コンテンツへスキップ

新宿バー、トロイメライでコンサートの合わせ

昨日は新宿にあるバー、トロイメライで6月4日(火)のコンサートの合わせをしました。
ピアノの清水さんとは、2月に同じくトロイメライのコンサートで共演させていただき、今回は2回目の共演になります。

バー、トロイメライはピアノが設置されており、土曜日は、お客様にピアノを開放しています。
ペンギンが好きなオーナーゆりさんは、歌手でもあるという、音楽好きなお客様にはとても居心地のいいお店です。

バー、トロイメライ。店内にはペンギングッズがたくさんあります。

6月4日(火)に演奏する曲目はこんな感じです。

ラヴェル           亡き王女のためのパヴァーヌ

フロローフ          ブルース形式の小品

貴志康一           花見

L・アンダーソン       プリンク・プレンク・プランク

L・アンダーソン       フィドル・ファドル

バッハ            無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番より Adagio

「耳をすませば」より     カントリーロード

フォーレ           夢のあとに

「ハウルの動く城」より    人生のメリーゴーランド

「ピノキオ」より       星に願いを         

ピアソラ           リベルタンゴ

パッと見てあまり有名でない曲もあると思いますが、どれもいい曲ばかりです。
コンサートでは簡単な曲目解説もあるので、知らない曲も少しは親しみを持って聞くことができるのではないかなと思います。

今回のプログラムの特徴は右手(弓)の色々な技法がたくさん出てくるので、バイオリンの魅力がお伝えできると思います。

合わせをすると、テンポの感覚、曲のイメージなどが共演者と違う意見だったりすることがあります。そういう時、新たな発見があって、ハッとさせられます。
昨日も清水さんと演奏して、そういう風に思うことがありました。
一つ一つの曲の良さが伝わるような演奏ができるように頑張ります。

バイオリン講師 澤井亜衣                        

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。