コンテンツへスキップ

ドラマ「のだめカンタービレ」はリアルです!

のだめカンタービレというマンガがあるのをご存知でしょうか?

音大を題材にした漫画でとても人気があり、上野樹里さん主演でドラマ化もされました。

クラシック音楽を題材にした、ドラマやアニメ、漫画などはたまにありますが、のだめカンタービレほどリアルなものを見たことがありません。感情移入し過ぎて見るのが辛くなるほど。でも面白いからと姉にすすめられたので見ることに。

俳優さんも楽器の持ち方が本格的ですし、ケースも音大生がよく使っているケースを使用、そしてロケも実際の音大を使っていたりと、細部までこだわっていました。

もちろんドラマの内容も、オーケストラにはSオケ、Aオケ、Bオケがあったり、コンクールや音大生特有の悩みなど本当にあるよね、こういうこと。と思いながらみていました。

今回は、実際にあったのだめカンタービレと似たようなエピソードを紹介したいと思います。

水川あさみさん演じる清良はバイオリン専攻の学生なのですが、首を寝違えてバイオリンがうまく弾けず、コンクールで優勝を逃すというシーンがありました。

ロシアで寮生活を送っていた私もしょっちゅう首を寝違えてバイオリンを弾く時にすごく痛いことがありました。ロシア寮のベッドはとても古く、ソビエト製。ソビエト連邦のベッドは何故か小さくて(私は身長159センチ)私でも長さが物足りないと感じたくらいでした。ベッドのマットレスはボロボロでべコンべコン。色は黄ばんでクリーム色ではなく、古過ぎて黄土色でした。たぶん、はたくとパフッ!っと埃がでてきそうなので、こわくて、はたいてないです。

そんなベッドだったので、よく首を寝違えていました。

寝違えた時、薬局で買っていたのが、唐辛子の絵が書いてある湿布。一枚から購入でき、値段も100円もしなかったと思います。ピアノ伴奏者のインガさんに相談したら教えてくれました。

いざ、購入して貼ってみると、、、。

10分もしない内にヒリヒリしてきてめちゃくちゃ痛い!剥がして拭いてもヒリヒリ感がとれない!さすが唐辛子!涙目で我慢。でもそうこうしているうちに治るという優れものです。

辛いけど、すごい効きました!

最後は湿布薬の話になってしまいましたが、音大生の世界を知りたい方はのだめカンタービレを見るといいと思います。でも時代が変わってきているので、オーケストラは現在必修科目ではなかったり、ちょっと今の音大生の世界は変わってきているかもしれません。

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。