コンテンツへスキップ

バイオリン教室ノータは伴奏付きでレッスンしています。(音源あり)

バイオリン教室ノータはピアノ伴奏を付けてレッスンをしています。
曲が仕上げの段階に入ったら、私ができる範囲でピアノを弾いて、生徒さんと一緒に演奏しています。

「先生、ピアノ弾けるんですか?」と時々質問をされますが、音楽高校、音楽大学受験はピアノが必須なのです。
もちろん、学校に入ってからもピアノの個人レッスンがあり、試験もあります。最近は音楽の道を志す人が少ないため、ピアノの試験免除なんてこともあるようです。

なぜピアノ伴奏をするかというと、いくつか理由があります。

ほとんどのバイオリン曲が伴奏が付いており、伴奏を付けることにより、一つの完成された曲だと思うからです。
私も学生時代に、先生にレッスンで難しい曲でも伴奏をしてもらい、伴奏と合わせることに慣れて、発表会などにとても役に立ちました。

それから、伴奏と弾くと気分が上がり、楽しい。演奏している実感があります。バイオリンは単音なので、伴奏が入るととても豪華になるのです。小さい頃は伴奏付きだと上手くなったような気がしていました。充実感もあります。

実際、伴奏あり、伴奏なしを少しだけ載せてみたいと思います。

今年、没後100年のサンサーンスの白鳥を少し弾いてみました。

伴奏なし。

伴奏あり。

伴奏のない方が動きがないように感じます。
ピアノ伴奏がある方が、湖の白鳥の動きを助けてくれ、風や太陽の光で反射する水面のキラキラした感じなど、情景が浮かびやすいと思います。

どんな情景が浮かぶかは人それぞれ。それも音楽の醍醐味だと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。