コンテンツへスキップ

クリスマスということで、ロシアで買ったクリスマスの飾り物を箱から出して飾りました。

ロシアのクリスマス飾り

ロシアのクリスマスは旧暦なので、1月7日。お正月を過ぎてもクリスマスツリーが街中にあるので何だか日本人の私は変な感じでした。アンサンブルを組んでいたロシア人の女の子にクリスマスに誘われて家に遊びに行ったことがあります。たくさんのご馳走で、もてなしてくれました。

一番最初に出してくれたのがオリヴィエサラダ。お祝いの時に食べるサラダと説明をしてくれました。
ということで、私もオリヴィエサラダを作ってみました。

オリヴィエサラダ

じゃがいもと人参を賽の目切りにし、茹でます。茹でる時に塩を入れて下味をつけておくといいと思います。

ゆで卵とピクルスを粗く刻みます。

鶏むね肉やハム(友人は牛肉を使っていました。)もジャガイモと人参と同じ大きさに切ります。

あとは、グリンピースと上の材料を混ぜて、マヨネーズと塩コショウで味を整えます。本格的なロシア風にしたい場合は輸入の白っぽいマヨネーズやサワークリームを加えることをおすすめします。

仕上げにディルをのせれば完成です。(写真にはディルはありませんが、ディルはロシア料理には欠かせません!)

結構切ったりするので、ロシアのサラダは時間がかかります。マヨネーズで和えるものが多くお肉や魚が入っていたりとボリューム満点なので、高カロリーです。そして、ロシア料理はサラダに関して言えば意外と薄味です。

ロシアの料理雑誌
新年に向けての料理雑誌

バイオリン講師 澤井亜衣

下の写真はロシアで購入した台所用品です。

ロシアの台所用品

真ん中のハンマーみたいなのは、今だにどのように使うかわからず。

黄色いシリコン型はゼリーなどに、バラのシリコン型はケーキに使用しますが、大きい!

直径約24センチ
高さ8センチ

なかなか日本のレシピだとこの大きさに合うものはないと思います。ロシアの料理本は本当に大量に作れるレシピになっています。クッキーを作ったことがありますが、半分の量にして、ちょうどよかったです。

大さじ、小さじではなくティースプーンで表記されているので、結構ちゃんと作ろうとすると難しいかもしれないです。特にお菓子とかは。

ロシア人は外食はあまりしないので、家で作ることが多いと思います。サラダやスープは大量に作り保存しておくといった感じです。ホームステイをしていた友達は、1週間ボルシチが出てきたと言ってました。日本に来たロシア人の友人はカニカマのサラダを作る為、マヨネーズを3本使ったとか、、、。ロシアではサラダにはマヨネーズはかかせないので、スーパーにはバケツで売ってます。サラダにはお肉や卵、魚等も入り、しっかりとしたおかずになります。ドレッシングはほとんど見たことがなかったので塩とお酢と油で作るとかしていました。野菜サラダとドレッシングは本当に恋しくなり、夢にでてきたほど。

ロシアと日本ではサラダの感覚が違うようです。高カロリーのサラダ。ロシア料理は結構太ります。最初の留学生活半年で4キロ太った私。半年後帰国して友人に会うと、「外人体形になってる!」と言われてしまいました。食べ物の種類によってもお肉のつく場所が変わることを実感しました、、、。やっぱり日本食は健康的です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアでは当時、輸入楽譜を購入することはほぼ不可能で、練習する曲は図書館で借りて、音楽院でコピーする。というのが当たり前でした。そのせいかロシア人の学生たちは音階も練習曲も曲もしっかり暗譜しており、比較的得意な感じに見受けられました。

楽譜はなかったものの、基礎的なものはしっかりと教えるのがロシア。音階教本はソビエト時代の楽譜などハッキリと決まったものはなくても、アウワーが音階の教本をたくさん出していることからもわかるように、予備科の試験では全部の調を演奏しなければならないと要項には書かれてあります。(まあ、弾かないのがロシアですが)

ちなみに日本で音階教本で有名なアウワー門下の小野アンナ先生は全くの無名です。(サンクトペテルブルグ音楽院出身なのにもかかわらず、、、。なぜか小野アンナ門下の前橋汀子さんは有名でした)

音階教本
写真のBOOK6からもわかるようにアウワーは膨大な量の基礎練習を作りました。カールフレッシュは購入時期によって色が変わります。一番左がアウワーの弟子の小野アンナの教本。

セヴシックやシュラーディ-クはよく弾きます。学生は廊下でめちゃくちゃ速いテンポでシュラディークを暗譜で演奏しています。指が回る学生は本当に多いと思います。多分このおかげだと思います。

セヴシックとシュラディーク
日本では、シュラディークはセヴシックに比べてやる人が少ないですが、指を動かすのには本当に良い教本です。ハイポジションやG線、2巻では重音になったりと取り組む価値があります。

練習曲ですが、クロイツェル、ドント、パガニーニ、ローデなど一般的なものから、やはりサンクトペテルブルグで後進の指導にあたっていたこともある影響からかヴィエニャフスキーの練習曲も定番です。最近、日本でも注目されてきていますが、マザスもよく弾きます。私はその頃マザスの存在を知らなかったので、楽譜を日本に持ち帰りました。

マザスのエチュード
ロシア出版社のマザスのエチュード。現在は日本の出版社のものもあります。レベルはクロイツェルやローデといった感じで、しっかりと取り組みたい内容です。

とにかく色々な曲を演奏しますし、弾く場所もあります。コンクールや試験の他にも発表の場、安くホールも借りられるので、コンサートも企画しやすいです。

前期は練習曲と曲、後期はバッハのソロバイオリンと曲を試験で弾くので、バッハのソロバイオリンも学校に在籍しているだけでレパートリーになります。

まだまだ音楽教育については書ききれていないことがたくさんありますが、いい意味で驚かされることが多かったと思います。とても充実した音楽教育です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人はお酒好きです。そしてお酒が強いです。
ロシア人宅に呼ばれた時に、食前酒がウォッカでびっくりしたことがあります。
お酒は強くないのでお断りしましたが、、、。
断ってもロシア人は嫌な顔をしませんし、ノンアルコールをくれるので安心して断って大丈夫です。
ロシアは寒い国なのでお酒を飲むとあったまるからでしょうか。本当によく飲みます。
昼間でもお酒を飲んでる人多いです。スーツのポケットにアルコールが入っている音楽院の先生もいました。(いいのかな?)

ロシアと言えばウォッカみたいなイメージがあるかもしれませんが、実際は色々な種類のお酒を飲む人が多いです。

もちろんウォッカの種類は多いです!スーパーに行くと沢山の種類があってどれがいいのか悩んでしまいます。
綺麗な瓶に入っていますし、値段も手ごろでお土産にいいと思います。私はサンクトペテルブルグに住んでいたので、ピョートル大帝の名前がついていたウォッカをお土産に購入していました。瓶もとてもおしゃれ。摺りガラスみたいな感じになっていてペテルブルグの街並みが描かれていました。


ロシア人はワインも好きです。ジョージアが近いのでジョージア料理のお店に行くと、ジョージア産のワインを飲むことができます。最近はロシアも健康志向が強くなっているので、赤ワインは人気があります。紙パックの物もあり、安く手に入ります。

あとはビールを意外と飲むんです!2ℓのペットボトルでも売られていたり、夏になると道で生ビールが売られていたり。缶ビールのサイズもたくさんあります。ペテルブルグにもビール会社があり、ネフスキーというビールが売っていました。ビールのイラストがペテルブルグの橋でした。CMもやっていました。片手にビール持っている人、街中で結構見かけます。

さて、ここからは日本でも飲めるロシアのお酒の紹介です。
ロシア料理店などに行くと、ロシアのお酒を飲むことができます。

ウォッカ 

・スタンダード ロシアの中では割と値段が高めのウォッカ。美味しいみたいです。お土産におススメです。

・フラグマン どこでもロシアで手に入りやすく、飲みやすく美味しいようです。スタンダードの半分以下の値段で買えます。

ビール

・バルチカ 一番飲まれているビールだと思います。サンクトペテルブルグに本社があります。何種類かあって、ビールに番号がついています。数字が高くなるほどアルコール度数も高くなります。ちなみにノンアルコールだと0と書かれています。3が定番です。

その他

・ペルツォフカ ウクライナのお酒です。旧ソ連時代からあるお酒で人気なので紹介することにしました。唐辛子の入った度数の高いお酒です。とても有名らしくどこでも売っています。琥珀色でハチミツ入り。この会社から同じシリーズの果実のお酒もありますが、日本では見たことがないです。

是非、試してみて下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアの学校(音楽院)は5年制で年に基本2回試験があります。5年生(国家試験)は1回のみです。
専攻している楽器(私の場合はバイオリン)に加え、アンサンブル(室内楽)、カルテット、副科ピアノが実技試験。大きい教室やホールで先生達の前で演奏し、成績がつけられます。

成績のつけ方は5段階評価で1、2、3、4、5。+(プラス)と-(マイナス)もあります。例えば、3-や5+なんかもあります。5+がつく人はごく稀で、有名な国際コンクール受賞者やすでに海外でも演奏をしている人がもらえます。 

1と2はつけられることはほぼないので、3はかなり悪い評価です。3がついた場合は再試、進級や大学院に入学できない可能性も出てきます。

その他の科目(ロシア語や音楽史、哲学など)は筆記試験や口頭試問です。前期の試験はない学年があり、成績表に先生にサインのみをもらうこともあります。成績表は5年分の試験の成績が記載されています。

ロシアの成績表
入学すると事務局からこんなのをもらいます。
ロシアの成績表
試験科目と成績とサインと名前を書くようになってます。

5年生は卒業試験が国家試験になるので、他の都市の音楽院の先生方を試験に招き、採点します。卒業試験は音楽院の大ホール、グラズノフホールで演奏します。私の卒業試験ではモスクワとペトロザボーツクの先生が審査しました。

さすがに、卒業試験の日程は前から決まっていましたが、普段の試験は明日バイオリンの試験かも。という感じでドキドキしながら練習していました。
試験当日の演奏の順番も決まっていなくて、一人弾き終わると伴奏者さんが試験会場から出てきて、「じゃあ、次誰弾く?」みたいな感じでした。

このテキトーさ。いいのか悪いのか、、、。

慣れてくると、「またか。まあ、いつもこうだよね」となり、動じなくなってくるものです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人男性は基本的にレディーファーストです。
道を譲ってくれたり、コートを着せてくれたり、手を差し伸べてくれたりします。

地下鉄でもお年寄りだけではなく、女性にも席を譲ってくれるので、座席に座っているのは女性の方が多いです。

今回はレディーファーストに関しての体験を書いてみたいと思います。

マルシルートカ(乗り合いタクシー)に偶然二人の男の先輩と一緒になった時のこと。降りる際に、一人の先輩が先にタクシーから降りて手を差し伸べてくれたのです。(乗り合いタクシーはボックスカーなので段差があります。)
しかし、私はそれに全く気付かず自分で降りてしまいました、、、。

時すでに遅し。もう一人の先輩が手を差し伸べてくれた先輩に対し、「手を差し伸べるのが遅いんだよ!」と言って、「そっか。」と言って先輩は苦笑いしていました。(いやいや、私が気づいてなかったんです!)でも、たぶんロシア人女性なら、すんなりと手を置いたと思います。なかなかこういうのは身に着けられない、、、。文化や習慣の違いをひしひしと感じる出来事でした。

そしてもう一つ。私のバイオリンの先生は当時70代後半のおじいちゃん。レッスン後はコートを学生だった私に着せてくれました。尊敬している先生にコートを着せてもらうのは、何だか申し訳ない気持ちになるものです。

レッスンであまりに私の演奏が良くなかったので「悪すぎて教えることはないから、帰れ。」と言われ、帰る準備をすることになってしまった時の事です。めちゃくちゃ怒られたのにコートは着せてくれました。

怒られたことと、レディーファーストは別.。怒られた後に着せてくれたコートの重みはかなりの重さに感じられ、ものすごく、ものすごく気まずかったのを覚えています。

バイオリン講師 澤井亜衣

楽譜を整理していると、ロシアで購入した教則本の中にトルコ行進曲が載っていました。
「ロンド」と題名が書かれており、しっかりと見なかったせいで見過ごしたままでした。よく見ると編曲者はモストラス。モスクワで教えていた偉大なロシアのバイオリニストです。生徒にはガラミアンもいます。モストラスはアウワーの門下。

貴重な楽譜は見ていてワクワクしてくるもので、弾いてみたいなと思い練習してみました。

微妙な重音の変化にセンスの良さが感じられ、さすがモストラス。素晴らしいバイオリニストだったことが楽譜からも読み取れます。ロシア人のバイオリニストは編曲する人たちが多いですが、当たり前のように弾けるので難しい編曲です。でも、バイオリンの事をしっかり考えて編曲されているので、弾きにくいのではなく、難しいという表現が正しいと思います。

ピアノとはまた一味違ったトルコ行進曲です。

バイオリン講師 澤井亜衣

姉からLINEで「これ知ってる?チーズケーキ食べてみたい」と言ってきました。

カルディで買ったロシアのシィローク
画像が送られてきました。

懐かしい!スィローク!

でも、あれってチーズケーキなのかな?ケーキ屋さんにはないし。と思い、姉に「知ってる!でもチーズケーキじゃないと思う。」と言ったら、「じゃあ、何?」と聞かれ、

「・・・」

何なんだろう。と思いカルディで買ってみました。

久しぶりのスィローク。ロシア語でチーズはスィールと言い、多分そこから来ているのだと思います。簡単に説明すればスィロークはチョコがけカッテージチーズ。ロシア人はチョコ好きなので、チョコがけアイス、エスキモーもあります。本当にチョコ好き。

カルディで購入したスィロークはなんと箱入り!高級感があります。ロシアでは箱入り見たことがありませんでした。輸入するからくずれ防止のためでしょうか?

カルディで買ったロシアのシィローク
ロシアで箱入り見たことないです。今はあるのかもしれません。

箱を開けると。

ロシアのシィローク
よく見かけた袋のパッケージ

こんな感じです。ロシアには色んな種類のスィロークが売っています。子供向けなのか可愛い動物のパッケージだったり、味もイチゴチョコやナッツがついてたり。何種類もあるので迷ってしまします。乳製品売り場に売っており、ビニール袋に何十個も入れて大量買いする人も。それだけよく日常で食べるんだなあと思います。
当時は日本円で70円くらいで購入できました。

袋を開けるとこんな感じ。

カルディで買ったロシアのシィローク

バーみたいな形なので袋を開けてそのまま食べてました。(ロシア人もたぶんそう)道でも食べやすいので、歩きながら食べてる人もよく見かけました。(結構、ロシア人アイスとかバナナとか歩きながら食べてます。中には、さきイカとか食べてる人も!)今回はせっかくなので、ナイフで切ってみました。ちなみにこれはミルクチョコ。ロシア人はダークチョコが好きな人が多いので、スィロークもダークチョコのものが多いです。

カルディで買ったロシアのシィローク
カッテージチーズなのでポソポソしてます。

食べると、懐かしい味でした。そして、相変わらずロシアの物はとても甘い。一つ食べると腹持ちがいいので、お腹が空いた時や時間がない時などに食べていました。

ロシアにはスィールニキィというカッテージチーズを丸くして焼いたチーズケーキ?のようなものもあります。


ロシアのチーズケーキが何なのかよくわからなかったけど、チーズをよく食べて、チーズが大好きなロシア人です。

バイオリン講師 澤井亜衣

今回、ロシアのバレエ音楽と、グラズノフについて書いていきたいのですが、文章がまとまらなさそうなので、グラズノフだけに絞って書いていきたいと思います。

グラズノフはサンクトペテルブルグ生まれの作曲家で、音楽院でも教えていました。教え子の中にはショスタコーヴィチもいます。音楽院は現在に至るまで優秀な作曲家を輩出しており、私が在籍していた頃もショスタコーヴィチの愛弟子のティーシェンコや、主任教授のスロニムスキー先生の下で学びたい学生達が世界各国からやってきていたので、作曲科のレベルは高かったように思います。

音楽院の大ホールはグラズノフホールとも呼ばれ、実技試験だけではなく、コンサートも行われていました。
卒業式もここで行われます。
大ホールのロビーには、展示品が飾られ、音楽院が所有する音楽家の資料を見ることができます。展示品は年に数回入れ替わり、グラズノフ関連の資料も見ることができます。

バイオリン曲が少ないグラズノフですが、とても色彩豊かな作品でロシアらしい深味のある作品で美しいです。
グラズノフのバイオリンコンチェルトはサンクトペテルブルグ音楽院で教えていた、アウワーが初演しています。

そして今回演奏したライモンダのグランドアダージョはもともとバレエの曲ですが、シンバリストによってピアノとバイオリンに編曲されています。ハイフェッツ、アウワー、モストラス、シェルなどロシア人のバイオリニスト達がこうして編曲してくれるので大編成でなくても弾けるのは嬉しいです。

グラズノフのバイオリン曲を弾いていると(瞑想曲、コンチェルト、ライモンダも含め)なぜか共通して濃い紫色が頭に浮かびます。最初からG線(低い音)から始まり、どろどろしているからなのでしょうか。私は色を想像したりして弾くことはあまりないのですが、なぜかグラズノフだけは私の中で濃い紫色なのです。

バイオリン講師 澤井亜衣

音楽に関する書籍を読んだり、資料を見たりしていると、たまにデザイナーの名前を見かけます。

クリスチャン・ディオールはプーランクという才能のある作曲家がいたから、作曲家にならなかったとか、
イヴ・サンローランがオペラ座の衣装を手掛けている写真をみたり、、、。

ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーもシャネルに支援を受けながら活動をしていました。そこからシャネルという人物に興味を持ちはじめ、シャネルに関する本を数冊読み、シャネルの好きだった小説、椿姫も読み、(シャネルのカメリアはここからとも言われています。)そして、シャネルに関する本から、ストラヴィンスキーの関係性(ストラヴィンスキーの熱烈な片思い、あるいは短い期間恋人同士だった。)とロシアの関係性を知ることができました。

シャネルはロシア人の恋人のファッションや民族衣装からインスピレーションを受け数々の作品を生み出します。
ファッション界で成功を収めたシャネルは膨大な資産で芸術家を支援することに喜びを感じていたのです。

ストラヴィンスキーだけではなく、バレエ界のディアギレフにも支援していますし、画家、詩人たちにも支援していました。何にお金を使うのか?何に価値を見いだすのか?シャネルの支援は人柄が出ていると思います。

そのシャネルの意思を受け継ぎ、現在もシャネルは若手演奏家にコンサートの機会を設けるなど、芸術家の支援を行っています。銀座のシャネルのネクサスホールに何回か行きましたが、若手演奏家からパワーをもらえます。

シャネルのNo.5の香水は今年で100年だそうです。香りが100年残ることもすごいことですが、シャネルの生き様が100年経っても新鮮で、憧れてしまうことがもっとすごいと思うのです。

バイオリン講師 澤井亜衣