コンテンツへスキップ

リベンジ!バッハの無伴奏パルティータ3番のプレリュード載せました。

昨年12月に発表会の講師演奏でバッハの無伴奏バイオリンのための3番のプレリュードを演奏しました。

色々思うことがあり、ずっと弾き続けて4月になってしまいました。体力と集中力、最初から最後までできる限り同じレベルで弾けること。意外と難しいです。特にバッハは集中力と根気が大切な気がします。プレリュードはほぼ16分音符でかかれており、間違えたら持ちこたえるのが本当に大変です。間違えなきゃいいのですが。

飽きてはいないので、弾き続けてもいいのですが、色々思っていると、エンドレスになりそうなので、録画して一旦終了。年齢とともにテンポや弾き方、スラーの掛け方も変わっているところが不思議です。

バッハは本当に難しいけど、おもしろい。生徒さんもよく弾いていますが、教えていて、まだまだ「そうだったんだ!」と思うことがあります。ずっとこんな感じに思う曲なんだと思います。

友人から教えてもらって、久々にバッハのCDを購入しました。演奏者はニコライロザコヴィッチ君。現在、若干19歳のバイオリニストです。

ダニエルロザコヴィッチのCD
ダニエルロザコヴィッチのCD

知的な演奏で10代とは思えない。解説もニコライ君のバッハに対する思いが書かれており、大人だなあと思いました。精神年齢何歳なんだろう。演奏を聴いていると、私は何故か将棋士の藤井君を思い浮かべてしまいます。年齢が近いし、聡明な演奏だからなのか分かりませんが、いずれにせよ満足なCDで購入してモチベーションが上がりました。

明日から他のバッハ無伴奏を練習することにします。

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。