コンテンツへスキップ

ロシア出身のソプラノ歌手、アンナ・ネトレプコがやってきます。

アンナ・ネトレプコ日本に来日

サンクトペテルブルグ音楽院の出身で、今では世界的なソプラノ歌手になりました。ソチオリンピックで歌っていたので、知ってる方は多いのではないのでしょうか?とても人気な歌手です。

サンクトペテルブルグ音楽院の目の前にマリンスキー劇場という主にオペラとバレエを上演する劇場があり、音楽院を優秀な成績で卒業した音楽家は、マリインスキー劇場の歌手として活躍している方が多いです。ここでソリストとして抜擢され、劇場の総責任者のゲルギエフに認められると、演奏旅行をする際に同行し、成功を収めると世界中で人気になります。美貌と実力を兼ね備えた方達が多く、アンナ・ネトレプコもその一人。私が留学していた頃でも世界ですでに人気でほぼロシアにおらず、特別な演奏会のみネトレプコが登場していました。同じ演目でもネトレプコが出る時と出ない時ではお値段がかなり違いました。

アンナ・ネトレプコ戦争と平和
プロコフィエフの「戦争と平和」のポストカード。

女優さんと言ってもいいくらい綺麗な方です。アンナ・ネトレプコの「戦争と平和」のナターシャ役には、かなりの定評がありました。

ロシアオペラはあまり日本では馴染みがないかもしれませんが、聴く価値はあると思います。
ということで、どんなものがおススメか書いてみました。

☆歴史好きな方におすすめ

・ボリス・ゴドノフ、イワン・スサーニン、セミョーン・カトコ、ホヴァンシチナ。

☆ロシア文学がお好きな方におすすめ

・エフゲニー・オネーギン、鼻、戦争と平和、スペードの女王。

☆幻想的で華やかで、わかりやすいのがいい方におすすめ。

・サトコ、雪娘、ルスランとリュドミラ、イーゴリ公

☆現代音楽や奇抜さを求める方におすすめ。

・3つのオレンジへ恋、鼻、ムツェンスク群のマクベス夫人。

☆オペラにあるよくありがちなドロドロな恋愛ものを観たい方におすすめ。

・ムツェンスク群のマクベス夫人、エフゲニー・オネーギン

私がおススメするロシア人歌手はイリーナ・マターエヴァさんです。

当時、マリンスキー劇場のアカデミーという若手のオペラ歌手として活躍していました。
エフゲニー・オネーギンのタチアナ役がぴったりでした。この方も本当に綺麗な方です。
マターエヴァさんが本当の少女のようで、感動したのを覚えています。
youtubeにありました!

マターエヴァさんのエフゲニー・オネーギンの「手紙の場」は惹きこまれます。

バイオリン講師 澤井亜衣

コンサートのパンフレットは年々溜まっていきます。
その一部を紹介したいと思います。

曲目の解説もしっかり書いてあるので、どんな曲か分からない時に読み返すと役に立ちます。
あとはコンサートプログラムを考える時なんかも構成など参考になります。
演奏者の作品に対する思いや、当日のコンサートに向けての気持ちなども書いてあって興味深いです。
舞台上ではトークコンサートでもない限り、演奏家の気持ちがわからないので、パンフレットに意気込みなど書かれていると、コンサートがますます楽しめます。

ムター、バイオリンコンサートのパンフレット
一度は行ってみたかったムター。日本で聴くより安かったのでロシアで聴きました。

お気に入りの演奏家は大事にとっておきたいですし、オペラやバレエのプログラムはカラーだったり、
昔の上演していた舞台や衣装などの貴重な写真も載っているので写真集みたいです。

上の写真のパンフレットはロシア語と英語で書かれています。

久しぶりに見ると、こんなコンサート行ったなとか、音楽家の写真が若い!とかパンフレットを整理してるのに、見てしまい、結局整理できないなんてことも。

ロシアでのコンサートではチケット料金にパンフレット代が含まれていないため、別途購入します。
とても小さな薄いプログラムであれば、当時は40円から50円くらいで購入できました。
有名人のコンサートや白夜祭など大きなコンサートプログラムだと400円~600円くらいです。
気に入ったコンサートだと思い出に購入していました。

日本で聴いたサンクトペテルブルグ・フィルハーモニーのパンフレットとロシアで聴いたフィルハーモーニーのパンフレット。比べてみると少し雰囲気が似ています。

マスレニツァという三月にあるロシアの春を祝うお祭りの時に行われたマリンスキー劇場のフェスティバルのパンフレット。ページをめくるとロシアオペラなどフェスティバルで公演する演目詳細が載っています。上の写真はー「サルタン王の物語」の写真。ロシアオペラは衣装がとても豪華です。この時期はロシア音楽がたくさん演奏されます。

こちらは、先生が日本でコンサートをされたときのパンフレット。生徒さんが古本屋さんで見つけてくれて、プレゼントしてくれました。オフチャレク先生、若い!そして楽しそうに仲間と映っているのが印象的です。

バイオリン講師 澤井亜衣

私がロシアに留学していた時代はソビエト崩壊から10年くらいたってからでした。

ソビエト時代の音楽教育は、とてもレベルが高かったと言われています。
その時代の厳しい音楽教育を受けてこられた音楽家がサンクトペテルブルグ音楽院で後進の指導にあたっていました。私の習っていたオフチャリク先生はご高齢で、ショスタコーヴィチやムラヴィンスキーと親交が深かったといえば、何となく先生の若かりし頃の時代がどんなだったかわかるかもしれません。

サンクトペテルブルグ音楽院はロシアで最古の音楽院でとても伝統のある学校ですが、その一方で時代にそぐわないこともあります。良いも悪いも背中合わせと言ったりしますが、まさにその言葉が当てはまるのがロシアで最も古いサンクトペテルブルグ音楽院になるわけです。その伝統のある演奏法や演出についてはまたの機会にお話したいと思います。

今回のテーマはレッスンの方法について。

4年生になると、教授法という授業があります。弦楽器の先生が教育について語られるのは、日本の授業では珍しいので、貴重な経験でした。

教授法では、何を勉強するのか?

バイオリンを始める時期を考えたり、演奏の仕方をどのように教えるか?世界ではどのように教えているのか?などを学びます。もちろんロシアの演奏スタイルについても学びます。有名なロシアの音楽家たちのエピソードを聞けるのも楽しかったです。

授業を受けているとき、私の先生のレッスンの話題になりました。

教授法の先生が「オフチャリク先生はよく生徒と一緒に弾くでしょ?」と私に言ってきました。

レッスンではよく私と一緒に演奏して下さりました。どうやらこのレッスン方法は古いスタイルらしいのです。確かにオフチャリク先生のアシスタントのサーシャさんのレッスンを受けた時は弾いてはくれませんでした。他の先生のレッスン(とくに若い先生)もそういうことはありませんでした。

でも、結構一緒に弾いてくれると分かりやすく、上手になった感じがして気分がいいのです。
(上手になった感じがして気分がいいのは必要ないかもしれませんが。)すごく効果的な感じがし、私もレッスン時に実践しています。

小さい頃習っていた先生は日本人でしたが、よく一緒に弾いて下さったことを思い出しました。子供なので上手く弾けないので気分さらによくなっていた感覚は今でも覚えています。その先生もルーツを辿っていくとロシアメソッドだったのかな?(現在90歳を越えていらっしゃいます)

教え方というのは本当に難しく、どれが正しいというものでもないので、これからもああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら教えていくんだろうな。と思います。

バイオリン講師 澤井亜衣

ウクライナのオデッサ出身のバイオリニスト、アナスタシア・チェボタリョーワ氏。
小さい頃から優秀で、更なる技術習得のため、モスクワに移り住み、チャイコフスキーコンクールで最高位を受賞します。

オイストラフやリヒテル、ウクライナ出身の音楽家たちはロシアに渡り、音楽を極めてきました。

アナスタシア先生が日本に住んでいたこともあり、学生時代に3年程、教わりました。

アナスタシア先生のアルバムにはロシア民謡が入っているのですが、その中でもポーリシュカ・ポーレは本当に美しく、先生の演奏によってこの曲が好きになりました。

アナスタシア・チェボタリョーワ

友人と先生のポーリシュカ・ポーレを聴いていると、
「アナスタシア先生は、辛い経験をしたことがあるっちゃ」
と私に言ってきました。

先生の心に響く演奏と、友人のその言葉を聴き、そんな風な演奏でき、そんな事が感じ取れる友人のような人間になりたいと強く思ったものです。

その時、先生にポーリシュカ・ポーレが弾きたいとお願いをしたら、楽譜を貸してくださりました。
それから20年近く経ち、留学したり、引っ越しをしたりと楽譜を整理する機会があったのですが、
楽譜がどっかにいってしまい、探しても探しても見つけられませんでした。

しかし、たまたま掃除をしてみたら、見つかりました。
ロシアのウクライナ侵攻から8カ月以上。長引くにつれ、報道は少なくなり、少しずつ忘れかけてる中での楽譜が見つけた時は、何か訴えかけているようにも感じました。(スピリチュアルとか占いとか信じる方ではないですが)

もちろん、日本でも様々な事件等があり、他の国の事まで考えられず、なんて正直ありますが、考えられる時は考えようと。そしてこの曲に取り組むことにしたのです。このCDでは弦楽四重奏とピアノとバイオリンソロ(アナスタシア先生)の編成ですが、少しアレンジして、バイオリンとピアノで弾いてみました。

今だったら、この曲は収録していたんだろうか。と思ってしまいます。

この間ニュースでウクライナ人の若いバイオリニストがインタビューで「ロシアとウクライナは兄弟みたいだったのに」と言っていました。
またウクライナ人が音楽を色々な国で学べる時がやってくるのを願っています。そしてロシアでお世話になった先生方、先輩や友人が色々な国で演奏できることを願っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

今回は音階教本について。

私は正直、音階は好きではないのですが、やはり音階は基本中の基本。
上達するためには音階は欠かせません。

音階教本は何を使用すればいいのか?
教本の特徴についても書いていきたいと思います。

音階であればどんな教本を使用しても構わないというのが持論です。
根本的にはさほどかわらないですし、ちゃんと弾ければ最終的にはたどり着く場所は同じだと思います。

しかし音階にもレベルがあり、自分の今できる範囲での音階を取り組んで欲しいです。レベルが高すぎると何の為にやっているのか、無意味になってしまいます。

今日紹介するのは、小野アンナ先生が書いた音階教本です。

小野アンナ音階教本
アマゾンでも売ってます。
調性の表
これは便利な調性の表。後ろのページに載ってます。

サンクトペテルブルグ音楽院出身の小野アンナ先生は音階が大好きなアウワーのお弟子さんです。チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトを演奏不可能と言ったアウワー。アウワーの教本を見る限り弾けないレベルではないと思いますが。


サンクトペテルブルグ音楽院に試験では音階の試験が全調あります。(小野アンナ先生は日本で過ごされていたせいか、ロシアでは無名)それくらい学生さんも音階は練習してます。

この教本の素晴らしい所は、初心者からプロまで使える一生ものの本だということ。
第一ポジションで弾けるものもあればハイポジションの音階まであり、4オクターブまであります。
カールフレッシュにはありませんが、シャープ6つの音階があることもこの教本の特徴の一つ。

これ最初必要かな?と思ったのですが(フラット6つと同じになるので)指使いが違いますし、結構貴重な音階だと思います。


それから、2オクターブの練習になると最後に和音がついてくるのも小野アンナの音階教本の特徴です。バイオリンの先生によってはそこは弾かなくていいよ。と言われるようです。音階の練習だからかもしれません。でもこれが意外と役に立ちます!ポジション移動できていても和音できない人結構多いです。それは、曲の中でいつも入っているものではないからです。忘れてしまいます。(ピッツィカートもこの部類)毎日練習する音階教本に入っていれば、曲に重音や和音が入っていたとしても比較的上手くこなせます。たかが一個の和音と思うかもしれませんが、これが本当に今後の感覚が養われていくようで、私としては弾いてもらいたいです。

小野アンナ音階教本
これが結構大事です。パッと弾けない方多いです。

ロシアの留学時代、レッスンでできないと、

「音階やってるか?」

と言われました。

何回言われたことやら、、、。

音階はゆっくり練習がおすすめです。

バイオリン講師 澤井亜衣

譜面台を久しぶりに買い替えました。

学校やスタジオ、出張レッスン先など色々な譜面台を見てきました。

初心者の方はバイオリンの他に譜面台を購入するので、「どんな譜面台を購入すればいいですか?」
と質問を受けることが多いです。

選び方として、持ち運びができるものにするかは選ぶ時の重要なポイントかなと思います。


持ち運びをしないのであれば、木製の物でそのままインテリアになる様な譜面台もありますし、しっかりとした重さがあるので、倒れにくいというメリットがあります。重たい楽譜もしっかり載せられ、鉛筆も余裕で置くことができます。

持ち運びできるものは、軽いので移動しやすく、部屋の掃除もしやすいですし、折りたためるのでコンパクトになり場所を取らないのがメリットだと思います。

今回買い替えたのは折りたたみができる、軽量のヤマハの譜面台。
重さは600gでケース付きです。アルミ製。

これはとてもおススメです。
なぜかというと、軽いのにしっかりしていて、倒れにくいからです。

ヤマハ譜面台
折りたたみにしては珍しく、筒状になっていて倒れにくいです。

それから、この譜面台で一番気に入っているところはプッシュ式の調整。
一番最初この譜面台を使用した時、本当に感動しました。
一般の折りたたみの譜面台は時々楽譜の重さに耐えられず、この部分がガクンッ!となり、楽譜が床に落ちるのですが(たぶん譜面台を使用したことのある方は経験があるはず)それがプッシュ式だとその心配が全くないです。

プッシュ式の譜面台。

残念ながら、こちらのヤマハの譜面台は生産完了。銀座店のヤマハに少し在庫が残っていました。
でも、また新しく譜面台を販売する予定だそう。(いつになるかは未定)
おそらくプッシュ式だと思います。

ちなみにロシアの音楽院の譜面台はボロボロでした。台数も足らず、生徒が譜面台を他の教室から借りるのが日常茶飯事。ひどい時は高さが調節できないので椅子の上に譜面台をのせてレッスンを受けていました。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアの隣国ウクライナ。

ウクライナにも有名な音楽学校があり、バレエも盛んです。日本にもバレエ団が時々来日しています。サンクトペテルブルグに住んでいた時は、ウクライナ語で書かれた食品をたまに買っていましたが、ロシア語と文字は似ているものの読めなかったので、やっぱり国が違うんだなあと思った記憶があります。民族衣装がとても華やかで鮮やかで、赤カブのスープ、ボルシチはウクライナ発祥と聞いたことがあります。

高校時代にお世話になった先生はウクライナのオデッサ生まれで、モスクワで教えていました。とてもステキな先生で、バイオリニストのオイストラフとピアニストのホロヴィッツもウクライナ生まれのことを誇りに思っていました。

私はサンクトペテルブルグで音楽院の寮に住んでいましたが、斜め前の部屋にウクライナ出身のリューダちゃんも住んでいました。外国人寮だったので、ロシア語をペラペラに話すリューダちゃんがなんで外国人寮なのか私には不思議でしたが、そっか、今はウクライナで旧ソ連だからということでした。でもロシア語ペラペラのリューダちゃんはロシア人と同じ授業を受けていました。そっか、ウクライナは旧ソ連だからかということでした。

島国である日本生まれの私にとって、この隣国の複雑性の感覚はなく、どのような感情なのか想像がしづらいものですが、この出来事は私の中でうまく消化できなかったことを覚えています。

色んな国から音楽を学びたい一心でサンクトペテルブルグ音楽院に留学しています。

仲が悪い国、良い国と正直ありますが、そんなこと関係なく、音楽好き仲間が集まって皆んなで支え合って生活をしていました。おかげで私は5年間住むことができました。

学生時代、戦争の恐ろしさはサンクトペテルブルグ出身のロシア語の先生からも教わりました。

先日、サンクトペテルブルグで戦争反対のデモが起きました。たぶんネフスキー通り付近だと思います。1番観光で訪れる人が多い通りです。そこが、デモに参加するロシア人と拘束する警察官でビッシリになっていて、どうしようもない気持ちになりました。

ウクライナ民間人犠牲者が日に日に増え、とても心が痛みます。

1日でも早く平和な日常が送れることを願っています。

私の中でのロシアとウクライナ

バイオリン講師 澤井亜衣

以前ブログで、姉からカルディにロシアの乳製品スィロークが売っているのを教えてもらったことを書きましたが、また姉からこんなLINEが、

「これ知ってる?美味しいの?」と聞かれ、

「アリョンカだ!」と返信。

アリョンカはロシアを代表するお菓子の名前です。以前ブログでも紹介した、カンフェティ(ロシアのお菓子)と同じ会社クラースヌィアクチャーブリのもので、モスクワの大きなお菓子工場の製品です。アリョンカのカンフェティは、モスクワのシェレメチェボ空港に売っています。アリョンカでビスケットがあることを知りませんでした。カンフェティしか見たことがなかったです。おそらく私は、サンクトペテルブルグに住んでいたので、アリョンカがあまり売っていなかったのだと思います。(ペテルブルグのお菓子工場の物が多い)

ということで、試してみたい私は、業務用スーパーへアリョンカビスケットを買いに行ってきました。業務用スーパーには、アリョンカの板チョコも売っていました。ロシアのサンクトペテルブルグでも見たことがないのに、日本で買えるなんて!と驚きながらも、アリョンカの板チョコはいろんなところに輸入しているせいか英語だったので、ロシア語で書かれたアリョンカビスケットだけを購入しました。チョコ味も売っていましたが、オリジナルを購入しました。板チョコはビターとミルクが二種類売ってます。

業務用スーパーが直輸入しているらしく、なんとお値段は104円!しかも税込み。安すぎです。今、ロシアルーブルは1.4円くらいなので、そのせいかもしれないのですが。(私がロシアにいた頃は5円くらいでした。)

ロシアのクッキーアリョンカ。青い目をした子供が目印。

パッケージがやはり簡易包装。シリカゲルが入っていないのもロシアらしいです。そのせいで湿気っているクッキーがロシアではスーパーに売ってます。こちらのアリョンカは湿気っていません。ロシアではもっとテキトーな包装で販売されており、ビニールにクッキーを入れて一つ結びにしているという、ロシアンスタイル。このロシアンスタイルのクッキーにもシリカゲルは入っていません。

アリョンカビスケットは19枚入り。一つ10グラム。

アリョンカビスケット
アリョンカビスケット

正方形で5×5センチ、厚み5ミリ。クッキーにはロシア語の筆記体ででアリョンカと書かれてあります。

アリョンカビスケット

ビタミンとカルシウムと鉄が入ってます。そういえば留学していた時によくサンクトペテルブルグ製のビタミン入りビスケット買っていました。日本だとビスコなのかな。

食べてみて感想は、素朴な味で塩気もあり、結構美味しいです。

姉にどんな味だったか報告すると、こんなチラシが送られてきました。

姉の方がロシア情報通なのでは???

三月に安売りするらしいので、是非お試し下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

もうすぐ北京オリンピックということもあり、ロシアのフィギュアスケートの話題をテレビをつけていたら、たまたまやっていて、見ていたら色々な場面がどこかで見たことが、、、。

すごく音楽界と似てました。
ロシアではとても人気の高いフィギュアスケート。ちょうどトリノオリンピックの時にロシアに留学しており、フィギュアスケートは金メダルが荒川静香さんだったので、哲学の授業でこの中に「日本人いるか?」と言われ手を上げたら「金メダルおめでとう!」と言われました。

ロシア人の気質がとても教育する立場の人間として合っていると留学していて感じました。教授法の授業もとても充実しています。とてもスタミナがあり、表現が豊かで熱いロシア人達は、音楽を身体で表現するもの、例えばバレエやフィギュアスケート、アーティスティックスイミングなど合っているんだと思います。さらに、あのスタイルの良さですから、鬼に金棒です。

人気のあるスケートは競技人口も多いですし、ショーもたくさん行っています。しっかりと基礎を教えられるコーチが多いんだと思います。バイオリン人口も多いし、メソッドもしっかりと確立されているのでその辺りも似ているなと思いました。

私はプルシェンコさんとヴァイオリニストのコラボのショーをペテルブルグで見に行ったことがありますが、プルシェンコさんが出てくる前に小さな男の子が演技をしていました。将来のオリンピック選手でしょうか?こうやって場数を踏んでいることに驚いたことを覚えています。

小さなバイオリニスト達も日本に比べたら人前で弾く回数が多いと思います。そういう機会が与えられることは本当に良い経験です。練習では得られるものではないのでそういう環境は羨ましいです。

テレビではコーチは本番で110%の力を出すため、150%の練習(本番ではやらない難しいワザ)をさせていました。私も先生に100%本番で出すためには300%の練習をしなきゃダメだと言われたあげく、君はコンクールにお茶を飲みに行く気か?まで言われたことがあります。

他にもコーチからアドバイスを受けた選手が涙を流すシーンがあり、そういえば中国から来た20歳の男の子が先生にアドバイスを受けて泣いていたことを思い出しました。

それでも先生を慕っているのはやっぱり信頼関係があるからです。とても厳しい言葉を言われることもありますが、ちゃんとフォローもしてくださいますし、そういう人がごくたまに言ってくださる褒め言葉は飛び上がるほど嬉しいものです。

怒られる時はめちゃくちゃ辛いんですけど。

バイオリン講師 澤井亜衣

クリスマスということで、ロシアで買ったクリスマスの飾り物を箱から出して飾りました。

ロシアのクリスマス飾り

ロシアのクリスマスは旧暦なので、1月7日。お正月を過ぎてもクリスマスツリーが街中にあるので何だか日本人の私は変な感じでした。アンサンブルを組んでいたロシア人の女の子にクリスマスに誘われて家に遊びに行ったことがあります。たくさんのご馳走で、もてなしてくれました。

一番最初に出してくれたのがオリヴィエサラダ。お祝いの時に食べるサラダと説明をしてくれました。
ということで、私もオリヴィエサラダを作ってみました。

オリヴィエサラダ

じゃがいもと人参を賽の目切りにし、茹でます。茹でる時に塩を入れて下味をつけておくといいと思います。

ゆで卵とピクルスを粗く刻みます。

鶏むね肉やハム(友人は牛肉を使っていました。)もジャガイモと人参と同じ大きさに切ります。

あとは、グリンピースと上の材料を混ぜて、マヨネーズと塩コショウで味を整えます。本格的なロシア風にしたい場合は輸入の白っぽいマヨネーズやサワークリームを加えることをおすすめします。

仕上げにディルをのせれば完成です。(写真にはディルはありませんが、ディルはロシア料理には欠かせません!)

結構切ったりするので、ロシアのサラダは時間がかかります。マヨネーズで和えるものが多くお肉や魚が入っていたりとボリューム満点なので、高カロリーです。そして、ロシア料理はサラダに関して言えば意外と薄味です。

ロシアの料理雑誌
新年に向けての料理雑誌

バイオリン講師 澤井亜衣