コンテンツへスキップ

ロシアのお花屋さん

ロシアは意外と24時間営業しているお店があります。

例えば、大型スーパーや薬局など。私が不思議だったのはお花屋さんも24時間だったこと。

何故だか今でもわかりません。でも、ロシアにはお花屋さんがたくさんあります。日本人よりロシア人の方がプレゼントすることも多いのではないでしょうか。

例えばロシアではデートで彼氏が薔薇を一本持っている光景をよく目にしました。美男美女カップルが薔薇を持っていると絵になります。

それから、コンサートなどでもやはりお花をプレゼントします。

ただ気をつけないといけないことがあります。それは、相手にお花を贈る時は奇数本を購入すること。偶数本はお葬式などの時に購入します。

それから、恋人には黄色の花は贈ってはいけません。黄色は別れを意味するからです。昔テレビで日本人男性がロシア人女性の恋人に黄色のバラの花束をあげて怒られていたのを見たことがあります。

あとロシアは包装代が掛かるのでそのまま包装しないで購入する人もいます。私も先生のコンサートにバラだけでプレゼントしました。それでも全然マナー違反にはなりません。

私がロシアで演奏した時にロシア人が菊の花をプレゼントしてくれました。私は日本人なのでどうしても菊の花のイメージは仏花なのでプレゼントされた時はビックリしました。ロシアではブーケの中に菊の花が入っていることが多いです。

国が違うと花の持つイメージも随分変わるようです。文化の違いですね。

学生時代にロシア人の知人が花についての論文を書くということで、韓国人と日本人の私でアンケートに協力したことがあります。

アンケートの内容は、どの花がどんなイメージか?という内容。

ロシアと韓国と日本が唯一、イメージが一緒だった花がバラでした。イメージは愛。それくらい惹きつける魅力的な花なんですね。

バイオリン講師 澤井亜衣

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。