コンテンツへスキップ

ロシア料理にピロシキという食べ物があります。日本でもパン屋さんなどで見かけた方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に説明すると、パン生地の中に具が入っている、いわゆるお総菜パンです。

このピロシキですが、本場ロシアで食べるピロシキと日本で食べるピロシキはかなり違います。ロシア語でピロシキは「пирожки」(複数形)と書き、発音はピラシキーと最後をのばして発音します。ロシア語は単数形と複数形があり、単数形の場合、ピロシキは「пиражок」ピラジョークと発音します。

ロシアのピロシキと日本のピロシキは何が違うか?

春雨は入っていません!

どこのパン屋でピロシキを食べても何故か春雨が入っているのですが、おそらく日本風にアレンジしたのではないかと思われます。
そして、ピロシキの生地は日本では油で揚げていますが、ロシア(サンクトペテルブルク)では揚げずにオーブンで焼きます。

これは、地域によって違うようです。私が住んでいたサンクトペテルブルグはヨーロッパ側だったので、パン生地がオーブンで焼いた物だったのですが、シベリア側の方は、油で揚げるそうです。

サンクトペテルブルグでは油で揚げたピロシキを売っているのを見たことがありませんでした。日本で売られているピロシキはシベリア側から伝わったのかもしれません。(私の勝手な憶測ですが。)

ピロシキはカフェや屋台、音楽院の食堂、美術館等の軽食が食べられる場所などで売られています。ロシア人は小腹が空いた時や、ランチにスープやサラダなどと一緒に食べます。

そして、日本で売られているピロシキは一種類で具材はひき肉ですが、ロシアでは色々な具材のピロシキが売られています。中身はお肉はもちろんのこと、お米、キャベツ、卵、キノコなどがあります。甘いピロシキもあり、リンゴが入っているものもあります。私は甘い物が好きなので、リンゴのピロシキをよく食べていました。キャベツ入りのお総菜パンは珍しいですし、炒めたキャベツが入ったピロシキは甘みがあるのでオススメです。

カフェに入るとパン屋さんみたいに色々なピロシキが並んでいるので、「~入りのピロシキ下さい。」というと、店員さんがお皿にのっけて出してくれます。

ロシアでは、パイやピロシキなどのお総菜パンがたくさん売られており、ロシア人は大好きでよく食べます。

日本で売られているピロシキに近いロシアのお惣菜パンがあります。ベリャーシ「беляш」というもので、揚げたパン生地の中にお肉が入っているパンです。少し油っこいですが、美味しいです。カフェでもよく見かけるので、ロシアに行く機会がありましたら、色々なお総菜パンを食べ比べてみて下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

今回は蚊について書いていきたいと思います。ロシアにも蚊がいます。刺されると日本の蚊より痒いのでやっかいです。
ロシアの蚊は、少し大きく、色は、

茶色です!

ロシアは5、6月がとても穏やかで、いい気候なので、窓を開けたくなります。しかし、その時期に蚊が発生します。

ペテルブルグは都市ではありますが、運河があったり、オゼルキー「озерки」という湖を意味する駅があったりと、勝手に思っているだけかもしれませんが、蚊は多いのではないかと思います。

私はロシアの蚊には、苦い思い出があります。留学して初めて初夏を迎えた頃、蚊の存在を知らず、あまりにいいお天気だったので、寮の窓(音楽院の寮に住んでいました)を開けて過ごしていました。窓は寒さを凌ぐため、二重窓になっており、外側の小さい窓には網戸が張られていました。私はその小さい窓を開けて日中過ごし、夜は気温が下がるのと、治安の事も考えて閉じて寝ることにしました。

ベッドに入ってから数時間したら、

ブ~ン、ブ~ン

と蚊がいることが発覚!網戸は張ってあったにもかかわらず、とても古い寮なので、隙間から侵入してきたのです。虫が苦手な私は捕まえる気にならず、無視して寝ようとしましたが、かなりうるさかったので寝られません。明日寝不足になって、ボーッとしてパスポートを盗られたらどうしよう。(パスポートは外国人は警察に呼び止められることがあるため、外出する際は必ず持ち歩きます)という不安が過ぎり、起き上がって捕まえることにしました。

最初はかなり苦戦しましたが、何とか捕まえてホッとして、また寝ると、耳元でブ〜ンと囁きだしました。なので、また起き上がって蚊を捕まえました。その作業を夜明けに3回ほど繰り返し、その日に捕まえた蚊はなんと8匹。(部屋は5畳くらいの大きさです)でも、何とか眠ることができ、次の日も無事に過ごすことができました。人間いざとなったら、嫌なこともするもんなんだなと思った出来事でした。少し大げさですが。

その話を先輩にしたら、コンセントに挿すと蚊が寄ってこない商品があるということ。日本だとベーブのような物です。速攻買いに行った事を覚えています。かなり効果がありました。緑の液体でしたが、かなりの香料のにおいがするので、どんな薬品を使っているのかわかりません。身体に悪いかもしれないと、2回目はセンシティブと書かれたピンクの液体の商品を購入しました。(それでも結構におうのですが)色んな種類の蚊を撃退する商品はたくさんあるので、夏場はこういう商品に頼ることをオススメします。

ロシア人にとって蚊は身近なのかもしれません。ロシアの民族楽器で結成されているオーケストラを聴きに行った時、題名は忘れましたが、蚊をテーマにした曲を聴いたことがあります。蚊が飛んでいるような音を民族楽器で演奏していました。その演奏を聴いた時は寮の出来事を想像してしまいました。色んなことや物を音楽で表現することができる可能性を改めて感じた瞬間でした。

蚊以外はロシアの夏は過ごしやすいです。ロシアの夏はオススメです。

バイオリン講師 澤井亜衣

この前、知り合いの方から、ロシアのお土産でカンフェティをいただきました。ロシア人が大好きなお菓子です。

ロシアのお菓子コンフェティ

カンフェティを辞書で調べてみると、

ロシア語辞書
カンフィェータは単数形です。この単語は複数形で使うことが多いです。

飴とか書かれていますが、実際は

ロシアのお菓子コンフェティ

チョコ菓子です!

カンフェティは、スーパーでは袋詰めで売られていて、お菓子屋さんに行くと、色々な種類のカンフェティがズラーっと並んでいて、量り売りで購入することができます。ショーケースに並んでいるカラフルな包装紙は見ているだけでも、とても楽しいです。

カンフェティはチョコ菓子と書きましたが、中にキャラメルっぽいもの?やウェハースが入っていて、種類によって少し違いがあります。

今回いただいたのは、直訳すると、赤い10月(クラースニィーアクチャーブリ)красный октябрьという、確かモスクワの有名なお菓子会社のカンフェティです。このカンフェティの名前はつばめ(ラストーチカ)ласточкаという名前のようです。包装紙の右側に会社名が入っているのですが、赤い10月という社名ということで右側は赤くなっています。左側は見えにくいかもしれませんが、ツバメが小さくプリントされています。あまり鳥の名前の付いた日本のお菓子はないですし、デザインも日本にはない感じで、文化の違いが感じられます。

ロシアのお菓子コンフェティの包み紙

ロシア人はとてもお茶の時間が好きです。お菓子も大好きなので、カンフェティはどこの家庭にもあります。ロシア人の家でお茶をいただくと、色々なお菓子を出してくれます。その中に必ずカンフェティは入ってます。色々なカンフェティが出てくるので「これが美味しいのよ」とか「これは私が好きなカンフェティ」とか教えてくれます。

基本的にカンフェティはどれを食べても、とても甘いです。ロシア人の紅茶は砂糖入りですが、無糖の紅茶と食べることをオススメします。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人にとって夏は好きな季節です。
とても冬が長いからだと思います。

私が通っていた音楽院の夏休みは、7、8月と2カ月程ありました。
社会人も日本人に比べてロシア人の方が夏休みは多いと思います。
ロシア人の夏休みですが、ダーチャで過ごす人が多いです。
ダーチャとは別荘のことを言います。

別荘と聞くと富裕層しか持っていないイメージが日本にはあるかと思いますが、ダーチャを持っている人は結構います。サンクトペテルブルグはアパートばかりなので、一軒家のダーチャで夏を過ごすのは楽しみの一つなのかもしれません。

サンクトペテルブルグから郊外までは車や、電車も通っていいるので、30分~1時間くらいでダーチャのある郊外へ着くことができます。ダーチャの庭でハーブなどを育てたりもします。 育てたハーブなどは、おばあさんたちが、サンクトペテルブルグの地下鉄の駅前などで売っているのを夏になるとよく見かけます。
ダーチャの周りは自然も多いので、バーベキューや、木いちご狩りなども楽しめます。友達がダーチャで木いちご狩りをしたからと、ジャムを作ってくれたことがありました。新鮮な木いちごでできたジャムは、とても美味しかった記憶があります。

夏に収穫した果物は、一年分のジャムにしたりします。紅茶と食べたり(いわゆるロシアンティー)、クラッカー、クレープやパンなどにのせたりして食べます。とても甘いです!日本のレシピだと、お砂糖が果物に対して半分くらいの量ですが、ロシアは果物と同量かそれ以上お砂糖を入れます。その方が保存期間も長いですし、甘いのが好きだからです。

普通のスーパーでも、お砂糖は5キロや10キロ単位で売っていたりします。お砂糖の種類はなぜか、上白糖はなくグラニュー糖です。私は、上白糖売っているを見たことありませんでした。

サンクトペテルブルグもとても良い街ですが、少し離れると、クロンシュタットやパブロフスクなど、良い街があります。ゆったりとしていて癒される場所です。夏のパブロフスクの緑はとても豊かです。
もしロシアに行く機会がありましたら、訪れて見て下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣


ロシア語で、魚の卵のことを「イクラー」икраと言います。発音はラーは巻き舌になります。

日本語で鮭の卵のことをイクラと言いますが、ロシア語から来ています。最近はよくテレビなどでもこの事は取り上げているので、ご存知の方も多いかもしれません。ロシアの友達に日本語でもイクラって言うんだよ。って言うと、びっくりされます。

イクラーだけではロシア語だとただの魚の卵なってしまうので、鮭の卵と言いたいときには、ロシア語で赤いという形容詞をつけて、赤い卵クラースナヤイクラー。красная икраそれから、ロシア語で黒いという形容詞をつけると黒い卵チョルナヤイクラーчёрная икраはキャビアという意味になります。

ロシア人は魚の卵は大好きで、パンやクレープなどにのっけたりしながら、食べています。ロシアも主食にのっけて食べます。家庭でも食べますが、クレープ屋さんにいくとメニューの中にトッピングでイクラやキャビアがあります。キャビアのトッピングはかなり値段が高かった記憶があります。私はキャビアを注文をしている人を見たことがありませんでした。

ポテトチップスにもイクラ味やキャビア味があるくらいです。イクラ味のポテトチップスを食べたことありますが、味はイクラ味か正直わかりませんでしたが、美味しかった記憶があります。

ロシアにあったのかもしれませんが、たらこは生でも冷凍でも私は見かけたことはありませんでした。唯一、缶詰めがあったので、購入して食べましたが、薬品みたいな味で美味しくありませんでした。缶詰めのたらこは、白っぽく、卵の粒がかなり小さかったです。

イクラはスーパーや市場で量り売りで購入できます。大きなスーパーに行くと、二、三種類イクラが売ってます。日本だと、イクラは大きい粒の方が美味しいイメージがあって値段も高いと思うのですが、ロシアは逆。小さい粒の方が値段が高かったです。理由はよくわからないのですが。もともとイクラ自体の値段も高いし、大きい粒のイクラの方が美味しそうに見えるので安いイクラを購入していました。

ロシア人は日本食がとても大好きです。ロシア料理が脂っこくてカラダに悪いと思っている方達が多く、日本食はヘルシーだし美味しいと言ってくれます。ロシアにはお寿司屋さんもたくさんあり、ネタにはイクラもあります。

学生の頃、ロシア人に日本食を作る機会がありましたが、イクラも具材になる手巻き寿司は好評でよく作っていました。ロシア人にとって、自分で作って巻いて食べるのも楽しいみたいでした。

でも、手巻き寿司で、イクラより人気だった具材は、甘めの卵焼き。ロシア料理は砂糖が入っている料理はないため、卵焼きを初めて食べるロシア人はその味に驚いて「調味料、何が入ってるの?」と必ず聞かれていました。甘いのが好きなようです。

もう10年以上前の話なので、参考になるかはわかりませんが、おそらくロシア人達は日本食が好きなことは変わっていないと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアにクワスという飲み物があります。ロシア語には「ワ」の発音がないので、ロシア語っぽく発音すると、「クヴァス」となります。

どんな飲み物かというと、発泡性果実飲料で色は茶色です。
ロシアでは黒パン(ライ麦パン)をよく食べるのですが、熱湯に黒パンや色々な果物を混ぜて発酵させるとクワスができます。

とても栄養価の高い飲み物らしいです。
夏によく飲みます。なぜなら、夏になると駅前でクワスを売るからです。(一年中ペットボトルでスーパーでは手に入ります。)紙コップで一杯いくらで売ってくれます。サーバーから入れてくれるクワスはビールみたいな感じです。

私は、山岸涼子さんのロシアのバレエを題材にした漫画「アラベスク」で主人公のノンナがクワスを飲んでいたことでクワスのことを知りました。とても美味しそうに思ったので、アナスタシア先生に「クワスは美味しいですか?」とお尋ねしたところ、「おいしい!コーラみたいな感じ」とおしゃっていましたし、「夏は子供はクワス。大人はビール。体にもいいし。」ともおっしゃっていたので、ますますクワスが飲みたくなり、絶対にロシアに行ったら、クワスを飲みたい!と思っていました。

アラベスクのロシアの飲み物クワス
ロシアがどんな国か知りたくて学生の頃、漫画を読んでいました。

ロシア留学の最初の夏に、音楽院の最寄り駅のセンナヤ広場で初めてクワスを飲みました。味は、酸っぱく、炭酸もあんまりない感じで、私にはイマイチでした。もしかしたら小さい頃から飲んでいると、日本の甘酒のような感じで、癖もなく飲めるのかもしれません。ロシアのバイオリニスト、ミルシテインも好きだったようです。

他にもロシアの飲み物で、モルス(МОРС)というものがあります。
私はこの飲み物は好きでした。これはキイチゴやスグリ、ブルベリーなどが入った、ベリー系のジュースです。
そのままで食べると酸っぱいので大量の砂糖(ロシア人はお砂糖をたくさん使います。)を足して水で割って飲みます。スーパーで紙パックに入ったモルスも購入できますが、ロシア人自家製のものの方が果肉も入っていて美味しいです。

どんな味かというと、アセロラドリンクに似ています。

ロシア人の友達が日本にやって来た時に、モルスが飲みたくなって、似たようなものを探していたら、アセロラドリンクがモルスに似てるから、スーパーにある在庫を買い占めた。と教えてくれました。おそらくロシア人が言っているので間違いないと思います。
それから、モルスが酸っぱい飲み物なので、ロシア人は結構酸っぱめのジュースが好きです。なので梅ジュースとかもオススメすると喜ばれます。ロシア人が梅ジュースが好きなのは、結構意外でした。モルスが飲みたくなったらアセロラドリンク飲んでみようと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

バイオリン教室ノータの演奏動画を載せるにあたって、どの曲にするか随分悩みましたが、私がロシアの作曲家が好きなこともあり、チャイコフスキーのメロディにしました。

おそらくロシアの作曲家の中で一番有名なのはチャイコフスキーかもしれません。バレエ「白鳥の湖」や「眠れる森の美女」、交響曲や協奏曲、色んな編成の作品を数多く残しました。

チャイコフスキーは旋律の魔術師と言われるのですが、本当にメロディーが美しいです。でも、それだけではありません。チャイコフスキーは、音階(ドレミファソラシド)のようなシンプルな音の配列で、魅力的な作品を創り出します。それが魔術師と言われている一つの理由だと思います。

ただ、チャイコフスキー自身は西洋の音楽に憧れを持っていたため、少しロシア風の土臭い音楽が作品から抜けない旋律に少し戸惑いを感じていたかもしれません。でも、それが彼の作品の魅力だと思います。

チャイコフスキーはサンクトペテルブルグ音楽院の第一期生です。その後、モスクワ音楽院で教鞭をとります。(ちなみにモスクワ音楽院の正式名称はチャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院です。)

チャイコフスキーは同性愛者だったのですが、音楽院の生徒ミリュコーヴァに熱烈なアプローチを受けて結婚します。しかし、うまくいかず結婚生活は約2週間。その時に精神的に支えたのが、パトロンのメック婦人です。。メック婦人はチャイコフスキーの才能を高く評価し、金銭的に援助をしました。メック婦人とチャイコフスキーは手紙でのやりとりだけで、生涯会うことはありませんでした。メック婦人はチャイコフスキーに対して、恋愛感情があったとも言われています。

メック婦人は、結婚生活に苦しんでいたチャイコフスキーに休養のために、スイスにある別荘を貸します。その時に作曲したのが、このメロディです。
メロディは「懐かしい土地の思い出」という作品の中に入っていて、瞑想曲、スケルツォ、そして三番目の曲がメロディになります。

チャイコフスキーのメロディ楽譜。ペテルブルグで購入
ペテルブルグの出版社のメロディの楽譜。

別名チャイコフスキーのメロディともいわれる作品は本当に綺麗です。
こんなにシンプルなのに、綺麗と思わせる曲はなかなかないと思います。
無駄な物をすべて排除していて、決して派手さはありませんが、心に残る曲です。
作曲者が精神的に苦しんだからこその、研ぎ澄まされた旋律だと思います。

特に好きなところは最後。ゆっくりな曲は最後の音符が長いことが多いのですが、この曲は他の曲に比べて短いです。それが逆に印象に残ります。 美しいメロデイだからといって名残惜しむように長い音符にしないところが、とてもはかない感じで好きです。

チャイコフスキーのメロディの楽譜。
最後のミの音は四分音符。1つ数えます。
チャイコフスキーのメロディ

でもこの曲、やさしそうに見えて、本当に難しいです。チャイコフスキーはヴァイオリンが弾けなかったようで、ヴァイオリンで弾きやすいようには作曲されていないからです。
彼が作曲したヴァイオリンのコンチェルトは偉大なヴァイオリニスト、アウワーに「演奏不可能」と言われてしまったほど。コンチェルトほどではありませんが弾きにくいです。
でも弾きにくくても、弾きたいと思わせるような作品です。
そのくらいの素晴らしい作品です。

バイオリン講師 澤井亜衣

前回、ミュートを使用した音を載せましたが、今回は曲の中で実際にミュートを使用しているおすすめの作品を紹介したいと思います。

プロコフィエフ作曲のバイオリンソナタ第1番ヘ短調作品80の第1楽章です。
このソナタは4楽章から成っています。どの楽章もおすすめではありますが、ミュートの効果が一番わかりやすいのは第1楽章だと思い、今回載せることにしました。このソナタの2楽章以外はすべて、ミュートを使用して演奏する箇所があります。

プロコフィエフ(1891~1953)はソビエトの作曲家で、サンクトペテルブルグ音楽院で作曲やピアノを勉強しました。
1番のソナタは彼の晩年の作品です。バイオリニストのオイストラフに献呈されています。

ミュートは第1楽章の後半で使用されます。

プロコフィエフバイオリンソナタ第1番第一楽章のミュート着ける場所
プロコフィエフのバイオリンソナタの楽譜

上から2段目のところにcon sord.(弱音器を使用)と表記があるのでその前の間奏のところでミュートを装着します。
ミュートを着けるところにfreddoと表記があります。冷たいという意味がある楽語です。作曲者は、ここで音色を強く変えたかったために、ミュートを使用したと思います。
プロコフィエフは、この場所をオイストラフに「墓場にそよぐ風のように」と語ったようです。彼は、第一次世界大戦、第二次世界大戦を経験し、「死」については考えたくなくても、考えざるを得ない環境にあったと思います。

そして晩年のプロコフィエフも病気を抱えていたため、仕事のスピードは遅くなり、自分自身の「死」もそう遠くはないと思っていたはずです。
プロコフィエフの葬儀では、オイストラフがこのソナタの一楽章と三楽章を演奏しました。決して派手さがある作品ではありませんが、内的な美を感じます。

プロコフィエフに献呈されたオイストラフの演奏を聴いていただきたいと思いアップしましたが、古い音源のため、ミュートの音の変化がわかりづらいかもしれないのと、ミュートの着ける場面も載せたかったので、もう一つ、アリョーナ・バーエワの演奏もアップします。

アリョーナ・バーエワは、ロシアのモスクワ音楽院で学んだ若手バイオリニスト。私が学生の頃、有名なエドゥアルド・グラチ教授の秘蔵っ子として、ロシアではすでに有名でしたが、現在は、日本にも度々訪れ、世界的なバイオリニストになっています。アリョーナさん、5分くらいするとミュートを着けて演奏するので注目して下さい!(オイストラフも5分くらいのところでミュート着けてます。)
バイオリン講師 澤井亜衣

文章を書くのが苦手な私がブログを書き始めた理由の一つとして、
生徒様とレッスン後に会話をする中で、ロシアでの留学生活が話題になった時、
「先生、ロシア留学の経験をブログに書いたらいかがですか?」と言われたからです。
確かに、私がロシアへ留学したいと思っていた頃(かれこれ15年以上前の話になりますが。)なかなか情報が得られず、苦労した記憶があります。現在はその時に比べたら、情報量は多いと思いますが、語学留学にくらべて音楽留学の情報は少ないと思うので、古い情報でもあった方がいいのでは?と思い書くことにしました。

私が通っていた学校は、ロシアの第2都市サンクトペテルブルグにある音楽院です。
正式名称はロシア国立リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院です。
ロシア語だと санкт-петербурская государственная консерватория имени Н.А.Римского-Корсакова と書きます。
私は音楽院の外国人本科というところに在籍していました。本科は5年生で、日本でいうと大学のようなところです。
その他にも様々なコースがあり、本科に入る前にロシア語、実技などの授業が受けられる外国人留学生のための予備科、短期留学されたい方、好きな授業のみ受講できる研究科、大学院がありました。

サンクトペテルブルグ音楽院の写真
サンクトペテルブルグ音楽院

音楽院の前にはマリインスキー劇場、隣にはロシアの作曲家、リムスキー=コルサコフの像とグリンカの像があります。少し歩くと、他にもコンサートホールや音楽院の付属学校もあります。ここは劇場広場という名前が付いていて、学生にとってはとても恵まれた環境にある場所です。
とてもいい場所ですので、もしロシア旅行の際には足を運んでみて下さい。

今月18日(土)に鶴川のロワゾーブルーにて演奏させていただきます。
20:00~、21:00~、22:00~の3ステージになっております。
お時間がありましたら、是非お立ち寄りください。

バイオリン講師 澤井亜衣


はじめまして。大人のバイオリン教室ノータ、バイオリン講師の澤井亜衣です。
バイオリン、音楽全般、ロシアなどについて書いていきたいと思っています。

私はロシア音楽が好きで、ロシアに留学しました。帰国して10年が経とうとしています。5年間のロシアの留学生活もブログに綴っていけたらと思います。

ロシア音楽、と先ほど書きましたが、ロシア人作曲家のクラシック音楽全般が好きです。特にプロコフィエフ。暗いようで明るい、明るいようで暗い、不思議な音の組み合わせが独特で、そして作品の一つ一つに物語性があるような気がします。
ロシア音楽はCM曲として使用されることがよくあります。例えば、ソフトバンクのCM曲はプロコフィエフのバレエ音楽「ロミオとジュリエット」やチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」が使用されていました。
JRの奈良のCMもロシア人作曲家ボロディンのオペラ「イーゴリ公」が使用されています。おそらく奈良のCMが始まってからずっとこの曲が使用されていると思います。でもCMが新しくなるたびに、少しずつアレンジや編成が変わっていて、進化してるなあ。と思いながら、いつも楽しみながら見ています。

右がプロコフィエフ。左はロシアの有名なヴァイオリニストオイストラフ。 二人ともチェスが好きだったようです。

近くて遠い国と言われるロシア。たぶん日本にあるロシアを探せていない部分もまだまだたくさんあると思います。

5月18日(土)に鶴川にある、ロワゾーブルーにて演奏させていただきます。
お時間がありましたら、是非お立ち寄りください。

バイオリン講師 澤井亜衣