コンテンツへスキップ

弾きたいと思ってくれる「シンドラーのリスト」を載せました。

「シンドラーのリスト」は93年に公開されたスピルバーグ監督の映画で、映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズが作曲しました。

この曲を最初に聞いたのは、高校生の頃テレビで聴いていい曲だなあと思い、すぐ楽譜を購入しましたが、この曲を初めて演奏したのはそれから、4年後くらいでした。当時はまだ珍しく、この曲を献呈されたパールマンが演奏するくらいでしたが、現在は著名なバイオリニストが録音したり、フィギュアスケートで使用されたりと有名になってきました。

留学中にコンサートで演奏したのですが、当時ロシアではあまりこの曲は知られていませんでした。ですが、曲の評判がとても良く、楽譜貸してと言われるほどでした。ロシア人達は暗い曲が大好きです。私も好きですが。本当に暗い曲しか街中でも聞くことがなく、ロシアのポップスも明るい曲を私は聞いたことがありません。

帰国してからも、演奏したり、発表会で生徒さんが弾く曲として選んだりしていましたが、次はこの曲を弾きたいと言ってくれる人が必ずいます。

今回はそのシンドラーのリストのテーマをバイオリンで弾いて載せました。本当はピアノ伴奏があるのですが、ソロで録音してみたら、意外と良かったのでバイオリンソロで載せたいと思います。

弾くのも聴くのも好きな曲です。

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。