コンテンツへスキップ

ロシアの隣国ウクライナ。

ウクライナにも有名な音楽学校があり、バレエも盛んです。日本にもバレエ団が時々来日しています。サンクトペテルブルグに住んでいた時は、ウクライナ語で書かれた食品をたまに買っていましたが、ロシア語と文字は似ているものの読めなかったので、やっぱり国が違うんだなあと思った記憶があります。民族衣装がとても華やかで鮮やかで、赤カブのスープ、ボルシチはウクライナ発祥と聞いたことがあります。

高校時代にお世話になった先生はウクライナのオデッサ生まれで、モスクワで教えていました。とてもステキな先生で、バイオリニストのオイストラフとピアニストのホロヴィッツもウクライナ生まれのことを誇りに思っていました。

私はサンクトペテルブルグで音楽院の寮に住んでいましたが、斜め前の部屋にウクライナ出身のリューダちゃんも住んでいました。外国人寮だったので、ロシア語をペラペラに話すリューダちゃんがなんで外国人寮なのか私には不思議でしたが、そっか、今はウクライナで旧ソ連だからということでした。でもロシア語ペラペラのリューダちゃんはロシア人と同じ授業を受けていました。そっか、ウクライナは旧ソ連だからかということでした。

島国である日本生まれの私にとって、この隣国の複雑性の感覚はなく、どのような感情なのか想像がしづらいものですが、この出来事は私の中でうまく消化できなかったことを覚えています。

色んな国から音楽を学びたい一心でサンクトペテルブルグ音楽院に留学しています。

仲が悪い国、良い国と正直ありますが、そんなこと関係なく、音楽好き仲間が集まって皆んなで支え合って生活をしていました。おかげで私は5年間住むことができました。

学生時代、戦争の恐ろしさはサンクトペテルブルグ出身のロシア語の先生からも教わりました。

先日、サンクトペテルブルグで戦争反対のデモが起きました。たぶんネフスキー通り付近だと思います。1番観光で訪れる人が多い通りです。そこが、デモに参加するロシア人と拘束する警察官でビッシリになっていて、どうしようもない気持ちになりました。

ウクライナ民間人犠牲者が日に日に増え、とても心が痛みます。

1日でも早く平和な日常が送れることを願っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

以前ブログで、姉からカルディにロシアの乳製品スィロークが売っているのを教えてもらったことを書きましたが、また姉からこんなLINEが、

「これ知ってる?美味しいの?」と聞かれ、

「アリョンカだ!」と返信。

アリョンカはロシアを代表するお菓子の名前です。以前ブログでも紹介した、カンフェティ(ロシアのお菓子)と同じ会社クラースヌィアクチャーブリのもので、モスクワの大きなお菓子工場の製品です。アリョンカのカンフェティは、モスクワのシェレメチェボ空港に売っています。アリョンカでビスケットがあることを知りませんでした。カンフェティしか見たことがなかったです。おそらく私は、サンクトペテルブルグに住んでいたので、アリョンカがあまり売っていなかったのだと思います。(ペテルブルグのお菓子工場の物が多い)

ということで、試してみたい私は、業務用スーパーへアリョンカビスケットを買いに行ってきました。業務用スーパーには、アリョンカの板チョコも売っていました。ロシアのサンクトペテルブルグでも見たことがないのに、日本で買えるなんて!と驚きながらも、アリョンカの板チョコはいろんなところに輸入しているせいか英語だったので、ロシア語で書かれたアリョンカビスケットだけを購入しました。チョコ味も売っていましたが、オリジナルを購入しました。板チョコはビターとミルクが二種類売ってます。

業務用スーパーが直輸入しているらしく、なんとお値段は104円!しかも税込み。安すぎです。今、ロシアルーブルは1.4円くらいなので、そのせいかもしれないのですが。(私がロシアにいた頃は5円くらいでした。)

ロシアのクッキーアリョンカ。青い目をした子供が目印。

パッケージがやはり簡易包装。シリカゲルが入っていないのもロシアらしいです。そのせいで湿気っているクッキーがロシアではスーパーに売ってます。こちらのアリョンカは湿気っていません。ロシアではもっとテキトーな包装で販売されており、ビニールにクッキーを入れて一つ結びにしているという、ロシアンスタイル。このロシアンスタイルのクッキーにもシリカゲルは入っていません。

アリョンカビスケットは19枚入り。一つ10グラム。

アリョンカビスケット
アリョンカビスケット

正方形で5×5センチ、厚み5ミリ。クッキーにはロシア語の筆記体ででアリョンカと書かれてあります。

アリョンカビスケット

ビタミンとカルシウムと鉄が入ってます。そういえば留学していた時によくサンクトペテルブルグ製のビタミン入りビスケット買っていました。日本だとビスコなのかな。

食べてみて感想は、素朴な味で塩気もあり、結構美味しいです。

姉にどんな味だったか報告すると、こんなチラシが送られてきました。

姉の方がロシア情報通なのでは???

三月に安売りするらしいので、是非お試し下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

もうすぐ北京オリンピックということもあり、ロシアのフィギュアスケートの話題をテレビをつけていたら、たまたまやっていて、見ていたら色々な場面がどこかで見たことが、、、。

すごく音楽界と似てました。
ロシアではとても人気の高いフィギュアスケート。ちょうどトリノオリンピックの時にロシアに留学しており、フィギュアスケートは金メダルが荒川静香さんだったので、哲学の授業でこの中に「日本人いるか?」と言われ手を上げたら「金メダルおめでとう!」と言われました。

ロシア人の気質がとても教育する立場の人間として合っていると留学していて感じました。教授法の授業もとても充実しています。とてもスタミナがあり、表現が豊かで熱いロシア人達は、音楽を身体で表現するもの、例えばバレエやフィギュアスケート、アーティスティックスイミングなど合っているんだと思います。さらに、あのスタイルの良さですから、鬼に金棒です。

人気のあるスケートは競技人口も多いですし、ショーもたくさん行っています。しっかりと基礎を教えられるコーチが多いんだと思います。バイオリン人口も多いし、メソッドもしっかりと確立されているのでその辺りも似ているなと思いました。

私はプルシェンコさんとヴァイオリニストのコラボのショーをペテルブルグで見に行ったことがありますが、プルシェンコさんが出てくる前に小さな男の子が演技をしていました。将来のオリンピック選手でしょうか?こうやって場数を踏んでいることに驚いたことを覚えています。

小さなバイオリニスト達も日本に比べたら人前で弾く回数が多いと思います。そういう機会が与えられることは本当に良い経験です。練習では得られるものではないのでそういう環境は羨ましいです。

テレビではコーチは本番で110%の力を出すため、150%の練習(本番ではやらない難しいワザ)をさせていました。私も先生に100%本番で出すためには300%の練習をしなきゃダメだと言われたあげく、君はコンクールにお茶を飲みに行く気か?まで言われたことがあります。

他にもコーチからアドバイスを受けた選手が涙を流すシーンがあり、そういえば中国から来た20歳の男の子が先生にアドバイスを受けて泣いていたことを思い出しました。

それでも先生を慕っているのはやっぱり信頼関係があるからです。とても厳しい言葉を言われることもありますが、ちゃんとフォローもしてくださいますし、そういう人がごくたまに言ってくださる褒め言葉は飛び上がるほど嬉しいものです。

怒られる時はめちゃくちゃ辛いんですけど。

バイオリン講師 澤井亜衣

クリスマスということで、ロシアで買ったクリスマスの飾り物を箱から出して飾りました。

ロシアのクリスマス飾り

ロシアのクリスマスは旧暦なので、1月7日。お正月を過ぎてもクリスマスツリーが街中にあるので何だか日本人の私は変な感じでした。アンサンブルを組んでいたロシア人の女の子にクリスマスに誘われて家に遊びに行ったことがあります。たくさんのご馳走で、もてなしてくれました。

一番最初に出してくれたのがオリヴィエサラダ。お祝いの時に食べるサラダと説明をしてくれました。
ということで、私もオリヴィエサラダを作ってみました。

オリヴィエサラダ

じゃがいもと人参を賽の目切りにし、茹でます。茹でる時に塩を入れて下味をつけておくといいと思います。

ゆで卵とピクルスを粗く刻みます。

鶏むね肉やハム(友人は牛肉を使っていました。)もジャガイモと人参と同じ大きさに切ります。

あとは、グリンピースと上の材料を混ぜて、マヨネーズと塩コショウで味を整えます。本格的なロシア風にしたい場合は輸入の白っぽいマヨネーズやサワークリームを加えることをおすすめします。

仕上げにディルをのせれば完成です。(写真にはディルはありませんが、ディルはロシア料理には欠かせません!)

結構切ったりするので、ロシアのサラダは時間がかかります。マヨネーズで和えるものが多くお肉や魚が入っていたりとボリューム満点なので、高カロリーです。そして、ロシア料理はサラダに関して言えば意外と薄味です。

ロシアの料理雑誌
新年に向けての料理雑誌

バイオリン講師 澤井亜衣

下の写真はロシアで購入した台所用品です。

ロシアの台所用品

真ん中のハンマーみたいなのは、今だにどのように使うかわからず。

黄色いシリコン型はゼリーなどに、バラのシリコン型はケーキに使用しますが、大きい!

直径約24センチ
高さ8センチ

なかなか日本のレシピだとこの大きさに合うものはないと思います。ロシアの料理本は本当に大量に作れるレシピになっています。クッキーを作ったことがありますが、半分の量にして、ちょうどよかったです。

大さじ、小さじではなくティースプーンで表記されているので、結構ちゃんと作ろうとすると難しいかもしれないです。特にお菓子とかは。

ロシア人は外食はあまりしないので、家で作ることが多いと思います。サラダやスープは大量に作り保存しておくといった感じです。ホームステイをしていた友達は、1週間ボルシチが出てきたと言ってました。日本に来たロシア人の友人はカニカマのサラダを作る為、マヨネーズを3本使ったとか、、、。ロシアではサラダにはマヨネーズはかかせないので、スーパーにはバケツで売ってます。サラダにはお肉や卵、魚等も入り、しっかりとしたおかずになります。ドレッシングはほとんど見たことがなかったので塩とお酢と油で作るとかしていました。野菜サラダとドレッシングは本当に恋しくなり、夢にでてきたほど。

ロシアと日本ではサラダの感覚が違うようです。高カロリーのサラダ。ロシア料理は結構太ります。最初の留学生活半年で4キロ太った私。半年後帰国して友人に会うと、「外人体形になってる!」と言われてしまいました。食べ物の種類によってもお肉のつく場所が変わることを実感しました、、、。やっぱり日本食は健康的です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアでは当時、輸入楽譜を購入することはほぼ不可能で、練習する曲は図書館で借りて、音楽院でコピーする。というのが当たり前でした。そのせいかロシア人の学生たちは音階も練習曲も曲もしっかり暗譜しており、比較的得意な感じに見受けられました。

楽譜はなかったものの、基礎的なものはしっかりと教えるのがロシア。音階教本はソビエト時代の楽譜などハッキリと決まったものはなくても、アウワーが音階の教本をたくさん出していることからもわかるように、予備科の試験では全部の調を演奏しなければならないと要項には書かれてあります。(まあ、弾かないのがロシアですが)

ちなみに日本で音階教本で有名なアウワー門下の小野アンナ先生は全くの無名です。(サンクトペテルブルグ音楽院出身なのにもかかわらず、、、。なぜか小野アンナ門下の前橋汀子さんは有名でした)

音階教本
写真のBOOK6からもわかるようにアウワーは膨大な量の基礎練習を作りました。カールフレッシュは購入時期によって色が変わります。一番左がアウワーの弟子の小野アンナの教本。

セヴシックやシュラーディ-クはよく弾きます。学生は廊下でめちゃくちゃ速いテンポでシュラディークを暗譜で演奏しています。指が回る学生は本当に多いと思います。多分このおかげだと思います。

セヴシックとシュラディーク
日本では、シュラディークはセヴシックに比べてやる人が少ないですが、指を動かすのには本当に良い教本です。ハイポジションやG線、2巻では重音になったりと取り組む価値があります。

練習曲ですが、クロイツェル、ドント、パガニーニ、ローデなど一般的なものから、やはりサンクトペテルブルグで後進の指導にあたっていたこともある影響からかヴィエニャフスキーの練習曲も定番です。最近、日本でも注目されてきていますが、マザスもよく弾きます。私はその頃マザスの存在を知らなかったので、楽譜を日本に持ち帰りました。

マザスのエチュード
ロシア出版社のマザスのエチュード。現在は日本の出版社のものもあります。レベルはクロイツェルやローデといった感じで、しっかりと取り組みたい内容です。

とにかく色々な曲を演奏しますし、弾く場所もあります。コンクールや試験の他にも発表の場、安くホールも借りられるので、コンサートも企画しやすいです。

前期は練習曲と曲、後期はバッハのソロバイオリンと曲を試験で弾くので、バッハのソロバイオリンも学校に在籍しているだけでレパートリーになります。

まだまだ音楽教育については書ききれていないことがたくさんありますが、いい意味で驚かされることが多かったと思います。とても充実した音楽教育です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人はお酒好きです。そしてお酒が強いです。
ロシア人宅に呼ばれた時に、食前酒がウォッカでびっくりしたことがあります。
お酒は強くないのでお断りしましたが、、、。
断ってもロシア人は嫌な顔をしませんし、ノンアルコールをくれるので安心して断って大丈夫です。
ロシアは寒い国なのでお酒を飲むとあったまるからでしょうか。本当によく飲みます。
昼間でもお酒を飲んでる人多いです。スーツのポケットにアルコールが入っている音楽院の先生もいました。(いいのかな?)

ロシアと言えばウォッカみたいなイメージがあるかもしれませんが、実際は色々な種類のお酒を飲む人が多いです。

もちろんウォッカの種類は多いです!スーパーに行くと沢山の種類があってどれがいいのか悩んでしまいます。
綺麗な瓶に入っていますし、値段も手ごろでお土産にいいと思います。私はサンクトペテルブルグに住んでいたので、ピョートル大帝の名前がついていたウォッカをお土産に購入していました。瓶もとてもおしゃれ。摺りガラスみたいな感じになっていてペテルブルグの街並みが描かれていました。


ロシア人はワインも好きです。ジョージアが近いのでジョージア料理のお店に行くと、ジョージア産のワインを飲むことができます。最近はロシアも健康志向が強くなっているので、赤ワインは人気があります。紙パックの物もあり、安く手に入ります。

あとはビールを意外と飲むんです!2ℓのペットボトルでも売られていたり、夏になると道で生ビールが売られていたり。缶ビールのサイズもたくさんあります。ペテルブルグにもビール会社があり、ネフスキーというビールが売っていました。ビールのイラストがペテルブルグの橋でした。CMもやっていました。片手にビール持っている人、街中で結構見かけます。

さて、ここからは日本でも飲めるロシアのお酒の紹介です。
ロシア料理店などに行くと、ロシアのお酒を飲むことができます。

ウォッカ 

・スタンダード ロシアの中では割と値段が高めのウォッカ。美味しいみたいです。お土産におススメです。

・フラグマン どこでもロシアで手に入りやすく、飲みやすく美味しいようです。スタンダードの半分以下の値段で買えます。

ビール

・バルチカ 一番飲まれているビールだと思います。サンクトペテルブルグに本社があります。何種類かあって、ビールに番号がついています。数字が高くなるほどアルコール度数も高くなります。ちなみにノンアルコールだと0と書かれています。3が定番です。

その他

・ペルツォフカ ウクライナのお酒です。旧ソ連時代からあるお酒で人気なので紹介することにしました。唐辛子の入った度数の高いお酒です。とても有名らしくどこでも売っています。琥珀色でハチミツ入り。この会社から同じシリーズの果実のお酒もありますが、日本では見たことがないです。

是非、試してみて下さい。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアの学校(音楽院)は5年制で年に基本2回試験があります。5年生(国家試験)は1回のみです。
専攻している楽器(私の場合はバイオリン)に加え、アンサンブル(室内楽)、カルテット、副科ピアノが実技試験。大きい教室やホールで先生達の前で演奏し、成績がつけられます。

成績のつけ方は5段階評価で1、2、3、4、5。+(プラス)と-(マイナス)もあります。例えば、3-や5+なんかもあります。5+がつく人はごく稀で、有名な国際コンクール受賞者やすでに海外でも演奏をしている人がもらえます。 

1と2はつけられることはほぼないので、3はかなり悪い評価です。3がついた場合は再試、進級や大学院に入学できない可能性も出てきます。

その他の科目(ロシア語や音楽史、哲学など)は筆記試験や口頭試問です。前期の試験はない学年があり、成績表に先生にサインのみをもらうこともあります。成績表は5年分の試験の成績が記載されています。

ロシアの成績表
入学すると事務局からこんなのをもらいます。
ロシアの成績表
試験科目と成績とサインと名前を書くようになってます。

5年生は卒業試験が国家試験になるので、他の都市の音楽院の先生方を試験に招き、採点します。卒業試験は音楽院の大ホール、グラズノフホールで演奏します。私の卒業試験ではモスクワとペトロザボーツクの先生が審査しました。

さすがに、卒業試験の日程は前から決まっていましたが、普段の試験は明日バイオリンの試験かも。という感じでドキドキしながら練習していました。
試験当日の演奏の順番も決まっていなくて、一人弾き終わると伴奏者さんが試験会場から出てきて、「じゃあ、次誰弾く?」みたいな感じでした。

このテキトーさ。いいのか悪いのか、、、。

慣れてくると、「またか。まあ、いつもこうだよね」となり、動じなくなってくるものです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人男性は基本的にレディーファーストです。
道を譲ってくれたり、コートを着せてくれたり、手を差し伸べてくれたりします。

地下鉄でもお年寄りだけではなく、女性にも席を譲ってくれるので、座席に座っているのは女性の方が多いです。

今回はレディーファーストに関しての体験を書いてみたいと思います。

マルシルートカ(乗り合いタクシー)に偶然二人の男の先輩と一緒になった時のこと。降りる際に、一人の先輩が先にタクシーから降りて手を差し伸べてくれたのです。(乗り合いタクシーはボックスカーなので段差があります。)
しかし、私はそれに全く気付かず自分で降りてしまいました、、、。

時すでに遅し。もう一人の先輩が手を差し伸べてくれた先輩に対し、「手を差し伸べるのが遅いんだよ!」と言って、「そっか。」と言って先輩は苦笑いしていました。(いやいや、私が気づいてなかったんです!)でも、たぶんロシア人女性なら、すんなりと手を置いたと思います。なかなかこういうのは身に着けられない、、、。文化や習慣の違いをひしひしと感じる出来事でした。

そしてもう一つ。私のバイオリンの先生は当時70代後半のおじいちゃん。レッスン後はコートを学生だった私に着せてくれました。尊敬している先生にコートを着せてもらうのは、何だか申し訳ない気持ちになるものです。

レッスンであまりに私の演奏が良くなかったので「悪すぎて教えることはないから、帰れ。」と言われ、帰る準備をすることになってしまった時の事です。めちゃくちゃ怒られたのにコートは着せてくれました。

怒られたことと、レディーファーストは別.。怒られた後に着せてくれたコートの重みはかなりの重さに感じられ、ものすごく、ものすごく気まずかったのを覚えています。

バイオリン講師 澤井亜衣

楽譜を整理していると、ロシアで購入した教則本の中にトルコ行進曲が載っていました。
「ロンド」と題名が書かれており、しっかりと見なかったせいで見過ごしたままでした。よく見ると編曲者はモストラス。モスクワで教えていた偉大なロシアのバイオリニストです。生徒にはガラミアンもいます。モストラスはアウワーの門下。

貴重な楽譜は見ていてワクワクしてくるもので、弾いてみたいなと思い練習してみました。

微妙な重音の変化にセンスの良さが感じられ、さすがモストラス。素晴らしいバイオリニストだったことが楽譜からも読み取れます。ロシア人のバイオリニストは編曲する人たちが多いですが、当たり前のように弾けるので難しい編曲です。でも、バイオリンの事をしっかり考えて編曲されているので、弾きにくいのではなく、難しいという表現が正しいと思います。

ピアノとはまた一味違ったトルコ行進曲です。

バイオリン講師 澤井亜衣