コンテンツへスキップ

大人のバイオリン教室ノータでは、オンラインレッスンを行なっております。

バイオリン教室を開く際にオンラインレッスンをすることは考えていませんでした。教える際にオンラインではどうしても伝わりにくい部分があり、いいレッスンを提供することが難しいと思ったからです。

しかしコロナ感染拡大防止の為緊急事態宣言が発令され、対面でのレッスンは難しいと判断した時に、生徒様からオンラインレッスンのご要望があったことをきっかけにレッスン料金を下げて始めました。

対面レッスンができなくて、途方に暮れていた中、生徒様からこのようなお言葉いただき、私は励まされましたし、実際にオンラインレッスンを受講してくださった生徒様から、オンラインレッスンもありかも!と言ってくださった時は本当に嬉しい気持ちになりました。

現在もオンラインレッスンを継続して行なっており、今回はオンラインレッスンの体験レッスンについて書いていこうと思います。

基本的にオンラインレッスンはzoomを使用してレッスンを行なっております。その他をご希望の方はご相談ください。

体験のレッスンの日程調整を行いますので、ご希望のお日にちをいくつかあげていただきます。

お問い合わせの欄にレッスンのご要望など書いていただいても構いませんし、連絡の際にこちらからレッスン内容のご希望などお伺いいたします。

体験レッスン前に、現在使用している楽譜を提供していただきます。同じ楽譜を共有することで、レッスンがスムーズに受講していただけるからです。もちろん難しい場合はこちらで準備いたします。

レッスン内容は、生徒様のレッスンに対する要望が特になければ、部分的な細かいレッスンというよりは、曲の全体をレッスンしていきます。レッスンの雰囲気を感じていただいたり、今後の生徒様のレッスンの私なりの考え方をお伝えできるよう、心がけています。

なかなかやってみたいことを初対面で言うことは難しいと思いますが、出来るだけ言いやすい雰囲気作りも心がけています。

バイオリンは敷居が高いイメージがありますが、お気軽にお問い合わせ下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

レッスンではクラシックだけではなく、色々なジャンルの音楽を練習しています。これはレッスンで紅蓮華を練習していらっしゃる生徒さんの楽譜です。

紅蓮華のバイオリン楽譜

私は普段はほとんどクラシックしか聞きませんが、生徒さんたちは様々なジャンルを聞く方が多いので、色々ジャンルの違う曲を教えてくれます。それは私にとってとても嬉しいことです。皆さん好きな曲を説明するから説得力があって、聞いていて楽しいです!

生徒様はパソコン教室の先生。実はこのホームページを作った方で、アナログの私に色々教えてくれます。たまに私も先生にパソコンについて教えてもらっています。

さすが、パソコンの先生!購入した楽譜に歌詞までつけてレッスンを受講。

紅蓮華はアニメ鬼滅の刃の曲です。とても好きで、バイオリンで演奏したいとのことで楽譜を購入。人気なのは知っていましたが、私はタイトルしか知りませんでした。

紅蓮華はバイオリンに合ういい曲でした。リズムもオシャレですし、レッスンをしていて楽しいです。

そんなオシャレなリズムの場所を弾いていたら、

バチンッ!

とすごい音がして、弦が切れました、、、。演奏中に切れたのは久しぶりだったので、ビックリしました。

弦を張り替えてまたレッスンを再開して、鬼滅の刃の話しを教えてもらって、興味が湧き、今回は珍しくアニメソングの紅蓮華を演奏したいと思います。

ちょっとオリジナルと違うかもしれませんが、自分が思った感じで弾いています。

詩もすごくいいです!バイオリンの残念なところは歌の曲をバイオリンで弾いてしまうと詩の良さがわからないこと。コンサートでもプログラムに載せた方がいいのかなとかどうやったら伝わるかなとか考えていますが、なかなかいいアイデアが思いつきません。

でも、詩がついた楽譜はいいです!弾きながらイメージが湧いてきます。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータは、対面レッスンとオンラインレッスンを行っています。

バイオリンのオンラインレッスンってどんな感じなんだろう?と思われている方も多いと思います。今回はオンラインレッスンのメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

メリット

・時間を有効に使える。

外出準備や移動の時間などが短縮することができます。

・レッスン代が対面レッスンに比べて安い。

オンラインレッスンの料金は対面に比べて安い教室が多いです。また、施設費や交通費がかかりません。

・家にいながらレッスンが受けられる。

当たり前のことですが、家でレッスンが受けられるので、子育て中の方、ペットを飼われている方などにおすすめです。また、仕事の合間にレッスンを受けられる方もいらっしゃるかもしれません。緊張症な方も画面越しだと比較的リラックスできると思います。

・レッスンを論理的に受けられ、想像力がつく。

オンラインレッスンを行って気づいたのですが、音楽を言葉で説明しなければならないので感覚より論理的に考えたい方に適していると思います。言葉から想像力を働かせることによって、効果を得られます。

デメリット

・音の細部が聴き取りづらく、ゆっくりな曲が不向き

どういう音色や音質で演奏しているのかが、オンライン上では聴こえづらいです。速いテンポの曲は問題なくレッスンができます。

・一緒に演奏ができない。

時差があるので、一緒に演奏することができません。合奏や伴奏合わせがしづらいので、アンサンブル好きな方には不向きです。

・譜面の共有に手間がかかる。

レッスン中のボーイングや指使いなどは自身で楽譜に書かなければならないので、少し手間がかかります。

私が感じたメリットとデメリットを書いてみました。

色々な考え方もありますし、実際やってみて気づくこともあります。(私がそうでした)オンラインレッスンを行なって思ったことは、とりあえずやってみないとわからないということ。想像では限界がありました。(よく言われていることですので、今さらかもしれませんが)この経験を生かして、色々な形で音楽を楽しんだり、学んだり、そして色々な事を吸収していきたいと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

バイオリンを習いたいと思っている方達から「爪が伸びていても弾けますか?」というご質問を時々いただきます。伸びていてもバイオリンは弾けますが弾きづらくはあります。女性はネイルをしている方も多いのですし、実際にそういう方も生徒様にいらっしゃいます。

最近、レッスンで爪に関しての質問をよくされるので、今回はバイオリンをやっている人たちがどのようにしているのかを書いていきたいと思います。

やっぱりバイオリンを弾くには爪は短い方が弾きやすいですし、弦を押さえる力も若干短い方が強くなる気がします。

プロの方は毎日もしくは一日おきに爪を切っていたり、こだわりの爪切りがあったり、やすりで削るなど気を使われている方が多いです。

私も爪を切る頻度は多いです。ちなみに私の爪は四角い形になっています。

バイオリンをやっている人の爪

なぜかというと、たまに弦を押さえる時に、この矢印の部分を深く切りすぎると爪が肌に食い込んで血が出るからです。痛いです。(私だけでしょうか???よくなってました。)

この形にしてからはそういうことが少なくなり、小さめの爪切りで切ってから、ガラスのやすりを使用することで、爪が肌に食い込むことは全くなくなりました。

ガラスのやすり
長さと厚さが違います。上は持ち運び用。ケース付きです。

ガラスなのでいつでも洗えて衛生的です。おかげで今は痛い思いをしていません。

私はバイオリンを弾いている時に爪が視覚に入って気になってしまうのでマニキュアは塗っていませんが、バイオリニストの中にはマニキュアを塗っている人もいます。

音楽院の講師、サーシャ先生は、黒いマニキュアにドクロの指輪などのシルバーのアクセサリーをジャラジャラとつけてヴィルトゥオーゾの作品をよく演奏していました。黒いマニキュアとアクセサリーをつけたまま、一気に弾くのは圧倒されます。

バイオリン講師 澤井亜衣

先生から最初にいただいた課題曲はブラームスのバイオリンコンチェルトでした。20歳の誕生日にブラームスのバイオリンコンチェルトを試験で弾くことになったりと、思い入れのある曲です。

力強いブラームスのバイオリンコンチェルトの1楽章の演奏時間は20分以上。4大バイオリンコンチェルトの一つで激しくもあり、男性的な作品で体力が必要です。

ヌヴーの演奏は名演です!

レッスンが中盤になってくると、先生も指導がさらにヒートアップし、座りながらアドバイスしているのが、私に近寄ってきて一緒にブラームスを暗譜で弾き出します。先生が力強い音で弾くので、私の音は掻き消されてしまうくらいです。教室は二重とびらになっているのですが、廊下まで聴こえていたらしいです。しかも先生の音だけ。当時、私は19歳。先生は70歳越え。私の方が体力があるはずなのに、本当に力強い音で素晴らしい演奏をいつもレッスンでしてくださっていました。

たまたまこの時期に、バイオリニストのシュロモ・ミンツがペテルブルクにやってきて、ブラームスのバイオリンコンチェルトの演奏会がありました。聴きに行きたかったのですが、残念ながら私は機会を逃してしまいました。どうやら先生とシュロモ・ミンツは知り合いのようで、学校で演奏会の数日前に会話をしていました。

シュロモ・ミンツの演奏会が終わった翌日、レッスンに行くと教室からブラームスのバイオリンコンチェルトの音が聞こえてきました。ドアを開けると、なんと先生が練習していたのです。

この光景をみて、凄まじい向上心だなと思いました。こんなにすごいバイオリンが弾けるのに、まだまだ練習するのかと。常に努力をされていらっしゃるんだなと。

先生には大変失礼ですが、普段はオーラはないです。清掃のオッチャンに間違えられたくらいです。でも、バイオリンを弾く時はシャキッとしてキラッとしています。そういうところ先生らしいなと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

対面レッスンを再開したので、久しぶりにバイオリンを持って外出しました。

バイオリンを持って外を歩くのは、二カ月以上ぶりです。
玄関でバイオリンを背負ったら、とても重く感じてしまいました。少し体力が落ちてしまったのかもしれません。

バイオリンを背負って外を歩くと、背中にゴンゴンとケースがあたったり、背中がケースのせいで汗ばんできました。よくあることなので、いつもなら嫌だなと思うのですが、久しぶりの感覚が嬉しく一人でニヤニヤしてしまいました。でも口元はマスクで覆われていたので、ちょっとホッとしました。

いつもの嫌だなという気持ちも日常生活ができるからこその、贅沢な感情だったんだなあと。また日常生活に戻ったらまた当たり前のように嫌だなと思ってしまうのかもしれませんが、できるだけこの嬉しかった感情は忘れないようにしていきたいです。

アジサイ

レッスンに行く途中で紫陽花がキレイだったので、撮ってみました。
これから背中がケースのせいで汗ばむ季節の本番です!

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータは6月10日(水)よりスタジオレッスンを再開いたします。オンラインレッスンも継続して行ってまいります。毎日の検温、健康管理に留意してまいります。レッスン時は、定期的な換気の実施、マスクを着用いたします。また、備品等の消毒も行ってまいります。安心してレッスンに通えるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

バイオリン講師 澤井亜衣

オンラインレッスンを開始してから2ヶ月経とうとしています。スタジオレッスンと勝手が違うので戸惑うこともありましたが、オンラインレッスンでもレッスンが続けられていることに感謝しています。

スタジオレッスンと特に違うなと感じたことは、言葉の重要性です。表現力が大事だなと実感しています。そのために語彙力も大事なので、しっかり増やさなければ。

私はスタジオレッスンで、例え話をしながら音楽表現を教えることは、あまりしていませんでした。私が物事に対して思っていることと、生徒さんが思っていることが必ずしも同じであるわけではないからです。

ただ画面越しだと、ただの言葉と演奏だけでは伝わりづらく、プラスアルファ何かが必要だと思いました。そのため、例え話も加えるようになりました。

私にも経験があるのですが、例え話をされて、自分の中でそれが頭の中でパシッとハマった時は先生の模範演奏より強烈な効果を発揮します。

「こことここは違う風に弾いて下さい」より、「違う日に、こことここは弾いているような感じでお願いします」とか。「優しく、柔らかく弾いて」より、「うさぎを撫でるように優しく弾いて」とか。(この時教えていた4歳の生徒さんが、うさぎが好きだったので)

言葉が多すぎてもイメージを壊してしまったりしますが、足らなくても変化しない。とても難しいですが、教えることに対して柔軟性を持ちながらレッスンをしていかなければいけないなと思いました。オンラインレッスンで学ぶべきものがあり、勉強の毎日です。

相田みつをのハガキ
相田みつをさんの。一生勉強だけじゃないところがいいです。

顔の表情の乏しさは相変わらず。生徒さんから、この前のレッスンでこんなことを言われました。「パソコンが固まっているのかと思いました!」と...
ただ私が動いていないだけです。甥っ子にもテレビ電話で「固まっちゃってるよー!」と言われたので気を付けます。

バイオリン講師 澤井亜衣

私がレッスン時や練習の時に使用しているのがこの鉛筆です。

ファーバーカステルの鉛筆

ドイツの会社のファーバーカステルの4Bの鉛筆を使用しています。

4Bの鉛筆なんて濃い!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、指使いや運弓を変えることが多いので、消しやすい濃い鉛筆を使っています。

音大や音高の授業でも、先生から濃い鉛筆を使用されるように指導されるので、音楽に携わっている方は濃い鉛筆を持っている方が多いと思います。

いろんなメーカーの4Bの鉛筆を試したのですが、これが1番良かったです。他のメーカーより少し高いのですが、スルッと書きやすいです。

譜面台と楽譜

そして、何より気に入っているのが譜面台から鉛筆が落ちても芯が折れにくいです!!!譜面台から鉛筆が落ちることってあると思います。違う楽譜を立て掛ける時とか譜面台を少し移動させる時とか。私は結構落としてしまいます。濃いと芯が柔らかいので折れやすいですが、この鉛筆は折れにくいので、鉛筆を削る回数が少なくて逆にコストパフォーマンスがいいです。とても気に入っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

タイトルの通り、日本の音大にはあるのに、ロシアの音楽院にはないものがあります。

それは生徒専用の練習室です。

ほとんどの日本の音楽大学にはあるのではないでしょうか?日本では、授業の空き時間、授業の前後に使用します。部屋によってグランドピアノやアップライトピアノが置いてあり、無料で貸し出す大学もあれば、有料の大学もあります。

しかし、ロシアの音楽院には生徒専用の練習室がありません。私が通っていた時は授業をする部屋すら確保できない状況でした。ですから、ロシア語の授業は寮に先生が来てくださっていたので寮で受け、和声と聴音は音楽院の付属学校で受けていました。さらに部屋がない時は廊下で授業なんてこともありました。

少し話がズレましたが、生徒が練習するときはどこでするのか?という話。昼間は授業する部屋さえないので、できません。もし自分の楽器があれば廊下とかで弾いていたりする人はいますが、ピアノ専攻の生徒達は廊下にピアノはないのできません。

なので、アンサンブルとかピアノが弾きたい時は授業の前後に練習します。

音楽院は7時から開いているので大きな部屋やお気に入りのピアノがある場合は7時前から音楽院の前に並びます。(冬は寒いし真っ暗で辛いです)

だいたい9時くらいから授業が始まるので、練習できるのは2時間くらい。その間に調律師さんがピアノのメンテナンスをしにきます。調律師さんは毎日7時から9時の間に全部のピアノをチェックしています。

先生がきたら、そこで練習はできなくなります。夕方はいつ授業が終わるかわからないし、練習したい生徒が沢山いるので、授業の後の練習室の確保はあまり期待できないです。

音楽院が閉まるのはだいたい22時くらい。こんな環境の中、素晴らしい演奏家の卵がしっかり育つ理由が今でも不思議です。やる気さえあれば環境なんて二の次ということなんだろうな。

バイオリン講師 澤井亜衣