コンテンツへスキップ

先生から最初にいただいた課題曲はブラームスのバイオリンコンチェルトでした。20歳の誕生日にブラームスのバイオリンコンチェルトを試験で弾くことになったりと、思い入れのある曲です。

力強いブラームスのバイオリンコンチェルトの1楽章の演奏時間は20分以上。4大バイオリンコンチェルトの一つで激しくもあり、男性的な作品で体力が必要です。

ヌヴーの演奏は名演です!

レッスンが中盤になってくると、先生も指導がさらにヒートアップし、座りながらアドバイスしているのが、私に近寄ってきて一緒にブラームスを暗譜で弾き出します。先生が力強い音で弾くので、私の音は掻き消されてしまうくらいです。教室は二重とびらになっているのですが、廊下まで聴こえていたらしいです。しかも先生の音だけ。当時、私は19歳。先生は70歳越え。私の方が体力があるはずなのに、本当に力強い音で素晴らしい演奏をいつもレッスンでしてくださっていました。

たまたまこの時期に、バイオリニストのシュロモ・ミンツがペテルブルクにやってきて、ブラームスのバイオリンコンチェルトの演奏会がありました。聴きに行きたかったのですが、残念ながら私は機会を逃してしまいました。どうやら先生とシュロモ・ミンツは知り合いのようで、学校で演奏会の数日前に会話をしていました。

シュロモ・ミンツの演奏会が終わった翌日、レッスンに行くと教室からブラームスのバイオリンコンチェルトの音が聞こえてきました。ドアを開けると、なんと先生が練習していたのです。

この光景をみて、凄まじい向上心だなと思いました。こんなにすごいバイオリンが弾けるのに、まだまだ練習するのかと。常に努力をされていらっしゃるんだなと。

先生には大変失礼ですが、普段はオーラはないです。清掃のオッチャンに間違えられたくらいです。でも、バイオリンを弾く時はシャキッとしてキラッとしています。そういうところ先生らしいなと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

対面レッスンを再開したので、久しぶりにバイオリンを持って外出しました。

バイオリンを持って外を歩くのは、二カ月以上ぶりです。
玄関でバイオリンを背負ったら、とても重く感じてしまいました。少し体力が落ちてしまったのかもしれません。

バイオリンを背負って外を歩くと、背中にゴンゴンとケースがあたったり、背中がケースのせいで汗ばんできました。よくあることなので、いつもなら嫌だなと思うのですが、久しぶりの感覚が嬉しく一人でニヤニヤしてしまいました。でも口元はマスクで覆われていたので、ちょっとホッとしました。

いつもの嫌だなという気持ちも日常生活ができるからこその、贅沢な感情だったんだなあと。また日常生活に戻ったらまた当たり前のように嫌だなと思ってしまうのかもしれませんが、できるだけこの嬉しかった感情は忘れないようにしていきたいです。

アジサイ

レッスンに行く途中で紫陽花がキレイだったので、撮ってみました。
これから背中がケースのせいで汗ばむ季節の本番です!

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータは6月10日(水)よりスタジオレッスンを再開いたします。オンラインレッスンも継続して行ってまいります。毎日の検温、健康管理に留意してまいります。レッスン時は、定期的な換気の実施、マスクを着用いたします。また、備品等の消毒も行ってまいります。安心してレッスンに通えるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

バイオリン講師 澤井亜衣

オンラインレッスンを開始してから2ヶ月経とうとしています。スタジオレッスンと勝手が違うので戸惑うこともありましたが、オンラインレッスンでもレッスンが続けられていることに感謝しています。

スタジオレッスンと特に違うなと感じたことは、言葉の重要性です。表現力が大事だなと実感しています。そのために語彙力も大事なので、しっかり増やさなければ。

私はスタジオレッスンで、例え話をしながら音楽表現を教えることは、あまりしていませんでした。私が物事に対して思っていることと、生徒さんが思っていることが必ずしも同じであるわけではないからです。

ただ画面越しだと、ただの言葉と演奏だけでは伝わりづらく、プラスアルファ何かが必要だと思いました。そのため、例え話も加えるようになりました。

私にも経験があるのですが、例え話をされて、自分の中でそれが頭の中でパシッとハマった時は先生の模範演奏より強烈な効果を発揮します。

「こことここは違う風に弾いて下さい」より、「違う日に、こことここは弾いているような感じでお願いします」とか。「優しく、柔らかく弾いて」より、「うさぎを撫でるように優しく弾いて」とか。(この時教えていた4歳の生徒さんが、うさぎが好きだったので)

言葉が多すぎてもイメージを壊してしまったりしますが、足らなくても変化しない。とても難しいですが、教えることに対して柔軟性を持ちながらレッスンをしていかなければいけないなと思いました。オンラインレッスンで学ぶべきものがあり、勉強の毎日です。

相田みつをのハガキ
相田みつをさんの。一生勉強だけじゃないところがいいです。

顔の表情の乏しさは相変わらず。生徒さんから、この前のレッスンでこんなことを言われました。「パソコンが固まっているのかと思いました!」と...
ただ私が動いていないだけです。甥っ子にもテレビ電話で「固まっちゃってるよー!」と言われたので気を付けます。

バイオリン講師 澤井亜衣

私がレッスン時や練習の時に使用しているのがこの鉛筆です。

ファーバーカステルの鉛筆

ドイツの会社のファーバーカステルの4Bの鉛筆を使用しています。

4Bの鉛筆なんて濃い!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、指使いや運弓を変えることが多いので、消しやすい濃い鉛筆を使っています。

音大や音高の授業でも、先生から濃い鉛筆を使用されるように指導されるので、音楽に携わっている方は濃い鉛筆を持っている方が多いと思います。

いろんなメーカーの4Bの鉛筆を試したのですが、これが1番良かったです。他のメーカーより少し高いのですが、スルッと書きやすいです。

譜面台と楽譜

そして、何より気に入っているのが譜面台から鉛筆が落ちても芯が折れにくいです!!!譜面台から鉛筆が落ちることってあると思います。違う楽譜を立て掛ける時とか譜面台を少し移動させる時とか。私は結構落としてしまいます。濃いと芯が柔らかいので折れやすいですが、この鉛筆は折れにくいので、鉛筆を削る回数が少なくて逆にコストパフォーマンスがいいです。とても気に入っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

タイトルの通り、日本の音大にはあるのに、ロシアの音楽院にはないものがあります。

それは生徒専用の練習室です。

ほとんどの日本の音楽大学にはあるのではないでしょうか?日本では、授業の空き時間、授業の前後に使用します。部屋によってグランドピアノやアップライトピアノが置いてあり、無料で貸し出す大学もあれば、有料の大学もあります。

しかし、ロシアの音楽院には生徒専用の練習室がありません。私が通っていた時は授業をする部屋すら確保できない状況でした。ですから、ロシア語の授業は寮に先生が来てくださっていたので寮で受け、和声と聴音は音楽院の付属学校で受けていました。さらに部屋がない時は廊下で授業なんてこともありました。

少し話がズレましたが、生徒が練習するときはどこでするのか?という話。昼間は授業する部屋さえないので、できません。もし自分の楽器があれば廊下とかで弾いていたりする人はいますが、ピアノ専攻の生徒達は廊下にピアノはないのできません。

なので、アンサンブルとかピアノが弾きたい時は授業の前後に練習します。

音楽院は7時から開いているので大きな部屋やお気に入りのピアノがある場合は7時前から音楽院の前に並びます。(冬は寒いし真っ暗で辛いです)

だいたい9時くらいから授業が始まるので、練習できるのは2時間くらい。その間に調律師さんがピアノのメンテナンスをしにきます。調律師さんは毎日7時から9時の間に全部のピアノをチェックしています。

先生がきたら、そこで練習はできなくなります。夕方はいつ授業が終わるかわからないし、練習したい生徒が沢山いるので、授業の後の練習室の確保はあまり期待できないです。

音楽院が閉まるのはだいたい22時くらい。こんな環境の中、素晴らしい演奏家の卵がしっかり育つ理由が今でも不思議です。やる気さえあれば環境なんて二の次ということなんだろうな。

バイオリン講師 澤井亜衣

バイオリンの練習はやり出すとそれなりにヤル気が出てくるのですが、ピアノと違ってフタを開けたらすぐ練習ができるわけではなく、バイオリンのケースを開け、弓を張って、松脂をつけ、バイオリンに肩当てをつけて、音合わせをするという準備のせいで(きっとそのせい、たぶんそのせい)ヤル気が出ない時は今までにどれだけあったことか。そして、ヤル気が出なかったので、どうやったらヤル気が出るのかということを色々考え、工夫し、ヤル気を起こさせるために試してみたことが沢山あります。

ということで、私がこれをやってヤル気が出たことを書いていきたいと思います。

・練習している曲をひたすら聴く。(色んな演奏家の)

・練習している部屋の模様替えをする。

・ラムネを食べる。(森永のラムネの普通の味が効果的でした)

・お気に入りのお茶を飲む。

・コピー譜に先生からのアドバイスをキレイな色のペンで書く。

・アロマを焚く。

・花を飾る。

・音楽仲間と音楽の話をする。(今後、どんな曲を弾きたいかなど)

・現在、練習していない曲で好きな曲を弾く。

・練習している曲について調べる。

・フタを開けるのが簡単なピアノを弾く。

・15分のタイマーをつける。(15分しか練習できないと思うようにする)

ざっとこんな感じです。

ベランダの

ベランダのユーカリとバラとラベンダーを飾りました。

ユーカリとバラとラベンダー

今日は別にヤル気が出ないわけではないのですが…ユーカリが香っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

今月からバイオリンのオンラインレッスンを始めました。アナログ人間の私は、パソコン教室の先生から教えてもらい、試行錯誤しながら毎回レッスンしています。かなり必死です!

やはり普段のスタジオレッスンとは勝手が違うので、事前の準備やレッスン後のフォローがいつも以上に必要だと実感しています。

生徒さんたちもレッスンを受けるために、楽譜に小節番号を書いたり協力してくれて、とても助かっています。

画面越しだと、伝わりづらい部分もあるので、マッキーペンでとっさの手書きや、カラーペンの使用、姿勢や楽譜をLINEで写メ、良くないところは大げさに体を動かして真似して見せたり、表情はできるだけ豊かに心掛けています。(緊張症なので、これが一番私の課題)

人に伝えることは本当に難しいと改めて思う日々です。

学生の頃、バイオリンのレッスンで、自分はやっていると思っていても人には伝わらないから、大げさにやってやっと相手に伝わるとよく言われていました。

オンラインレッスンとは意味合いが違うかもしれませんが、どんなことにおいても相手への伝え方はとても難しいものだなと思います。経験や知識など色々なものを取り入れ、実行できたら伝え方が上手になっていくのでしょうか?悩みます。

もう少しアイデアを練って、オンラインレッスンに早く慣れるように頑張っていきたいと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

澤井亜衣 バイオリンレッスン

大人のバイオリン教室ノータは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、レッスンについては、すべてオンラインレッスンで行っております。オンラインレッスンの料金や詳細につきましては、お問い合わせフォームからお願い申し上げます。

バイオリン講師 澤井亜衣

バイオリンの練習をしていて曲に対して飽きてしまったり、弾いていても他の事を考えてしまったり。そういうことは正直あります。

でも、なぜかバッハの無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ(全6曲)はいつ弾いても新鮮味があるのです。下の楽譜はすべて同じバッハの楽譜ですが、出版社によって、指使いやフレーズが違ったりします。比べるのも面白いです。

緑の楽譜の中には自筆譜が載ってます。これも気に入ってます。

バッハの無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータは楽譜を見ると謎解きをしているような感覚になります。見ていると浮き彫りになってくる音符を発見したり、同じメロディが何回繰り返されているのか数えたり。表現がおかしいかもしれないですが、均等のリズムだと楽譜ではなくデザインっぽくてキレイなのです。

ほとんど同じリズムの曲

そして弾いていて無心になれます。心が洗われる?かのようになります。集中も他の曲よりすることができる気がします。本当に不思議です。

バッハは信仰が深かったので、そういうところから、こういう気持ちになるのかもしれません。楽譜を見ていると、音楽を追求しつくた、神に捧げたような崇高な音楽です。

でもたまに人間っぽく感じる温かみのある旋律もあります。
そう思う箇所を弾いてみました。赤で囲んだドとシの音が鼓動のような感じで一定のテンポで刻まれ、私には心地よく聞こえます。(ソナタ2番のアンダンテより)

ずっと弾き続けていきたい曲の一つです。

バイオリン講師 澤井亜衣