です。そんな時は楽器店の人や先生に弾いてもらってください。私も相談に応じたり、楽器店に行って一緒に選定したり、体験レッスンでは無料で貸し出ししています。私が思っている以上に敷居が高いイメージが根強いバイオリンですが、できるだけ親近感がわくように心がけています。

習い続けると、バイオリンが弾けるようになってご自身で楽器の選定がしやすくなってきます。自分の音の好みも出てきます。バイオリンに対する知識も増えて選ぶのが楽しくなってきます。そうなると、お店によく通うようになったり、弦楽器フェアに行くようになったりして、楽器を買い替える方が多いです。

楽器選びもバイオリンを習う一つの楽しみだと思います。長年使用してると愛着も湧いてきますし、音色も変わってきます。私も自分の楽器の使用歴は長く、愛着があるし、これからも大事にしていきたいと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

1月21日はスイートピーの日らしいです。花言葉は「門出」。お花さん屋さんに書いてあったのをブログに書いただけなのですが、、、。卒業式にあげるブーケなどに入っているので、花言葉はぴったりだと思います。スイートピーフェアをやっていてたくさん種類があり、仕事帰りに買いしました。

12月くらいからお花屋さんで見かけるスイートピーですが、とても好きで毎年この時期になると購入しています。見た目も淡い色で可愛らしいですし、香りがとてもいいのです。スイートピーの香りはバラみたいにそんなに強くないので、見た目はキレイなままなのに香りは消えることが少し残念です。

年中香りを楽しみたいと思って、香水を探してみたものの、色々な香りが混ざっていて、スイートピーだけの香りはあんまりありませんでした。スイートピーだけの香りの香水もあって試してみましたが、本物のスイートピーには程遠くてがっかりしたことがあります。なかなかスイートピーの香りに近い香水を見つけるのは難しいです。

ロシア人は香水が大好きで、私が日本人というと、香水にイッセイミヤケとかケンゾーとかあるわよねとか言ってきます。プレゼントにも香水は多いですし、ほとんどの人がつけてます。男性もつけてます。

最近は、とてもオシャレな色のスイートピーが売っています。かすみ草とスイートピーのブーケが多いですが、スイートピーだけ飾るのが気に入っています。

少しの間ですが香りを楽しみたいと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

行きたいなと思っていて行けなかったレオ=レオニの展覧会。

レオ=レオニ

小さい頃はよく絵本を読んだので、本屋さんでもたまに絵本コーナーにいくことがあります。名作は今でも人気で本屋さんに並んでいると懐かしく、嬉しくなります。最近は絵本のグッズなどもあり、今の子供達が羨ましいなあと。

レオ=レオニはスイミーなどの代表作がある絵本作家だと思っていましたが、調べていくとアーティストだと実感。絵本以外の作品も観ましたが素敵です。

レオ=レオニの切手。思わず買ってしまいました。
レオ=レオニの切手。思わず買ってしまいました。

有名なスイミーですが、読んだことがなく、展覧会のことを知ったきっかけに読みました。あおくんときいろちゃんも読みました。

淡い色がとても繊細できれいですし、あおくんときいろちゃんは言葉が響きました。訳が谷川俊太郎さんだったりと、すべてが丁寧でとても素敵な絵本です。

その作者の母国語で読んだりすると感じ方が変わるんだと思います。私は英語ができないので、感じることすらできないですが、、、。ロシアの詩人プーシキンの作品を歌曲の中の和訳と文庫の和訳とロシア語で読むと感じが違うので、きっとそうなんだろうなと思います。絵本「じぶんだけのいろ」は英語と日本語のセットのものがあるみたいなので、読んでみたいです。

絵本なのでしっかりとした大きさがあり、細部まで絵を観ることができて大満足でした。美術館になかなか行けないですが、こういうのも楽しいです。

バイオリン講師 澤井亜衣

今年はフランス音楽を個人的によく練習していました。代表的なフランスの作曲家といえば、サンサーンス、ドビュッシー、ラヴェル、あたりでしょうか。今年はいつもの年より、ピアノを弾いていたこともあり、フランス音楽がいいなあと思った1年でした。フランス音楽の何がいいのかというと、色んな音が混じることによって聴こえる響きです。メロディー担当のバイオリンに比べてピアノは同時にいくつもの音が出せるので絶妙な音の重ね方がしっかり感じとることができて、フランス音楽にはいいなあと。パレットに色んな色の絵の具とたくさんの水を入れて混ぜ合わせたような感覚とたくさんの音色が似ていて、とても色彩豊かなのです。メロディーだけきいているより、いくつもの音が重なった方ががフランス音楽の魅力が伝わると思います。

フランスの作曲家の1人、プーランクはバイオリンが嫌いでバイオリン曲は本当に少ないです。でも、ジネットヌヴーのために作曲されたバイオリンソナタがあります。荒井先生に「澤井さんはプーランクのソナタが合いそう」と言われてプーランクのバイオリンソナタを弾いたのですが、バイオリンが嫌いな作曲家とは思えなかったです。ヌヴーの力なのかもしれないです。音楽は人の影響力によって動かされると思います。しかし皮肉にも辛い出来事(政治、戦争、死)で音楽が生まれるのも事実です。色々プーランクの作品を聴いているうちに、バイオリンに合いそうな声楽曲を知り、楽譜を購入。「偽りの婚約」という声楽曲の花という曲です。今回はそれを録音して載せました。ピアノも私です。

プーランク楽譜 偽りの婚約 花
ルノワールの花の絵とプーランクの楽譜

この歌曲の詩はヴィルモランという女性が描いたもので、とても魅力的だったとか。幻想的な作風でこのメロディーとも合っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

今年は鬼滅の刃が流行り、生徒様にも教え、自分でも演奏する機会があり、そして既に何回もブログに紅蓮華をアップしているのですが、ピアノとバイオリンバージョンを載せることにしました。おそらくこれで紅蓮華についてブログに書くのは最後だと思います。しつこく載せてました。もしよかったら以前のブログもご覧ください。

鬼滅の刃の「紅蓮華」をバイオリンで弾いて載せました!

作品を知る前と知った後では弾き方は変わるのか?鬼滅の刃の紅蓮華を載せました。

この前のクリスマスコンサートの時の動画を少し載せます。

音源は動画と同じものですがフルバージョンです。

やっぱりピアノと合わせると迫力が違います!

バイオリン講師 澤井亜衣

保育園でのクリスマスコンサートに出演させていただきました。

バイオリンとピアノのクリスマスコンサート

今年は本番が少ない中、こういう機会に恵まれて本当に幸せでした。マスクを着用してバイオリンを演奏しました。クリスマスメドレー二曲、美女と野獣、ラプンツェル、鬼滅の刃を演奏しました。紅蓮華の時はマスクが苦しかった、、、。でも皆真剣に聴いてくれて嬉しかったです。

今回はクリスマスメドレーを載せたいと思います。

まずは一曲目

二曲目

クリスマスの曲は本当に多いのでこうやってメドレーで弾くと色々楽しめていいです。豪華にもなります。どんな曲が入っていたか当てたりするのも楽しいです。どちらもメドレー素敵に仕上がっていますが、二曲目の方が気に入っています。

他の曲はまた次回アップしたいと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

久しぶりに人前で演奏しました。

演奏した曲は無伴奏バイオリンのためのパルティータ第3番のプレリュード。

弾き終わった感想はさすがバッハ。よくバッハを本番で弾くと何がおこるかわからないといいますが、しみじみと痛感する演奏でした。

バッハは本番で弾いたことはあるのですが、今回はいつもより恐ろしさを感じてしまいました。何度弾いても難しい曲です。

プレリュードは約4分ほどの曲です。冒頭と最後以外は全て16分音符。集中力が他のバッハの無伴奏より必要です。この16分音符だけの旋律が私には永遠のような感じがしました。バッハが音楽で神と通じたいと思っていた気持ちがここに集結されているような気がします。音域が上がっていき、神にたどり着くような旋律がいくつかあるのですが、最後まで上がらず下がってしまいます。バッハが音楽について人間らしくというのか、人間として考えるけれども、神になかなか近づくことができないもどかしさのような旋律から感じられると思いました。自分で書いていて何がなんだかわからなくなってきましたが、とにかくバッハの曲は考えることがたくさんありすぎて、やりがいもあるし、飽きないし、難しいし、だからこそまた弾きたいし、リベンジしたいと思うのです。演奏中の呼吸も辛かった。

何回弾いても良くも悪くも同じ演奏ができないのが音楽のおもしろさです。練習しないと下手になるし、弾けば新しい感覚や感動も見つけることができます。

何でこんなところで失敗?っていうのが本番でのバッハ。また人前で弾いてみたいです。

誰かは忘れましたが、有名なバイオリニストが本番で10回弾けば自分の物になると言っていましたが、私は何回弾けばいいのか本番をするたびに思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

本番に向けて双子連弾デュオジュメルのちひろさんと合わせをするため、ご自宅に伺いました。

最近は自分が弾いたピアノの音源かピアノ伴奏CDでしか合わせていなかったので、人の気配があることが嬉しく、そして本当に楽しくて興奮気味でした。

鬼滅の刃の紅蓮華をずっと1人で弾いていたので、2人で弾くと力強くて、ピアノが頼もしかったです!アレンジ得意なちひろさんが最初を鬼滅の刃の映画の主題歌の炎を弾いてくれて、それから紅蓮華になるように演奏しました。最後が2人でしっかり盛り上がるように考えたりもしました。こういうことは1人じゃできない作業なので、久しぶりにできてテンションが高かったです!

少しだけ合わせた紅蓮華を載せてみます。

鬼滅の刃の紅蓮華のサビの部分です。

ちひろさんが飼っているウーパールーパーのミアちゃんと、うさぎのジュディにも癒されました。

ウーパールーパー
ウーパールーパーのミアちゃん

どれだけ私が興奮していたのかというと、帰りの電車は反対方面に乗ってしまい、また途中駅で特急にも乗り忘れてしまいました。

いい意味で落ち着くまで時間がかかったピアノとの合わせでした。ちひろさんありがとう。

バイオリン講師 澤井亜衣

下の写真は私が通っていた、ロシアのサンクトペテルブルク音楽院の学生証です。

ロシアの学生証
ボロボロです。

音楽院はセキュリティーが厳しいので、警備員さんに学生証を見せないと校舎に入れません。忘れると面倒なことになるので、いつも通学のバックに入れていました。

ロシアの学生証はとてもお得で、基本的に美術館、博物館は無料。宮殿などは学生料金になります。コンサートやサーカスも学割が適用されます。

外国人学生は海外では国際学生証を持っていないと学生料金にはなりませんが、音楽院の学生証を持っていれば国際学生証がなくても、日本人の私でもロシア人の学生と同じ料金で色々観たり、聴いたりすることができます。これはとても嬉しいことでした。この学生証のおかげで色々なクラシックコンサートを安く聴くことができ、貴重な経験をすることができました。例えばオペラは当時、日本では学生料金でも2500円くらいしましたが、ロシアでは500円で観ることができました。

外国人がロシアでコンサートを鑑賞する時は、ロシア人とは価格が違います。外国人料金というのがあり、結構高いです。ただ上手にロシア語を喋ってチケットを購入すればチケット売り場のおばちゃんがロシア人料金にしてくれる場合もあります。(そういう国です)

5年間学生生活があるし、無料だし、いつでも行けると思っているとあっという間で、授業や試験に追われ美術館や博物館は指で数える程度しか行けなかったです。今思えばもっと行っとけばよかったなと思いますが、当時はそんな余裕がありませんでした。

この記事を書いて思い出したのが、そういえばロシアのケンタッキーが学割が使えました!学生証を見せると飲食が5%くらい安くなった記憶があります。

懐かしいです!

バイオリン講師 澤井亜衣

街中で、クリスマスソングがかかっている季節になりました。この時期になると、生徒様がクリスマスソングをレッスンで練習しています。音楽を通して四季や行事を感じることができる仕事は楽しいです。

今回はホワイトクリスマスをバイオリンで弾いてみようと思います。

10年くらい前まではバイオリン譜面のクリスマスソングが少なくてパーティーやレッスンで弾く楽譜はピアノ譜を使用したりと苦労しました。最近はだいぶ増えてきているようです。

ホワイトクリスマスは1940年代にクロスビーが歌ったものが有名です。クリスマスソングの中でバイオリンにしっくりくるかなと思っています。

この曲には心に残るエピソードがあります。以前クリスマスの時期にホテルでクリスマスコンサートを開き、ホワイトクリスマスを演奏した時のこと。1列目に若いカップルがいてホワイトクリスマスを弾き出したら、彼女が彼の肩にコテっと頭をつけたのです。弾き終わると、彼女は頭上げて元の姿勢に戻りました。またアンコールでホワイトクリスマスを弾くことになったのですが、また彼女が彼の肩にコテっと頭をつけたのです。

音楽の力ってすごいなと思いました。

それでは音楽の力を感じた雰囲気のある、ホワイトクリスマスをお聴き下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣