コンテンツへスキップ

気になっているドラマがあります。それがこちらです。

G線上のあなたと私のポスター
駅構内でポスター見つけました。

女優の波留さんが主演のドラマで来週から始まります。バイオリンを弾いている私にとっては、とても気になります。大人のバイオリン教室をテーマにしたドラマだそうです。

なぜこのタイトルなのかネットで調べてみたところ、主演の波留さんが、「G線上のアリア」を聴いて感動し、バイオリンを習うきっかけになったということらしいです。この曲からドラマのタイトルを考えたのかな。と思いました。

主人公の感動した「G線上のアリア」のG線とはバイオリンの1番低い弦のことです。

バイオリンのG線の写真

バイオリンは4本の弦が張られています。右からE線(ミ)、A線(ラ)、D線(レ)、G線(ソ)といい、カッコに書かれた音が鳴ります。G線はバイオリンで1番低いソの音が鳴る弦です。

写真をよく見ると弦の太さは異なり、左にいくほど太い弦だということがわかります。

今回はバイオリンで1番低い音が出るG線の音を載せてみました。ソの音が鳴ります。これ以上バイオリンは低い音を出すことができません。

「G線上のアリア」という曲は、このG線だけを使って演奏するという曲です。G線だけを使わなくても、この曲は演奏できるのですが、G線のみを使うと深みのある音色、そしてメロディを似たような音の質で演奏することができます。ただG線のみを使用した方が左腕を移動させる(ポジション移動と言います)ので難易度が高くなります。

まず、D線とはG線を使ってG線上のアリアを演奏してみます。

次はG線のみを使って演奏してみたいと思います。

音色の違い伝わりにくいかもしれません。長めの音符に違いが出ると思います。

他の弦を使用してもこの曲は演奏はできますが、深い音色や似たような音質にするためにあえてずっと同じ弦で弾くとキレイに聴こえます。この様に、他の曲でも部分的にではありますが、G線のみでメロディを演奏することがあります。楽譜には、そういう時はsul Gと表記されています。この表記があるとずっと G線上で弾かなければなりません。

G線上のアリアの楽譜
赤く囲んだところにsulGと書いてあります。

楽譜はただ音符だけではなく、色々な事が書かれてあります。その色々な表記を頼りに、色々な事を考え、演奏しています。考えながら、演奏する作業は結構楽しいです。

次回もG線上のアリアについて解説していきたいと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータでは体験レッスンを行っております。
レッスン時間は60分。
体験レッスン代は1000円+スタジオ代が1000円程度で、2000円程になります。

お問い合わせフォームからご連絡いただき、ご都合の良い日程とご希望の場所をお伺いいたします。当教室の空き状況、スタジオ等を調整して、こちら側がスタジオに予約をいたします。

体験レッスン当日までに、メール等で、バイオリン歴やレッスン時のご要望などをお伺いし、体験レッスンの内容を大まかに決めていきます。

体験レッスンを受ける方は、様々な方がいらっしゃいます。初心者の方、楽譜が読めない方、ご経験者の方などがいらっしゃいます。
楽器をお持ちでない方は、体験レッスンは、無料で楽器を貸し出ししております。付属品や教材等もこちらで準備させていただきますので、手ぶらでレッスンを受けられます。

初心者の方のレッスンでは、今後のレッスンの流れも含めて、できるだけわかりやすく、バイオリン全般について説明しています。

楽器の準備の仕方、お手入れ、持ち方、姿勢、バイオリンの楽譜の特有の記号等を説明し、実際に指を押さえて音を出したりして実践もしています。わからないことなど質問しやすいように、できるだけこちらからお声掛けをし、質問しやすい雰囲気を心がけています。楽器や今後のレッスンについてのご質問もレッスンの時間内に組み込んでおりますので、わからないことがあれば、聞いていただけたらと思います。

バイオリンを習っていて、また再開されたい方や、今もバイオリンを習っている方の体験レッスンは、弾いている曲や習っていた曲などをご持参いただき、レッスンをすることが多いです。
新しい曲を習う方や、バイオリンのテクニックで苦手な部分を習う方もいらっしゃいます。
できるだけ、皆様のご要望にお応えできればと思っております。

バイオリンを習うきっかけですが、皆様色々です。

・好きなバイオリニストの演奏を聴いて、習いたいと思った。
・趣味を持ちたい。
・小さい頃、バイオリンに憧れていた。
・この曲が弾けるようになりたい。  など

今回は体験レッスンについて、書かせていただきました。
少しでも、今後の参考にしていただければ幸いです。

バイオリン講師 澤井亜衣

今回も松脂について書いていきたいと思います。
今は、様々な松脂が販売されており、古くからあるよく使用される松脂から、限定品で布にこだわった商品や、形やデザインにこだわりがある物などたくさんの種類の松脂があります。

そんな中で、私が気に入って使用しているのが、ベルナルデルです。ネットで2000円前後で購入できます。
小学生の頃から使用しています。(買い替えてはいますが。)
他の松脂も試したことはあるのですが、結局はベルナルデルに落ち着きました。

おススメの松脂のベルナルデル
ベルナルデル。松脂を入れるケースも付いています。

松脂は種類によって、形も色もかたさも違います。この紅茶色をしたベルナルデルは、しっとりとしていて、弓にとても馴染みます。やわらかい音が出るのも特徴です。
何となく思うのですが、茶色っぽくて柔らかめの松脂は、柔らかい音がすると思います。落とすと割れやすいのですが。

次に紹介するのが、ピラストロ社のシュヴァルツです。
ネットで、1500円前後で購入することができます。
色は黒っぽく、しっかりとした音が出ます。結構かためです。
ピラストロ社から何種類もの松脂が販売されていますが、値段や使いやすさなどから、この松脂がおススメです。

ピラストロ社の松脂のシュヴァルツ
ピラストロ社のシュヴァルツ

次に紹介するのが、クラリティーです。
稀にですが、松脂アレルギーの方がいらっしゃいます。
この松脂はアレルギーの方でも安心して使用できます。

松脂アレルギーの方のための松脂クラリティー
クラリティー


ネットで2000円前後で購入できます。
生徒様が一般的な松脂を使用していたところ、咳が出るようになってしまい、こちらの商品に買い替えたところ、咳が治まりました。もちろん、松脂の役割はしっかりと果たしてくれます。

松脂で結構、音色は変わります。
以前、生徒様から弓を買い替えたいと相談された時に、
「とりあえず、松脂を買い替えてみてはいかがですか?」
とアドバイスをしてみたところ、生徒様は、松脂を買い替え後の音色を気に入って下さり、弓を買い替えるのをやめたことがありました。

大げさに思われるかもしれませんが、バイオリンは、ちょっとしたことで音色が変わります。もちろん道具だけではなく、演奏の仕方でも変わりますが、そのくらい可能性があり、繊細な楽器なんだなと思います。

松脂は見た目も楽しい商品があるので、楽器店に足を運んでみるのも楽しいです。是非、色々試してみて下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

松ヤニとは松の天然樹脂でできていて、それを固めたものです。
どんな時に使用するかというと、弓の毛は練習していると段々劣化してくるので、定期的に楽器屋さんで弓の毛替えを行います。毛替え後は、毛が新しく、とてもツルツルしているので、弦をこすっても音が鳴りません。その時に松ヤニをしっかり塗ります。
あとは練習していると弦との摩擦によって、松ヤニがとれてきてしまいます。そうなると、弓が滑って演奏しづらくなるので、松ヤニを塗ります。

私は、松ヤニの塗り方は本当に難しいなと思います。なぜなら、塗らなくても弓が滑って、弱々しい音になるし、塗りすぎても、ざらざらして雑音のような音が入るからです。
それから、先生の考え方や、国によっても使う頻度が違うと思います。

私が学生だった頃、レッスン時に、アナスタシア先生から松ヤニが足りないと言われる事が頻繁にありました。アナスタシア先生がおっしゃっていたのは、「日本人はあまり松ヤニを塗らないわね」
確かに、ロシア人はよく松ヤニを塗ります。理由の一つに、あまり毛替えをしません。やはり長く使っていると、滑りやすくなり松ヤニの使用頻度が増えると思います。
もう一つは、ロシア人ははっきりとした音を好みます。しっかりとつけていた方が音もはっきりでます。どちらが正解とかはない気がしますが、色々な意見は参考になります。

ということで、松ヤニの塗り方は難しく、意外とまんべんなく塗れなかったり、毛替え後は結構塗っても、スカスカな音になったりするので、松ヤニの塗り方のコツを書いていきたいと思います。

普段の練習では私は2、3往復ぐらい松脂を塗っています。ただ、2,3往復とは別に、元と先(矢印の部分)だけはしっかり塗っています。元と先の部分は塗ってもツルツルしていることが多いです。

お子様が松ヤニを塗る場合、手の力が弱く、しっかりと全体的に塗れていないことが多いので、お子様が松ヤニを塗った後、親御さんが確認してあげるといいと思います。

弓の毛替えをした後の松ヤニの塗り方ですが、全体的にしっかりと塗ります。元と先はさらにしっかりと塗って欲しい箇所ですが、毛の内側も塗ります。

松脂は内側に塗る
赤い点線のところを塗って下さい。

そうすると、松ヤニが馴染みやすくなります。ただ、松ヤニに厚さがあると、弓の内側に入らず、塗りにくいのです。
そんな時は、使用して薄くなってきた松ヤニを使うと塗りやすいです。薄いのは、普段は使いづらいですが、内側を塗る際に便利です。

松ヤニの厚さ
この写真は厚さがありますが、薄いものが内側を塗るときおすすめです。

しっかり松ヤニを塗った後はバイオリンを弾くと、少しザラザラした音になり、松ヤニの白い粉が楽器に付着しますが、そのくらいで大丈夫だと思います。徐々に、毛に馴染み段々と弾きやすくなってくると思います。

参考にしていただけたら、嬉しいです。
次回は松ヤニの種類について書いていきたいと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

前回メトロノームの使い方などについて説明させていただきましたが、今回は選び方や種類や特徴について書いていきたいと思います。

メトロノームは形や色、音も様々でどれを購入したいかわからない方が多いと思うので、参考にしていただけたら嬉しいです。
最初に紹介するのは、昔からある定番のメトロノームです。

メトロノームのフタにはminatoと書かれてあります。冠のデザインも素敵です。

これは母の物で、もう50年以上前のメトロノームです。懐かしいと思われる方もいるのではないでしょうか?今でもちゃんと動きます。この形のプラスチック製もありますが、やはり木製の方が音の響きがあり、聞いていて心地いいです。私はとても気に入っていますが、手動なので、オルゴールのように段々とゆっくりになって、終いには止まってしまうので、そこが難点です。

この前、小学生の女の子の生徒さんが、この形のプラスチック製メトロノームを見て、「先生、これ加湿器?」と言われてしまいました。最近は、この形のメトロノームを知らない子は結構多いです…。

ヤマハのメトロノーム
加湿器に間違えられた、ヤマハのメトロノーム。

次に紹介するのは、私が普段使用しているメトロノームです。時計で有名なセイコーのメトロノーム。モデルはSQ60。4年位前に購入しました。今も4000円くらいで購入できます。シンプルで使いやすいです。

メトロノーム
以前もセイコーさんのを使用していました。壊れてしまい、これは2代目。

電子なので、段々と遅くなることはないですし、チューナー(正しい音程を示してくれる装置)も付いているので、ピアノがなくても簡単にバイオリンの調弦(演奏する前に音を整えること)ができます。音が鳴ると同時に緑で表示され、拍の頭を赤で表示することもできるので、視覚からもテンポ感を感じ取ることができると思います。

最近は、メトロノームのアプリも充実しています。無料のアプリもあるで、メトロノームを使用して練習することを試されたい方、オススメです。外出先(スタジオやカラオケで練習など)でメトロノームを使用したい時も便利です。

どのメトロノームもデメリットは少なからずあります。自分の練習スタイルに合うメトロノームを探すのが1番大事かなと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

メトロノームとは音楽用具で、一定の正しい速度を示すための道具です。

メトロノームは、とても便利な練習アイテムだと思います。
自分の弾いている曲の速さが、一定の速度なのか客観的に確認できるからです。
意外とできているつもりが、メトロノームに合わせて弾くと全然違うことがあります。不思議なもので、逆に難しい箇所の方がテンポが速い事が多いです。おそらく、難しくて弾けないから頑張って速く弾かなきゃ!となって、焦るパターンです。

私は、難しい場所、リズムが不安な場所、速い曲などにメトロノームを使用することが多いです。あとは、アンサンブルをする時。学生時代にアンサンブルの先生から、「メトロノームを使って練習しなさい。」と言われたことの影響もありますが、相手とできるだけ同じテンポ感で演奏することは、本当に難しいと感じるので、やはりメトロノーム練習は必要だと思います。
バイオリンとピアノとメトロノームになった時、本当に自分の中で、ぐちゃぐちゃになります。でも、相手の音をしっかり聴こうと意識は高くなると思います。
メトロノームを使用した練習後は、弾きやすく感じます。

その他にメトロノームを使用するのは、初めての曲でどんなテンポか想像がつかない時に使う事があります。だいたいの楽譜は左の部分にテンポの表記があります。
例えば、下の楽譜はチャイコフスキーのスケルツォなのですが、presto giocoso と書いてあります。giocosoは快活になどの意味を表す音楽用語で、前のprestoが非常に速くという速度表記です。言葉では曖昧なので、そこで、メトロノームを使います。

チャイコフスキースケルツォの楽譜

prestoと書いてある部分に赤い矢印を合わせるとprestoのテンポの音が鳴ります。prestoと書いてある場所がアバウトすぎると思う方もいらっしゃるかと思いますが、prestoの中でもテンポが色々あってここに書いてある数字だったら、どの数字に矢印を合わせてもprestoのテンポになります。

メトロノーム

テンポで曲の感じがかなり変わりますし、弾きやすくなったり、合わせやすくなったりするので、当たり前なことかもしれませんが、音楽の大事なことの一つだと、メトロノームについて書いてて改めて思いました。

バイオリン講師 澤井亜衣