コンテンツへスキップ

日本でロシア料理のお店に行くと、ロシアンティーという飲み物があります。紅茶にジャム(イチゴジャムが多い)が入っていることが多い飲み物です。

ロシア語で紅茶は黒いお茶と書いてчёрный чай(チョールヌィチャイ)と言います。ロシア人はとてもお茶が大好きで、紅茶の他にも、コーヒー、ハーブティー、中国茶などたくさん飲みます。

お砂糖の変わりにハチミツやジャムを使うこともあり、これが日本で飲むロシアンティーのことです。ただ現地では、日本で飲むロシアンティーとは少し違います。日本は最初からジャムがカップの中に入っていますが、ロシアでは小皿に入ったジャムをスプーンで食べながら、紅茶を飲みます。これがロシアでの紅茶の飲み方です。

日常的にロシアンティーは楽しむので、マグカップに紅茶を入れ、小皿に入ったジャムをスプーンで食べながらいただきます。

ロシアンティー
再現すると、こんな感じです。

ロシアのおばあちゃん家に行くと、ダーチャ(別荘)で夏に摘んだイチゴなどの手作りジャムを2種類くらいお皿に入っていたりします。それをのんびりとゆっくりいただきます。お茶の時間が大好きなおばあちゃん。紅茶を飲みながら、たくさんしゃべります。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ

これはロシアのサンクトペテルブルク製のティーカップです。とても歴史がある陶磁器のメーカーのものです。運河の街なので、サンクトペテルブルクのイメージカラーがブルー。ブルーは好きな色なので気に入っています。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ
ティーカップの底にはサンクトペテルブルグとあります。

ロシアンティーを久しぶりに飲んでみました。甘酸っぱくて美味しかったです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアでジャガイモの存在は大きいと思います。ロシア産のジャガイモもありますし、ヨーロッパからもジャガイモを輸入しています。

惣菜パンやスープ、メインの付け合わせ、サラダに使用され、ファーストフードでは必ずフライドポテトはソース付きで頼み、ポテトチップスもよく食べるので、とにかく消費量は多いと思います。

メインの付け合わせのジャガイモの調理法もピューレ、フライドポテト、粉吹き芋っぽいもの、炒めた感じのジャガイモなど食べたことがあり、バリエーションが豊富です。

基本野菜は量り売りなので、ジャガイモも同じです。すでに袋詰めされているジャガイモもあり、2キロ〜30キロくらいの袋詰めのジャガイモが売っています。

カップ麺のような感じで、お湯を注ぐとジャガイモのピューレになる商品も日常的に食べます。手軽なので買い物客の多くのカゴの中にはカップのジャガイモピューレが入っています。

留学中にお腹を壊したことがあり、病院に行ったら、お医者さんから、「消化に良いもの食べて下さい。ジャガイモとか。」と言われたので、ジャガイモ好きな私は病院帰りに3キロの袋詰めされたジャガイモを購入。煮たり、ピューレにしたり、サラダにしたり、お腹の調子が悪いにもかかわらず、美味しくてたくさん食べて太ったので、それ以降は一個とか二個とかを量り売りで購入していました。

そしてジャガイモを一、二個入れてスーパーのレジに持って行ったら、レジのおばさんからこんな言葉が、

「これだけで、何作るの?」

「…」

一、二個で購入するお客、いないです。

そして、このレジのおばさんの言葉はとてもロシア人っぽいです。このお節介な感じがロシア人のいいところなのです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア正教の暦でロシアのクリスマスは1月7日です。クリスマスは盛大に祝います。

サンタクロースの記事でもクリスマスについて書きましたが、この時期のイサク寺院の前に飾られる、大きなマロースおじいさんとスネグーロチカとクリスマスツリーは存在感がありました。

12月に本物のもみの木 (ヨールカёлка) が路上で販売され、室内に飾ります。オーナメントもキレイな物がお店で販売しています。クリスマスプレゼントをもみの木の下に飾り、クリスマスになるとプレゼントを開けます。

クリスマスにロシア人の家に招待された時、たくさんの料理でもてなされ、クリスマスに食べるサラダやケーキなどご馳走になりました。

ロシアのクリスマス料理が掲載されている雑誌から
ロシアのレシピ本です。

ロシア人はクリスマスだけではなく、お客様をもてなす時はすごい量の食事を用意してくれるので、いつもお腹いっぱいになります。

クリスマスが終わるとサンクトペテルブルグ音楽院は試験期間です。年末年始の休みは日本より短く、年末もしっかりと授業があり、試験後に1月下旬から2月上旬にかけて冬休みになります。お正月、クリスマスは試験準備で慌ただしいです。

ロシアの作曲家シュニトケのきよしこの夜をアップしました。演奏はクレーメルです。シュニトケの作品を世界に広めたラトビア出身のバイオリニストです。

こういうクリスマスソング、結構好きです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアのクリスマスはロシア正教の暦なので、1月7日です。サンタクロースのことをロシアでは、マロースおじいさんといいます。トナカイではなく、馬がソリを引いていて、マロースおじいさんの見た目はほっそりとしていることが多いです。

ロシアのサンタクロース、マーロスおじさん
これはちょっと太めですが、、、

上の写真は、ロシアの市場で購入したクリスマスのオーナメントです。クリスマスの時期になると、オーナメントがお店に並びます。そして、本物のもみの木に飾り付けをします。ロシア人にとって大切な行事です。

ロシアで購入したクリスマスのオーナメント

このオーナメントは3個セットで購入しました 。右はサンタクロース、真ん中はもみの木、左側は誰?ってなるかもしれませんが、ロシアのサンタクロースには、なんと孫娘がいるのです!名前はスネグーロチカ。スネグーロチカは雪娘です。孫娘のスネグーロチカは、ロシアのオペラの題材にもなっていたりもします。スネグーロチカは、クリスマスにマロースおじいさんを手伝っているらしく、クリスマスカードやオーナメント、街中のディスプレイもマロースおじいさんとセットで並んでいます。

両方ともスネグーロチカのオーナメントです。衣装は雪娘なので、白と水色を基調としたものが多いです。左側の方がロシアの民族衣装っぽいです。

ロシアのクリスマスは、クリスマスツリーや、イルミネーションがとても美しいです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアはサーカスが有名です。ロシア語ではツィールク 「цирк」と言います。ロシアから日本にサーカス団がよく来日しています。去年もサンクトペテルブルグから来日していたようでした。モスクワのサーカス団の方が有名かもしれませんが、サンクトペテルブルグにもサーカス団がいくつかあります。

サンクトペテルブルグはネフスキー通りという一番有名な通りに、サーカスの会場があります。あまり覚えていませんが、円形のピンク色をした建物で三階席くらいまであったような気がします。

街のチケット売場には、よくサーカスのポスターが貼ってあります。シーズンごとに演目も変わったり、出演者も変わります。値段がそこまで高くなかった記憶があります。

客層ですが、子供達が中心に賑わっています。空中ブランコや、熊や象のショーなどがあり、迫力があって楽しめます。以前観た時、調教師がロシア人民芸術家という称号を持っている方でした。サーカスも芸術の一つ、素晴らしいなと思います。しかも、サンクトペテルブルグのサーカスは人数は少ないのですが、なんと生演奏!指揮者もいます。本当に芸術の国です。

私はサーカスが好きですが、サーカスの会場内の雰囲気が大好きです。

会場内では、綿菓子やポップコーンなどのお菓子が販売されていて、ショーの最中でも食べながら観ることができます。休憩中はピエロとの写真撮影ができたり、会場を盛り上げるために可愛らしい光るおもちゃが売っていたり。おばあちゃんに、お菓子などをおねだりしている子をよく見かけました。おばあちゃんにおねだりするのは、日本と同じかもしれないです。

とても明るくて賑やかで、動物やピエロ、お菓子やおもちゃ、子供達の好きな物がたくさんある場所の雰囲気は絵本のような世界。その中にいるだけで楽しい気持ちになりました。また機会があれば訪れたい場所です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアのキャラクターで一番有名なのは、チェブラーシカです。ソ連時代に生まれたチェブラーシカですが、今でもロシアでは根強い人気があり、国民的キャラクターで、日本でいうとドラえもん的存在です。

ロシアではぬいぐるみなど、おもちゃ屋さんで購入することができますし、売店(ロシア語でキオスクと言います。JRの売店のキオスクの由来はここからのような気がします。)でも小さなぬいぐるみなど売ってます。チョコエッグの中身もチェブラーシカのものがあり、スーパーで買ったりしていました。

ロシア製のチェブラーシカのぬいぐるみ
眉毛とれてしまいました。
チェブラーシカのチョコエッグ
チョコエッグのチェブラーシカたち

日本でも映画が公開されたり、グッズも販売されているので、知っている方も多いと思います。以前、100円ショップでも見かけました。

チェブラーシカとは、謎の生き物で、他国から輸入されたオレンジの箱の中から出てきます。ロシアは寒い国なので、色々な果物が輸入されますが、オレンジは比較的安く購入することができ、よく食べます。

チェブラーシカは謎の生命体なので、動物園で飼育もできず、誰にも相手にしてもらえません。でもワニのゲーナなどの皆んなの助けで生活していくというお話です。

そのチェブラーシカの映画の中で、の「お誕生日の歌」というのがあります。ロシアでは有名で本当にお誕生日で歌ったりします。でも、この歌とても暗く、とても悲しい曲です。

残念だけど、お誕生日は年に一回だけ…。とかなりネガティブな内容です。お誕生日の日を祝ったり、喜ぶのではなく、そこに目を向ける?!と思いたくなるような歌詞です。

「水色の列車」という歌も有名です。歌われるシーンは汽車の上です。チェブラーシカとゲーナとパシャクリャクおばさんの3人。ゲーナがアコーディオンを弾きながら歌うシーンは物悲しく、切ないです。何か悟ったような歌詞もワニのゲーナが歌ってると感慨深いです。パシャクリャクおばさんの身振りや、ゲーナが弾くアコーディオンが音楽に合っているのも細部までこだわってていて素晴らしいです!

今回は「お誕生日の歌」をバイオリンで弾いてみることにしました。

アニメも独特な世界観を持つロシア。他にも素晴らしい作品はたくさんあり、まさに芸術です。

バイオリン講師 澤井亜衣

サンクトペテルブルクには、白夜というものがあります。白夜とは 真夜中になっても薄明になっていることです。どのくらい明るいかというと、夜中でも曇っているような天気のような明るさです。

白夜になると、夜中の2時くらいまで明るいので、遮光カーテンがない部屋で眠るのが結構辛かったです。

しかし、辛い記憶だけではありません。白夜になると白夜祭と呼ばれる、音楽祭があります。マリインスキー劇場で行われます。

マリインスキー劇場
マリインスキー劇場

マリインスキー劇場は世界的指揮者、ゲルギエフが監督をしてるマリインスキー管弦楽団が拠点とする劇場です。劇場広場という場所にあり、目の前には音楽院、グリンカやリムスキーコルサコフの像があります。

上の写真はマリインスキー劇場のハガキです。

主に、バレエやオペラを公演する劇場ですが、白夜祭になると普通のオーケストラのみのコンサートやゲストを招いて特別なコンサートも行われます。そして、普段は19時くらいからの開演ですが、たくさんコンサートが行われるため、22時から始まったりします。

白夜祭のプログラム
白夜祭のプログラム

白夜になると、マリインスキー劇場の前にテントが張られ、ビールを飲むことができます。ロシアはお酒と言えばウォッカですが、ビールも有名です。特にバルチカというビールが人気で、テントには大きくバルチカの文字が書かれてありました。

白夜の楽しみは音楽祭だけではありません。この時期になると、夜中の運河クルーズを楽しむことができます。

サンクトペテルブルクは運河の街。クルーズは人気があります。特に白夜の時期は気候がいいですし、この時期しかない夜中のクルーズはとても人気があります。夜中のバスツアーなんかもあります。

ずっと明るいので、気づくと夜中だったりすることもあります。体内時計が狂ってしまうこともあり、辛いこともありますが、サンクトペテルブルクの白夜でしか経験できないこともありますし、長い冬のロシアの貴重な夏は嬉しく、いい思い出です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人は仕事中に笑顔はありません。日本はおもてなしの心があり、常に笑顔でお客様と接していますが、ロシアは真逆。ソビエト時代の名残りなのか、ロシアは寒いから顔が引きつるからなのか、よく理由はわかりませんが、笑顔はありません。

でも、笑顔で仕事をしていると不真面目に見えるから。という説を聞いたことがあります。ホテルマンも店員も仕事場で笑顔の人を見た事がありません。最初の頃はその光景が不自然に見え、不機嫌なのかなと思っていました。

印象に残っているのは、ロシアのキャンペーンガール。留学当初はキャンペーンガールのような仕事をしている人(社会主義だったからかも)がいませんでしたが、留学生活の最後の方は徐々に増えてきていました。

スーパーでスタイルが良く、美人な女性が飲み物の試飲会を行なっていた時のこと。真顔で、「ドリンクいかがですかー?」と慣れない手付きですすめてきました。美人なロシア人に真顔でじっと透き通るような目で見つめられて、ドリンクをすすめられると、結構威圧感があり、正直怖かったです。

でも、ロシア人から見たら、日本のおもてなしはおかしく見えるのだそう。

常に笑顔なのが怖いとか、お店に誰もいないのに「いらっしゃいませ〜」「どうぞご覧くださいませ〜」とか誰に向かって言っているのかが正直、気狂いっぽい。とロシア人から言われたことがあります…そう考えるとそうかもしれません。常に何かどこかに向かって喋っている感じはあります。

では仕事以外での場面ではロシア人は笑うのか?

もちろん笑います!仲良くなればなるほど、笑顔で会話してくれます。バイオリニスト、アナスタシア先生も自分が言ったことに対して、ケラケラずっと笑ってた記憶があります。

そんな仕事中笑わないロシア人から(バイオリンの先生)、留学中に私が言われた言葉。

「あなたは、笑わないわね。」

「…」

返す言葉もなかったです。緊張症な私は、なかなか笑えずにいました。ロシア人に言われるなんて、相当なものです。その時に「笑わないんじゃなくて、笑えないんです!」と言いたかったけど、ロシア語でうまくニュアンスが伝えられずに、黙ってしまいました。

さすがに、仕事中に笑わないロシア人から言われた言葉にショックを受け、できるだけ笑顔を心がけてはいますが、なかなか難しいと今でも思っています。常に笑顔のコツ知りたいです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアのお土産で一番人気はやはりマトリョーシカだと思います。

日本に一時帰国する際には、友人や家族にマトリョーシカを持ち帰っていました。マトリョーシカは小さい物から大きい物、絵柄等色々ありすぎて、よく分からないという方の為に色々なマトリョーシカ、そして購入場所や気を付けたいポイントなど書いていきたいと思います。

マトリョーシカとは、ロシアの民芸品です。

作家のサインが書いてあるマトリョーシカ
マトリョーシカ

値段ですが、中にいくつ入っているかによって違います。やはり、個数が多ければ多いほど高いです。そして、小さいマトリョーシカで中の個数が多い方がさらに高くなります。製作者の技術が必要になるからです。作家もののマトリョーシカも値段が高くなります。作家ものは、マトリョーシカの底にサインが書かれてあります。逆にサインが書かれてないもの、底まで色が塗っていないものは、安く購入することができます。

小さいマトリョーシカ
一番大きい部分が3.5cmのマトリョーシカ。小さくて中を開けるもの結構大変です。

絵柄ですが、色々あります。ロシアの歴代大統領、ロシアのキャラクターのチェブラーシカ、クリスマスの絵柄やハリーポッターなんかもありました。

一般的に人気の高いマトリョーシカは、赤いマトリョーシカなんじゃないかなと思います。ロシアでは赤は縁起がいい色。イチゴ柄なんか多く売られており、ロシアらしさが伝わるマトリョーシカです。

サンクトペテルブルグカラーのマトリョーシカ
両端はイチゴ柄、真ん中はサンクトペテルブルグのイメージカラーのブルー

サンクトペテルブルクは運河が流れているので、青が街のイメージカラーなんだそうです。もし、サンクトペテルブルクでマトリョーシカを買うなら青いのもオススメです。サンクトペテルブルグで売られているマトリョーシカには、お腹のあたりに観光名所の跳ね橋が描かれているのもありました。

ロシアの他の街のマトリョーシカのことはよくわかりませんが、ご当地マトリョーシカがあるのかもしれません。

購入場所ですが、ホテルの売店、お土産屋さん、市場などで購入することができます。

売店やお土産屋さんは、比較的値段高めですが、作家ものや丁寧に絵柄が描かれているマトリョーシカが多く売られています。たくさん購入すれば、割引きしてくれるお店もあります。

市場は、交渉次第ではかなり安く購入することができます。ロシア語ができなくても、外国人観光客が来るので、お店の人は英語が話せる人が多いです。話せば話すほど安く購入できますので、値切った者勝ちだと思います。

ただ市場で気をつけて欲しいことは、ちゃんとマトリョーシカの中身がいくつ入っているか確認すること。たまに、お店で書かれている個数と実際買った商品の数が合わないなんてことがあります。安くは購入できますが、しっかり見極めなければなりません。

どちらも、良い面、悪い面があるので、自分の予算等に合った場所で購入することをオススメします。

ちなみに私のお気に入りのマトリョーシカはこちら。

マトリョーシカ
ホームページの「よくあるご質問」の写真に使用しました。

参考にしていただけたら、嬉しいです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人はよく卵を食べます。そして、よく買います。卵料理も好きですし、クレープやパン、お菓子にも使用するので、沢山買っていく人を良く見かけます。

日本だと、個数の少ないパックも売られていますが、当時ロシアでは10個パックが一番少量だった気がします。30個パックとかも売られています。

ロシアで卵はあまり新鮮ではなく、なぜか出荷されてから、2週間くらいたったものが売られています。1週間くらい前のものだったりすると「今日はラッキー!」と思うくらいです。品質には問題ないのですが、新鮮な卵はおいしい!みたいな先入観が私はあるせいで、(お菓子などは古い卵を使用する方がいいらしいです。)日付をかなり気にしながら購入していました。

それから、ロシアで卵を購入する際に気を付けて欲しいことは必ずパックを開けて卵が割れていないか確認することです!(パックが透明ではなかった)結構割れていることが多いロシアの卵。それも一個だけではなく、ほぼ全部割れていたり。確認を怠ると家に帰ってきた時にかなり凹みます。私は学習能力がないので、何回かこの経験をしました。スーパーの卵がほぼ割れていて買えなかったこともあります。これは、さらに凹みます。

以前、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」でバイオリニスト神尾真由子さんもロシアでは卵を割れていないかチェックするとおっしゃっていた記憶があります。

本題のビックリする話なのですが、当時、同級生から卵に関する話を聞きました。同級生が市場で卵を購入した時の出来事。家に帰って、パックを開けたら、

ヒヨコが入っていたらしいです、、、。

ヒヨコは息をしてなかったようです。その時、私は作り話なんじゃないかと思ってしまいました。(同級生の友達、当時は信じられなくてごめんなさい。)

その後、留学時代の最初の頃、お世話になった日本人の方とお会いする機会があって、たまたま卵の話題になった時、その方も同じ経験をされたとおっしゃっていました。しかもそのようなことが2回あり、ヒヨコが入っていた、、、。と伺いました。

本当にあるんですね、、、こんなこと。

日本では生卵を食べますが、ロシアでは生で食べる習慣がなく、生では食べられません。卵の種類は多く、ヨード卵なんかも売ってます。

ロシアでは、必ず卵はお店で確認してください。

バイオリン講師 澤井亜衣