コンテンツへスキップ

音階教本最近は色々あり、何を選べばいいのか悩んでしまうかもしれません。

今回紹介するのは、カールフレッシュが書いたスケールシステムです。https://www.amazon.co.jp/%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%99%A8-%E6%A5%BD%E8%AD%9C%E3%83%BB%E6%95%99%E6%9C%AC-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%9F%B3%E9%9A%8E%E6%95%99%E6%9C%AC-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/dp/B00FYIVHAA

こちらは、フィッシャー版。私が購入した時はマゼンタっぽい色でしたが、現在はロイヤルブルーです。インターナショナル版も購入する年によって色が変わることがあるのですが、何ででしょう?

カールフレッシュ音階教本
カールフレッシュ音階教本

もっと前はあずき色?みたいな感じ。姉から借りました。

リース&エルラー社のは日本語で書いてあるので便利かもしれません。

ユダヤ系ヴァオリニスト、カールフレッシュはイダ・ヘンデル、ジネット・ヌブー、シモン・ゴールドベルクなど名ヴァイオリニスト達の先生でもあります。おそらく素晴らしい教育者だったのでしょう。

タイトルにもあるように分厚いです。

カールフレッシュの音階教本
音階だけで何と厚さは1.3cm。重さは0.52キログラム

ページをめくると、

カールフレッシュ音階教本

黒くて、難しそうでやる気失います。
本当に難しいです。勉強でいうなら、一番難しい参考書を解くとでもいうのでしょうか?

東京藝術大学の入学試験、国際コンクールでの課題になっているこの教本。いかに重要でレベルが高いかわかるかと思います。

教本の特徴として、重音の音階がとても充実しているということ。重音は1小節弾くだけでもとても効果があると思います。(6番から10番)

5番は必須ですが、是非やっていただきたいのが1番です。G線のハイポジションで弾く音階は本当に難しいです。最初弾いた時、全く音にならなかったです。ハイポジションのG線は他の絃のハイポジションに比べ音が出にくいので、練習しないと良い音色にはならないと思います。しかし、ラヴェルのツィガーヌ、G線上のアリア、サンサーンスのヴァイオリンコンチェルト等聴かせる曲はG線のハイポジションで弾かなければなりません。

この分厚い教本、どこから手をつければいいのか?カールフレッシュは毎日違う調を弾く事と記していますが、それはかなりの上級者の練習方法かなと思います。音程がおろそかになり、雑に練習しそうだからです。しっかり音程を身に着けるためにはまずは5番、そして重音を弾き、少しずつフラットやシャープの数が増える調を練習していくのが初級から中級者の方の練習方法だと思います。人によって苦手な音階も違うので先生にアドバイスをいただきながら、取り組むといいと思います。

これが完璧に弾けたら鬼に金棒です!

バイオリン講師 澤井亜衣

ウクライナのオデッサ出身のバイオリニスト、アナスタシア・チェボタリョーワ氏。
小さい頃から優秀で、更なる技術習得のため、モスクワに移り住み、チャイコフスキーコンクールで最高位を受賞します。

オイストラフやリヒテル、ウクライナ出身の音楽家たちはロシアに渡り、音楽を極めてきました。

アナスタシア先生が日本に住んでいたこともあり、学生時代に3年程、教わりました。

アナスタシア先生のアルバムにはロシア民謡が入っているのですが、その中でもポーリシュカ・ポーレは本当に美しく、先生の演奏によってこの曲が好きになりました。

アナスタシア・チェボタリョーワ

友人と先生のポーリシュカ・ポーレを聴いていると、
「アナスタシア先生は、辛い経験をしたことがあるっちゃ」
と私に言ってきました。

先生の心に響く演奏と、友人のその言葉を聴き、そんな風な演奏でき、そんな事が感じ取れる友人のような人間になりたいと強く思ったものです。

その時、先生にポーリシュカ・ポーレが弾きたいとお願いをしたら、楽譜を貸してくださりました。
それから20年近く経ち、留学したり、引っ越しをしたりと楽譜を整理する機会があったのですが、
楽譜がどっかにいってしまい、探しても探しても見つけられませんでした。

しかし、たまたま掃除をしてみたら、見つかりました。
ロシアのウクライナ侵攻から8カ月以上。長引くにつれ、報道は少なくなり、少しずつ忘れかけてる中での楽譜が見つけた時は、何か訴えかけているようにも感じました。(スピリチュアルとか占いとか信じる方ではないですが)

もちろん、日本でも様々な事件等があり、他の国の事まで考えられず、なんて正直ありますが、考えられる時は考えようと。そしてこの曲に取り組むことにしたのです。このCDでは弦楽四重奏とピアノとバイオリンソロ(アナスタシア先生)の編成ですが、少しアレンジして、バイオリンとピアノで弾いてみました。

今だったら、この曲は収録していたんだろうか。と思ってしまいます。

この間ニュースでウクライナ人の若いバイオリニストがインタビューで「ロシアとウクライナは兄弟みたいだったのに」と言っていました。
またウクライナ人が音楽を色々な国で学べる時がやってくるのを願っています。そしてロシアでお世話になった先生方、先輩や友人が色々な国で演奏できることを願っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

今回は音階教本について。

私は正直、音階は好きではないのですが、やはり音階は基本中の基本。
上達するためには音階は欠かせません。

音階教本は何を使用すればいいのか?
教本の特徴についても書いていきたいと思います。

音階であればどんな教本を使用しても構わないというのが持論です。
根本的にはさほどかわらないですし、ちゃんと弾ければ最終的にはたどり着く場所は同じだと思います。

しかし音階にもレベルがあり、自分の今できる範囲での音階を取り組んで欲しいです。レベルが高すぎると何の為にやっているのか、無意味になってしまいます。

今日紹介するのは、小野アンナ先生が書いた音階教本です。

小野アンナ音階教本
アマゾンでも売ってます。
調性の表
これは便利な調性の表。後ろのページに載ってます。

サンクトペテルブルグ音楽院出身の小野アンナ先生は音階が大好きなアウワーのお弟子さんです。チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトを演奏不可能と言ったアウワー。アウワーの教本を見る限り弾けないレベルではないと思いますが。


サンクトペテルブルグ音楽院に試験では音階の試験が全調あります。(小野アンナ先生は日本で過ごされていたせいか、ロシアでは無名)それくらい学生さんも音階は練習してます。

この教本の素晴らしい所は、初心者からプロまで使える一生ものの本だということ。
第一ポジションで弾けるものもあればハイポジションの音階まであり、4オクターブまであります。
カールフレッシュにはありませんが、シャープ6つの音階があることもこの教本の特徴の一つ。

これ最初必要かな?と思ったのですが(フラット6つと同じになるので)指使いが違いますし、結構貴重な音階だと思います。


それから、2オクターブの練習になると最後に和音がついてくるのも小野アンナの音階教本の特徴です。バイオリンの先生によってはそこは弾かなくていいよ。と言われるようです。音階の練習だからかもしれません。でもこれが意外と役に立ちます!ポジション移動できていても和音できない人結構多いです。それは、曲の中でいつも入っているものではないからです。忘れてしまいます。(ピッツィカートもこの部類)毎日練習する音階教本に入っていれば、曲に重音や和音が入っていたとしても比較的上手くこなせます。たかが一個の和音と思うかもしれませんが、これが本当に今後の感覚が養われていくようで、私としては弾いてもらいたいです。

小野アンナ音階教本
これが結構大事です。パッと弾けない方多いです。

ロシアの留学時代、レッスンでできないと、

「音階やってるか?」

と言われました。

何回言われたことやら、、、。

音階はゆっくり練習がおすすめです。

バイオリン講師 澤井亜衣

youtubeはとても便利です。マニアックな曲も検索したら聴けるし、マスタークラスも聴けるし、コンクールや廃盤になったCDも聴けます。本当に便利です。色々な角度から練習ができます。

最近はピアノ伴奏のyoutubeも非常に増えました。有名な曲だったらいくつかアップされているので、自分に合う伴奏を選ぶことができます。

今回はそんなyoutubeの伴奏を使用して、ブログに載せてみました。

曲はクライスラーの愛の喜びです。どこかで聴いたことがあるかもしれません。リクエストにも多い曲ですし、バイオリン必須です。でも学生時代には真剣なレパートリーとしてやらないのです。エルガーの愛の挨拶もそうです。本当に社会人になって良く弾く曲は、学生時代には真剣に取り組まない方が多いと思います。もっとやる曲(テクニックのある曲とか、長い曲とか)に追われているせいだと思いますが、今、思えばしっかり先生に習いたかったと思う曲です。なので、現役の方は小品もしっかりレッスンで受けることをおすすめします。

タイトル通り、明るくて、楽しくて、優雅な曲ですが、弾いている方としては、喜びどころが、く、くるしい、、。音程や優雅さや、あの三拍子の独特のリズム。すごく弾きにくいです。これをいかに軽く聴かせるか。優雅に聴かせるか。弾いてみます。

今回使用したピアノ伴奏はこちら

急に伴奏ピアニストと合わせるよりは事前にyoutubeを使用することで、全体の流れが把握できて良いと思います。ただ、伴奏者はバイオリンに合わせてくれますがyoutubeは合わせてはくれないので、自分が合わせないといけません。こういう愛の喜びのようなくだけて弾く曲はたんたんと弾かなくちゃいけないので、面白みに欠けると思いますが、曲の全体の雰囲気を知るという点ではこういう練習の仕方もありではないかと思います。まあ、rit(ゆっくりすること)とかしたかったですが。

もちろん、中にはritなどかけている伴奏もあるので自分に合う伴奏を見つけてみるのがいいと思います。私はシンプルなずっとテンポが同じものを選びました。この伴奏はメトロノーム通りです。色々テンポの変化してくれる伴奏もあるのですが、最初の部分はこうがいいけど、最後はこのままがいいなとか、かなり自分が思い描く音楽から遠くなったのでやめました。そこまで言い出したらきりがないのですが。アップされているだけでも感謝です。

バイオリン講師 澤井亜衣

今回のブログはマスネ作曲のタイスの瞑想曲について。もとはオペラ「タイス」の曲(間奏曲)ですが、バイオリンとピアノ、もしくはバイオリンとオーケストラで演奏されることがとても多い曲です。

CMでもドラマでも使用され、リサイタルのプログラムやアンコール、CDにもよく入っているため、人気があり有名です。

生徒さんも弾きたいと思っている方が多いので、レッスンもしますし、リクエストも多い曲なのでコンサートでもよく弾きます。

オペラ「タイス」は、修道士アタナエルと遊女タイスの恋物語です。「タイスの瞑想曲」はタイスが改心するシーンで演奏されます。穏やかな曲だと思っていましたが、楽譜を見てみると、楽語(音楽の用語)で激しく、情熱的に等の指示があり、強弱もとても小さく(pp)からとても強く (ff) まで幅があります。演奏時間は5分以上。全体的にゆったりとしているので何となく弾いてしまうとダラダラ聴こえてしまう難しい曲です。

メロディーが繰り返されていますが、ピアノの音が若干違うことにより、雰囲気が変わります。とても気に入っているのでそこを載せてみたいと思いました。

まずは一回目のバイオリンと伴奏

5秒目のところがピアノがレの音

二回目のバイオリンと伴奏

5秒目のところがピアノがドの音

一回目は穏やかな感じですが、二回目は広がりがあるような感じに聴こえます。

一回目はピアノの音がレ(ニ長調1番目の音、主音)でとても大事な音を伴奏の音にしているのですが、二回目は敢えてドのナチュラルにしているところが、不安、不完全な感じ、次に向けての明るい兆しへの音にわかりやすく繋がっていく感じがします。

穏やかなだけではなく、前向きだったり、激しかったり、不安感、柔らかさだったりと色々な感覚が詰まっている曲です。全部弾いてみたので、こちらも良かったらお聴きください。

バイオリン講師 澤井亜衣

楽譜を整理していると、ロシアで購入した教則本の中にトルコ行進曲が載っていました。
「ロンド」と題名が書かれており、しっかりと見なかったせいで見過ごしたままでした。よく見ると編曲者はモストラス。モスクワで教えていた偉大なロシアのバイオリニストです。生徒にはガラミアンもいます。モストラスはアウワーの門下。

貴重な楽譜は見ていてワクワクしてくるもので、弾いてみたいなと思い練習してみました。

微妙な重音の変化にセンスの良さが感じられ、さすがモストラス。素晴らしいバイオリニストだったことが楽譜からも読み取れます。ロシア人のバイオリニストは編曲する人たちが多いですが、当たり前のように弾けるので難しい編曲です。でも、バイオリンの事をしっかり考えて編曲されているので、弾きにくいのではなく、難しいという表現が正しいと思います。

ピアノとはまた一味違ったトルコ行進曲です。

バイオリン講師 澤井亜衣

アラジンのプラウドオブユアボーイをバイオリンで弾いてみました。

以前この曲についてはブログで書いたことがあります。

映画「アラジン」の未公開曲プラウド・オブ・ユア・ボーイのブログはこちらをクリック

https://nota-violin-lesson.com/blog/?p=2145

ディズニー映画、「アラジン」の未公開曲です。本当はアラジンにお母さんがいる予定だったらしいのですが、登場しなくなり、この曲も未使用となってしまいました。「アラジン」のミュージカルでは演奏されているとのことですが、映画で使用されなかったのは、とても残念なことです。

今回はピアノ譜だったものを元にして、ピアノとバイオリン譜にアレンジしてみました。

バイオリンの譜面はピアノの譜面に比べて少ないです。なのでどうしても弾きたい曲は自分で楽譜を起こしたり、編曲したりしています。

ただ、私は作曲や編曲についての知識が乏しく、時間もかかり、アレンジもあっているのか…。とりあえず完成したので聴いてもらえると嬉しいです。

アラジンよりプラウドオブユアボーイ

バイオリン講師 澤井亜衣

今回、ロシアのバレエ音楽と、グラズノフについて書いていきたいのですが、文章がまとまらなさそうなので、グラズノフだけに絞って書いていきたいと思います。

グラズノフはサンクトペテルブルグ生まれの作曲家で、音楽院でも教えていました。教え子の中にはショスタコーヴィチもいます。音楽院は現在に至るまで優秀な作曲家を輩出しており、私が在籍していた頃もショスタコーヴィチの愛弟子のティーシェンコや、主任教授のスロニムスキー先生の下で学びたい学生達が世界各国からやってきていたので、作曲科のレベルは高かったように思います。

音楽院の大ホールはグラズノフホールとも呼ばれ、実技試験だけではなく、コンサートも行われていました。
卒業式もここで行われます。
大ホールのロビーには、展示品が飾られ、音楽院が所有する音楽家の資料を見ることができます。展示品は年に数回入れ替わり、グラズノフ関連の資料も見ることができます。

バイオリン曲が少ないグラズノフですが、とても色彩豊かな作品でロシアらしい深味のある作品で美しいです。
グラズノフのバイオリンコンチェルトはサンクトペテルブルグ音楽院で教えていた、アウワーが初演しています。

そして今回演奏したライモンダのグランドアダージョはもともとバレエの曲ですが、シンバリストによってピアノとバイオリンに編曲されています。ハイフェッツ、アウワー、モストラス、シェルなどロシア人のバイオリニスト達がこうして編曲してくれるので大編成でなくても弾けるのは嬉しいです。

グラズノフのバイオリン曲を弾いていると(瞑想曲、コンチェルト、ライモンダも含め)なぜか共通して濃い紫色が頭に浮かびます。最初からG線(低い音)から始まり、どろどろしているからなのでしょうか。私は色を想像したりして弾くことはあまりないのですが、なぜかグラズノフだけは私の中で濃い紫色なのです。

バイオリン講師 澤井亜衣

三大アヴェマリアの一つカッチーニのアヴェマリアをバイオリンで弾いてみました。シューベルト、グノー、カッチーニは三大アヴェマリアと呼ばれ、よく演奏されます。アヴェマリアとは、マリアを賛美する曲です。

カッチーニ作曲として有名ではありますが、実際はロシア人作曲家、ヴァヴィロフによるもの。カッチーニ風に作曲したことで近年まで、カッチーニが作曲したということになっていたため、今でもそう呼ばれたり、カッチーニが作曲したものだと思っている方が多いです。

やはり、ロシア人が作曲したからか、三大アヴェマリアの中で一番好きです。

音楽の良さは、季節が感じられたり、時代によって音楽の形式が異なるので、その時代が感じられることです。
また、旋律等で文化や国を感じ取ることができるのも魅力だと思います。

時を感じることはできますが、現在進行形で動いている時の音楽は辛い時もあります。政治や人種等の問題で、音楽の表現の自由を奪われたり、音楽を禁止される時代もありました。
そして、私が音楽を通して今感じることは、曲のイメージが自分の中で変わってきているということです。

私は敢えてコロナウイルス感染症について積極的にはブログに書きませんでした。私が書かなくても、コロナの事はたくさんの情報があります。できる範囲で、できるだけ普段通りの生活、できるだけ楽しめるブログを書きたかったのです。

一番最初にアヴェマリアについてクリスマスになるとよく演奏されるので、季節を感じて欲しいと思い、書くことにしました。それが今はアヴェマリアは、医療従事者、コロナで亡くなった方、コロナで苦しんでいる方の為に音楽家が弾いているのです。一年以上もです。そして、私も弾き続けています。

おそらく、アヴェマリアを弾くと、クリスマスの事だけではなくコロナの事も私は今後思い出すことになるのだと思います。コロナ禍で、役に立ちたいと思いますが、役に立っているのかわかりません。でも、お客様や生徒さん、エッセンシャルワーカーの方々にまで私は励まされ仕事をし、生活をしています。

少しでもこの曲をきいて、いい記憶が思いだされたり、これから先、楽しいと思える場所でこの曲演奏されることを祈ります。

イコン

バイオリン講師 澤井亜衣

1年ぐらいロシアの音楽を弾いていなかったのですが、やっぱりロシア音楽は好きですし、原点に戻りたいという思いでシェラザードを載せることにしました。

ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフはサンクトペテルブルグ音楽院で作曲を教えていたこともあり、音楽院の横には像があり、音楽院の正式名称はリムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院と言います。

リムスキー=コルサコフの像
リムスキー=コルサコフの像

ヨーロッパに比べてまだまだ音楽のレベルは低かったロシアですが、19世紀後半、ロシア五人組と呼ばれる作曲家達が大活躍します。その中の一人がリムスキー=コルサコフです。
リムスキー=コルサコフはサトコ、雪娘、など民族的な音楽をたくさん生み出します。
「アラビアン・ナイト」のヒロインの名前をとった交響組曲シェラザードも代表作の一つです。

オペラ「サトコ」より
オペラ「サトコ」より

物語を簡単に説明すると、シャーリアル王が溺愛の妃に裏切られた為、妃の首を刎ねます。それからは、新しく妃をむかえては、首を刎ねていきます。何人目かの妃のシェラザードは才色兼備の女性で、王におもしろい話を聞かせるので、次第に惹きこまれて、女性に対する復讐心がなくなり、シェラザードを愛するようになるというお話しです。

話の最初が恐ろしすぎますが、これくらい強烈な物語でないと作品として残らないのかもしれないです。

今回はシェラザードからアラブの歌(クライスラー編曲)を弾いてみました。ストーリーがあるので音楽が聴きやすいかもしれないです。バイオリン独奏ですが本当はオーケストラ編成なので、少し寂しい感じもします。

サンクトペテルブルグには今もリムスキー=コルサコフの住んでいたアパートがあり、博物館になっています。
一度訪れたことがありますが、そのままの状態で不思議な感覚でした。そこには小さなサロンがあり、コンサートもやっています。こういう見どころもあるサンクトペテルブルグです。

バイオリン講師 澤井亜衣