コンテンツへスキップ

バイオリンの弦は何でできているのか?弦を張り替えました。

久しぶりに弦を張り替えました。

子供達は自分では弦の張り替えが難しいので、私が張り替えます。でも今後自分でもできるようにする為に説明しながら弦を張り替えます。

私が弦を張り替える様子を見ると「先生、職人さんみたい!」と言われます。そういう風に見えるみたいです。

弦を外したところ
古い弦を外して
ボールエンド
穴に引っ掛けて
ペグとスクロール
クルクル回します

(説明が適当過ぎますが、今回は弦の種類について書きたいので簡単にします。)私が使用しているのは、ピラストロ社のワンダートーンソロという弦です。とても音にハリがあり、華やかな音が鳴ります。

バイオリンの絃ワンダートーンソロ
パッケージと音のイメージが同じで嬉しくなります。
弦の袋の中
袋を開けるとこんな感じです。

色々なもメーカーから弦の種類は出ており、素材も違います。楽器との相性や、自分の好む音でどの弦にするか決めることが多いです。

弦の種類で音色もかなり変わります。弦を押した時の感じも違います。私も理想の音を目指して色々試してワンダートーンソロにたどり着きました。

あまり使用している人は少ないですが、私の楽器との相性はとても良いです。

弦の素材ですが、スチールやナイロン、ガット(羊の腸)でできています。昔からあるガット弦はいい音が出るのですが、扱い方が難しく調弦に時間がかかります。私はガット弦を梅雨時に使用して、演奏中に1日で2回弦を切りました。

オフチャレック先生はガット弦が好きでピラストロ社のオリーブを使用していました。オリーブはやっぱりいい音がするので、一度は試す価値のある弦だと思います。 

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。