コンテンツへスキップ

日本でよくロシア産のカニを目にすると思います。お正月近くになると、更に見かけます。

私はロシアのサンクトペテルブルクに5年ほど留学していましたが、ロシアで本物のカニを見たことがありません。日本でロシア産のカニをよく見かけるので、ロシアに行ったら、カニがたくさんあって、安く手に入るのでは?と思っていたのですが見かけることもないので、購入すらできないのです。

カニ缶も見たことがありません。両親がロシアに遊びに来た時に、ガイドさんに「これはカニの缶詰だよ。」と言われたらしく購入。その後、私に「ガイドさんに教えてもらって、カニ缶買ったのよ。」って見せてくれたのがイカの缶詰でした。ガイドさんが日本語を間違えたのか、本当にカニだと思っていたのか、未だに謎です。

では、カニ関連商品はどんな物なら購入できるのか?

それはカニカマです。

ロシア人はカニカマをよく食べます。しかも冷凍して売られているので、冷凍食品の売り場に売っています。サラダに入れたりして食べています。色んなメーカーのカニカマは売られているし、ホタテやエビのカマボコも売っていたりするので、かなり需要はある気がします。

先輩がロシア語の先生に「カニはどこで売っているの?」と聞いたことがあるようで、その時の返答が、

「何言ってるの?スーパーで手に入るじゃない。」

どうやらカニカマを本物のカニだと思っていたロシア語の先生。他のロシア人も本物だと思っているのかは未だに謎です。

現在はロシアに本物のカニは売っているかもしれません。ロシア産のカニを日本で見るたびにロシアのカニのエピソードを思い出します。

バイオリン講師 澤井亜衣

日本でロシア料理のお店に行くと、ロシアンティーという飲み物があります。紅茶にジャム(イチゴジャムが多い)が入っていることが多い飲み物です。

ロシア語で紅茶は黒いお茶と書いてчёрный чай(チョールヌィチャイ)と言います。ロシア人はとてもお茶が大好きで、紅茶の他にも、コーヒー、ハーブティー、中国茶などたくさん飲みます。

お砂糖の変わりにハチミツやジャムを使うこともあり、これが日本で飲むロシアンティーのことです。ただ現地では、日本で飲むロシアンティーとは少し違います。日本は最初からジャムがカップの中に入っていますが、ロシアでは小皿に入ったジャムをスプーンで食べながら、紅茶を飲みます。これがロシアでの紅茶の飲み方です。

日常的にロシアンティーは楽しむので、マグカップに紅茶を入れ、小皿に入ったジャムをスプーンで食べながらいただきます。

ロシアンティー
再現すると、こんな感じです。

ロシアのおばあちゃん家に行くと、ダーチャ(別荘)で夏に摘んだイチゴなどの手作りジャムを2種類くらいお皿に入っていたりします。それをのんびりとゆっくりいただきます。お茶の時間が大好きなおばあちゃん。紅茶を飲みながら、たくさんしゃべります。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ

これはロシアのサンクトペテルブルク製のティーカップです。とても歴史がある陶磁器のメーカーのものです。運河の街なので、サンクトペテルブルクのイメージカラーがブルー。ブルーは好きな色なので気に入っています。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ
ティーカップの底にはサンクトペテルブルグとあります。

ロシアンティーを久しぶりに飲んでみました。甘酸っぱくて美味しかったです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアでジャガイモの存在は大きいと思います。ロシア産のジャガイモもありますし、ヨーロッパからもジャガイモを輸入しています。

惣菜パンやスープ、メインの付け合わせ、サラダに使用され、ファーストフードでは必ずフライドポテトはソース付きで頼み、ポテトチップスもよく食べるので、とにかく消費量は多いと思います。

メインの付け合わせのジャガイモの調理法もピューレ、フライドポテト、粉吹き芋っぽいもの、炒めた感じのジャガイモなど食べたことがあり、バリエーションが豊富です。

基本野菜は量り売りなので、ジャガイモも同じです。すでに袋詰めされているジャガイモもあり、2キロ〜30キロくらいの袋詰めのジャガイモが売っています。

カップ麺のような感じで、お湯を注ぐとジャガイモのピューレになる商品も日常的に食べます。手軽なので買い物客の多くのカゴの中にはカップのジャガイモピューレが入っています。

留学中にお腹を壊したことがあり、病院に行ったら、お医者さんから、「消化に良いもの食べて下さい。ジャガイモとか。」と言われたので、ジャガイモ好きな私は病院帰りに3キロの袋詰めされたジャガイモを購入。煮たり、ピューレにしたり、サラダにしたり、お腹の調子が悪いにもかかわらず、美味しくてたくさん食べて太ったので、それ以降は一個とか二個とかを量り売りで購入していました。

そしてジャガイモを一、二個入れてスーパーのレジに持って行ったら、レジのおばさんからこんな言葉が、

「これだけで、何作るの?」

「…」

一、二個で購入するお客、いないです。

そして、このレジのおばさんの言葉はとてもロシア人っぽいです。このお節介な感じがロシア人のいいところなのです。

バイオリン講師 澤井亜衣

2008年にディズニーシーのスペシャルイベントに使用された音楽、シーズンオブハートを演奏してみました。バレンタイン時期のイベントだったようです。

ピアノを担当してくれたのは双子デュオピアニストで活躍している、ジュメルのちひろさん。

実は10年くらい前に、ちひろさんからシーズンオブハートを教えてもらい、何回か一緒に演奏しています。とてもキレイな曲なので、もう一度一緒に演奏してもらいました。

10年ぶりに演奏してみると、こんな風にこの曲思ってたな、とかこういう風に弾いてたな。とか思い出しました。演奏する前までは全然思い出せなかったのですが。

今回、録音したシーズンオブハートです。

東京ディズニーシーシーズンオブハート
CDには残念ながらバイオリンバージョンは入っていないです。
うさぎのジュディ

ちひろさん家のうさぎのジュディちゃん。とても可愛くて癒されます。ちひろさんありがとうございました。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア正教の暦でロシアのクリスマスは1月7日です。クリスマスは盛大に祝います。

サンタクロースの記事でもクリスマスについて書きましたが、この時期のイサク寺院の前に飾られる、大きなマロースおじいさんとスネグーロチカとクリスマスツリーは存在感がありました。

12月に本物のもみの木 (ヨールカёлка) が路上で販売され、室内に飾ります。オーナメントもキレイな物がお店で販売しています。クリスマスプレゼントをもみの木の下に飾り、クリスマスになるとプレゼントを開けます。

クリスマスにロシア人の家に招待された時、たくさんの料理でもてなされ、クリスマスに食べるサラダやケーキなどご馳走になりました。

ロシアのクリスマス料理が掲載されている雑誌から
ロシアのレシピ本です。

ロシア人はクリスマスだけではなく、お客様をもてなす時はすごい量の食事を用意してくれるので、いつもお腹いっぱいになります。

クリスマスが終わるとサンクトペテルブルグ音楽院は試験期間です。年末年始の休みは日本より短く、年末もしっかりと授業があり、試験後に1月下旬から2月上旬にかけて冬休みになります。お正月、クリスマスは試験準備で慌ただしいです。

ロシアの作曲家シュニトケのきよしこの夜をアップしました。演奏はクレーメルです。シュニトケの作品を世界に広めたラトビア出身のバイオリニストです。

こういうクリスマスソング、結構好きです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ドラマ「G線上のあなたと私」の第8話でバイオリン講師の 眞於先生(桜井ユキ)がパッヘルベルのカノンを演奏していたので、少し書いていきたいと思います。

パッヘルベルのカノンは良く演奏される曲で、知っている方も多いかもしれません。私が最初にこの曲を知ったのは、合唱曲の中にカノンの一部分が組み込まれていたことでした。

色々な編成で演奏されますが、カノンの正式の名前は「3つバイオリンと通奏低音のためのカノン」といい、3つのバイオリンとチェンバロなどの鍵盤楽器で演奏されます。

通奏低音とは、バロック時代の伴奏の形態のことです。時代によって、楽器が進化したり、奏法が変わることで、楽譜の記譜法も変わってきます。あまり通奏低音の楽譜はわかりませんが、楽譜に数字が書いてあります。

パッヘルベル  ‎(1673~1690)はバロック時代に活躍した作曲家です。この年代に活躍した音楽家の曲をバロック音楽といい、G線上のアリアを作曲したバッハ(1685~1750)もバロック時代の作曲家です。

同時代に作られた曲は、わりと似ています。私はバロック時代の音楽は透明感があるように感じます。

G線上のアリアについては、以前ブログでも書きました。意外とゆっくりな曲をバイオリンで弾くのは難しいのでG線上のアリアも難しいです。G線上のアリアの最初のミの音はとても好きです。バイオリンの特徴は長い音を弾く時に弓で強弱をつけられることです。一つの音を変化させられるバイオリンはG線上のアリアの最初の音を魅力的にできます。

最初のミ〜〜〜〜〜ラのラに向かって少しずつですが大きくしています。そして、このミの音に寄り添うように、ピアノが淡々と拍子を打つかのように、伴奏がラに向かってハーモニーを変化させながら、サポートしている感じが、しんみりしていて個人的には好きです。

今回は以前にバーの蔦やさんで演奏した時のパッヘルベルのカノンとその時のアンコール曲G線上のアリアを載せてみました。

まずはカノンです。ピアノとバイオリンの編成です。

そして、バッハのG線上のアリアです。ピアノとバイオリンの編成です。

両方とも300年以上前の曲には思えないです。色あせることなく、今の時代にも合う音楽だと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣