コンテンツへスキップ

バイオリンは見た目も大事?

バイオリンの見た目は作者や時代によっても違いますし、ニスの種類などでもずいぶん変わります。一つ一つ手作りなので、全く同じように同じ作者が作っても違います。

バイオリンって見た目は大事なのでしょうか?

やはり大事だと思います。やはり有名なストラディバリウスやガルネリは音色は勿論のこと、見た目もキレイです。ストラディバリウスはニスが音色に関係していると聞いたことがあります。

ニスの色もツヤも全然違います。黄色っぽかったり、赤っぽかったり、表面がツヤツヤしていたり、ザラザラしていたり。

私がバイオリンの見た目で気に入っているところはスクロールです。日本語では渦巻き(なんかちょっとそのままな感じ)と言います。ノータの最初のホームページの写真は私のバイオリンのスクロールの写真です。バイオリンの形の中で1番気に入っているので、写真を撮って載せました。

スクロール
スクロール

この部分、音には直接関係ないらしいのですが、職人さんの腕の見せどころらしいのです。スクロールが美しいといい職人さんらしいです。

変わった形のスクロールもあります。猫の形や、人の顔をしたスクロールを見たことがあります。他にもおもしろい形をしたスクロールがあると思います。

それからf字孔も職人さんの腕前がわかるらしいです。スクロールもf字孔もバイオリンを見た時に目立つ部分かなと思います。

f字孔
f字型してます。

12歳の時から使っているこのバイオリン。今年で100歳。これからもお世話になります。

バイオリン

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。