コンテンツへスキップ

私は一番寒い2月にロシアで留学生活を始めました。

二月の気温は大体-15℃前後。
外はとても寒いですが、部屋の中はとても暖かいです。

なぜならちゃんと暖房がきいていますし、二重窓になっているからです。
でも、この二重窓少し厄介なこともありました。網戸が破れていて夏場は蚊に襲われる。詳しくはこちらのブログを御覧下さい。

https://nota-violin-lesson.com/blog/?p=1662

寮の窓はガラスと木でできていたので微妙な隙間があり、すきま風が入ってきて寒い、、、。じゃあ、寒くて二重窓の役割を果たしてないと思われるかもしれませんが、そこはガムテームのようなもので、2メートル近い大きな窓をせっせと隙間をテープで貼ってました。(ロシアの家は天井が高いです。)テープは紙でできていて、粘着力も弱い物ですが、あるとないでは大違いでした。ロシア寮生活初日はテープがなくて、寒くて起きてしまいましたが、テープを貼ってからは、暖かくなり、ぐっすり眠れるようになりました。

タイトルの冷蔵庫は何なのか?というと、冷蔵庫が部屋になかったので、一枚目の窓と二枚目の窓に20センチほどの隙間があり、そこに飲み物や食べ物を保管していました。窓と窓の間を冷蔵庫にしていたのです。寒い時はジュースが少し凍るほど。それが氷代わりになって美味しかったという嬉しい出来事もありました。いちいちテープを剥がして、食品を入れてまたテープを貼って。面倒くさい作業でしたが、食品が腐るのでそうもいってられませんでした。二重窓を冷蔵庫として使用して月日は経ち、4月に。さすがに寒い国ロシアも二重窓の自然冷蔵庫は役に立たず。そんな時に中国人留学生が帰国するということで、冷蔵庫が寮内で売りに出されていたので購入。すごい古い冷蔵庫でしたが、冷凍庫もあって便利になりました。ただ、古い冷蔵庫だったので、霜がついて定期的にその霜を溶かす作業はしていました。

快適な生活とは言えませんでしたが、工夫しながらの生活はなかなか充実していたのかもしれません。

ロシアの寮の二重窓

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアに留学するまで、恥ずかしながらロシアの画家を知りませんでしたが、サンクトペテルブルクにはエルミタージュなどの美術館があり、ロシアの画家の絵も展示されているので観る機会がありました。

心に残る作品がいくつかあり、日本に帰国してからもレーピンやカンディンスキーの展覧会など行くようになりました。

音楽と美術はやっぱり繋がっていて、レーピン展に行くとロシアの作曲家ムソルグスキーの肖像画があったり、カンディンスキーは音楽をテーマにした絵を多く書いていたり。

レーピンの描いたムソルグスキー
レーピンの描いたムソルグスキー。音楽の教科書にもでてきます。

カンディンスキーがベートーヴェンの運命を絵にしたものを本で観ましたが、なるほどと思うような絵でした。音楽を絵で表現してもわかるってすごい!

サンクトペテルブルクで1番大きい美術館はエルミタージュでとても有名ですが、私が好きだった美術館はロシア美術館です。

海の絵を沢山描いているアイヴァゾフスキー、リムスキー=コルサコフのオペラの題材になったレーピンのサトコなどが展示されています。サトコの絵はとても大きく、海の中にいるような、神秘的で女性もとても美しく描かれています。アイヴァゾフスキーの絵も大きいので、波が押し寄せてくるような迫力があります。海の絵は大きいと壮大で、(ボーっと?無心?表現が見つからない。)ずっとみてしまいます。

アイヴァゾフスキー
アイヴァゾフスキーは海の絵をたくさん描きました。

一昨年ロシア美術館の作品が日本に来ていました。でも残念ながら行けなかったので、また来てほしいです。

アイヴァゾフスキーとカンディンスキーの画集
アイヴァゾフスキーとカンディンスキーの画集

バイオリン講師 澤井亜衣

2月9日は姉の誕生日でもあり、国際的バイオリニスト諏訪内晶子さんの誕生日でもあり、手塚治虫さんの命日でもありますが、私がロシアに留学するために成田空港から飛行機に乗った日で、忘れられない日です。

やはり、この日は私の中でかなり強烈に印象に残っています。

当時19歳だった私は成人式のために伸ばしていた髪をバッサリ切り(ロシアは夏になるとお湯が1ヶ月でなくなるため短くしました。)寒さが想像つかないので、膝下までのダウンコートと、革の手袋、毛糸の帽子をかぶり全身真っ黒にしていました。なぜ真っ黒にするかというと、治安が悪いため目立たなくすることと、汚れるからという情報からでした。その後は慣れてきて明るい色の洋服も着るようになるのですが。

とにかくロシアの情報が少ないので不安だらけでしたが、憧れのロシアに留学できる喜びもあり、何とも複雑な気持ちでこの日を迎えたことをよく覚えています。

モスクワ経由でサンクトペテルブルクに23時に着く予定でしたが、飛行機が遅れ、予定していたモスクワからサンクトペテルブルクの飛行機に乗れなくなりました。日ロ交流協会のサポートの方がシェレメチェボ空港で待ってくれていたものの、チケットを交換したりと不安でした。

飛行機の中では入国審査の書き方がよくわからず、前の席に座っていた当時の関取の黒海さんが助けてくれました。

そんな感じで、空港では楽器の写真をみせてサインをもらったりと色々な手続きにも手間がかかり、寮に着いたのは夜中の2時で長旅でした。

寮のおばちゃんが起きててくれて、部屋を案内され、いつもなら12時に閉まるシャワー室を特別に開けてくれて。まあ、その後も色々とあるのですが、書ききれないのでこの辺で。

たぶん出発した日はずっと忘れないと思います。何日に帰国したのかは覚えていないのですが。

バイオリン講師 澤井亜衣

最近、あまりロシアの記事を書いてなかったので、今回は動物について書いていこうと思います。

ロシアに行って思ったことは、動物が大きいということ。ハトはひとまわり大きいですし、スズメもコロコロしてます。冬仕様なのか、モコモコしていて本当にあったかそうでした。カラスは同じ大きさですが、色はグレー。黒いカラスに慣れているせいで、最初カラスなのか半信半疑でした。

犬も大きいです。日本ではミニチュア何とかみたいな犬種が多いですが、シュナウザー、ダックスフンド、と前にミニチュアがつかないので、道で見かける犬は大きいのがほとんど。ロシアは室内で犬を飼うので、アシスタントのサーシャさんちに行くと大きな犬が2匹ベッドを占領。そこで、レッスン風景を犬2匹がでん!と見ているので、すごい威圧感でした。

小さい犬種ももちろんいます。お隣さんはトイプードルを買っていたし、友達もシーズーを飼っていました。ロシア人は比較的動物好きだと思います。犬や猫を買ってる人は多いです。

ロシアの民話にもクマやウサギなどたくさん出てきます。サーカスもサルやゾウ、クマも出てきます。

ペテルブルクの博物館には動物の剥製がたくさんあり、マンモスは圧巻です。

ロシアでちょっと怖かったのはブルドック。漫画からでてきたようなブルドックに何回か遭遇。体も大きいし、顔も厳ついし、更に驚いたのが、首輪。リアルにあの首輪を着けているブルドックがいると思いませんでした。吠えたりはしなかったものの、通り過ぎるブルドックはすごい迫力でした。

ロシアのブルドック

バイオリン講師 澤井亜衣

下の写真は私が通っていた、ロシアのサンクトペテルブルク音楽院の学生証です。

ロシアの学生証
ボロボロです。

音楽院はセキュリティーが厳しいので、警備員さんに学生証を見せないと校舎に入れません。忘れると面倒なことになるので、いつも通学のバックに入れていました。

ロシアの学生証はとてもお得で、基本的に美術館、博物館は無料。宮殿などは学生料金になります。コンサートやサーカスも学割が適用されます。

外国人学生は海外では国際学生証を持っていないと学生料金にはなりませんが、音楽院の学生証を持っていれば国際学生証がなくても、日本人の私でもロシア人の学生と同じ料金で色々観たり、聴いたりすることができます。これはとても嬉しいことでした。この学生証のおかげで色々なクラシックコンサートを安く聴くことができ、貴重な経験をすることができました。例えばオペラは当時、日本では学生料金でも2500円くらいしましたが、ロシアでは500円で観ることができました。

外国人がロシアでコンサートを鑑賞する時は、ロシア人とは価格が違います。外国人料金というのがあり、結構高いです。ただ上手にロシア語を喋ってチケットを購入すればチケット売り場のおばちゃんがロシア人料金にしてくれる場合もあります。(そういう国です)

5年間学生生活があるし、無料だし、いつでも行けると思っているとあっという間で、授業や試験に追われ美術館や博物館は指で数える程度しか行けなかったです。今思えばもっと行っとけばよかったなと思いますが、当時はそんな余裕がありませんでした。

この記事を書いて思い出したのが、そういえばロシアのケンタッキーが学割が使えました!学生証を見せると飲食が5%くらい安くなった記憶があります。

懐かしいです!

バイオリン講師 澤井亜衣

私がロシア留学をしたいと思ったキッカケはとあるコンサートでした。
以前習っていた先生からコンサートのチケットをいただいたのです。

そのコンサートに出演していたのは、1998年に世界的権威のあるチャイコフスキー国際コンクールで優勝したニコライ・サチェンコ。彼はチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトを演奏しました。

若干20歳で優勝したニコライ・サチェンコは当時話題になっており、チケットをいただく前から彼の名前は知っていました。

よく感動して鳥肌がたつと言いますが、視界がぼやけ全身が痺れるような感覚になった事を今でも覚えています。本当に私の中では衝撃的な演奏でコンサート中は「この演奏会が終わって欲しくない!」と思ったほどでした。

彼の演奏は、素直で力強く、とても人間味溢れる音でした。あんな演奏ができたらいいなと思ってロシアに行けばそうなれるかも!と思って行きたくなってしまったわけです。(そんな単純ではないのですが)

ニコライ・サチェンコのCD
ニコライ・サチェンコのCD。今でも彼のファンです。

その後、ロシアの音楽や演奏家について詳しく調べていくことになるのですが、どうやら随分前から私はロシアの演奏家や作曲家が好きだったようです。どこの国の人かを知らないで小さい頃からCDを聞いていたこともわかり、ますますロシアに行きたい気持ちが強くなっていきました。

当時習っていた荒井先生にロシアに留学したいと相談して「ご飯食べられないよ(おそらく先生はソ連時代を想像していたのかも)」と言われ「それでもいいです」と答え、ニコライ・サチェンコが来日したら熱が出てもコンサートに行っていたらしいです。

全く覚えてないですけど、、、。若いってすごいな。

今もロシアの音楽や演奏家はとても好きです。

バイオリン講師 澤井亜衣

私は甘いものが大好きなので、ロシア留学中チョコレートやクッキーなどはよく食べていましたが、ケーキはあまり買っていませんでした。

なぜなら、甘すぎるからです。

ロシアのケーキといえば、甘いと思ってください!

ロシア人達はお砂糖をたっぷり入れた紅茶やコーヒーなどの飲み物と一緒にケーキを食べます。私の習っていたバイオリンの先生はコーヒーに砂糖を5杯入れるし、カフェで紅茶を頼むと少なくとも5グラムはお砂糖をくれます。

飲み物の話になってしまいましたが、どこのケーキ屋さんで食べてもとにかく甘いです。ケーキはスーパーでもたくさん売っています。ホールで持ち歩いている人もよくいました。

それからロシアのケーキの特徴は、生クリームではなく、バタークリームを使用していること。日本では生クリームのケーキが圧倒的に多いので、私は生クリームのケーキが食べたくて仕方ありませんでした。

どうしても食べたい時は生クリームを買ってきてスポンジを焼いてケーキを作ってました。探すより作った方が早いです。生クリームはなぜか売っていました。(ヴァリオというフィンランドのメーカーの生クリームなので、ロシア製ではありませんが)サンクトペテルブルクはフィンランドに近いのでフィンランドの乳製品は簡単に手に入ります。

サンクトペテルブルクでよく見かけたケーキ屋さんは日本語で北という名前のセーヴェルсеверと甘党という意味のスラトカエシュカсладкоежка。

セーヴェルは白くまのマークでスラトカエシュカは白鳥が2羽のマークです。二つとも旅行のガイドブックにも載っているのを見たことがあります。チェーン店です。どちらかというとスラトカエシュカのケーキの方が好きでしたが、甘くて甘くてお茶にはお砂糖はいらないです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアには小さな公園もあれば大きくて湖があったりする公園などたくさんあります。

ロシア人は日光浴が大好きで公園で日焼けしたり、お弁当を持ってピクニックに行ったりします。

なので、夏になると公園に人が集まります。そのかわり冬はほとんどいません。

私のオススメは夏の庭園と呼ばれる庭園です。1702年にできた公園でピョートル大帝が作りました。普通の公園とは違い、整備もきちんとされており、白い大理石の彫刻がいくつも並んでいます。まるで貴族がいた時代にタイムスリップしたかのようです。たくさんの木々もあり、とても清々しい場所です。

留学していた時は、公園に行って気分転換をしていたこともありました。夏の庭園は家から遠くて良く行く場所ではありませんでしたが、好きな場所でした。

10月頃にどうしても夏の庭園に行きたくなって庭園へ。いつもは夏に行ってたので、煌びやかなイメージしかなかったのですが、白い彫刻が四角い箱のような物に覆われ、(彫刻が冬に劣化しないようにするため)地面も落ち葉で覆われて、物悲しい雰囲気になっていました。旅行のガイドブックに彫刻が見られないことが書いてあったのにもかかわらず、すっかり忘れて1人で行った私は気持ちもどんより。とりあえずベンチに座ってボーッとしました。(人はほとんどいないです。)

でもそれはそれで、静けさと落ち葉や紅葉で、結構気分は落ちつき、これもいい風景かもと感じました。

もちろん夏に行く夏の庭園がオススメですが、この10月に行った夏の庭園がすごく印象に残っています。

美しいものと印象に残るものは違うんですね。

また、訪れたい場所です。

バイオリン講師 澤井亜衣

音楽院には食堂が二つあります。

一つは音楽院の本科の学生が食べられる食堂。もう一つは大学院生や先生が食べられる食堂です。

何が違うのかというと、大学院生や先生が使用できる学食の方が高いです。でも美味しいです。ここはゲストや、大学院生、先生と一緒に行けば使用することができます。なので、私も何度か利用したことがあります。

本科の学生が使用できる学食はというと、在籍数に対して座席数が圧倒的に少ないのですし、安いので、いつも混んでいてなかなか食べられなません。

例えば、ジュースと黒パン、サラダにお肉と付け合わせで400円くらい。先生や院生も利用することもあるので、更に混みます。

メニューは豊富です。ピロシキ、デザート、スープ、サラダやおかずも数種類あります。

安いけど美味くはないです。素材もよくないのです。たまにサラダが酸っぱい時があります。酢漬けとかドレッシングのせいではなく腐ってる感じです。

食器もかけていたり、フォークがひん曲がっていて食べ物に刺すことができないのも置いてあります。

そんな感じなので、あまり食べる機会は少なかったのですが、本番前のとても忙しい時期だった時に、夕飯として1ヶ月間毎日食べ続けました。

その後どうなったか。本番の次の日にお腹を壊して病院へ。病は気からってこういう時に使うことわざなのか…ちょっと違うような気もしますが。でも、お世話になった思い出のある食堂です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア語でアイスクリームのことをマロージェナエといいます。
ロシアでは夏だけではなく、冬もアイスクリームをよく食べます。
夏になると、観光名所のエルミタージュ美術館やピョートル大帝の宮殿などでも、ペットボトルのジュースや水と同じようにアイスも外で売っています。

味はバニラが多く、イチゴやキャラメルなど色々ありますが、バニラアイスにチョコが掛かっている棒アイスをよく食べます。これをロシア語でエスキモーと言います。他にもコーンのアイスもよく食べます。

ソフトクリームはあまり売っていません。ソフトクリームを食べられる場所はマックかIKEAのカフェでした。(当時、ロシアにIKEAがありました!)

市場に隣接されている商業施設などにアイスクリーム屋さんがあり、何種類ものアイスクリームが売っています。(コーンのみ)量り売りです。とても安かった記憶があります。

味の方ですが、なかなか美味しいです。アイスクリームは比較的安いのでよく食べていました。日本のアイスに比べてふわふわしていてかるく、濃厚ではないです。

日本風のアイスを食べたいときはサーティーワンです。(当時ペテルブルグにもありました!感激です。)味は日本と変わりません。そしてお値段も・・・。日本に比べてロシアの物価は安かったので、とても高い食べ物です。たまに試験が終わった後とかに、小さいサイズ1スクープを買って大事に食べてました。サーティーワンはコーンかカップか選べます。

このロシアのサーティーワンで不思議に思うことは、必ずロシア人は大きいサイズのアイスを2スクープ以上とあったかい飲み物を注文すること。小さいサイズや1スクープしか頼んでいる人見たことないです。これだけ注文するとちょっと豪華なランチができるくらいの値段になるはずなのですが。どちらかというと、外食もあまりしないですし、節約をする国民なので、少し驚きました。
(現在のロシア事情はよくわかりません。)

ケーキ屋さんやカフェ、レストランに行っても必ずアイスクリームを注文すると、2スクープ以上は出てきます。良くアイスクリームを食べるってことなのかもしれないです。

ロシアではサーティーワンのことをバスキンロビンスと呼んでました。確かに日本のサーティーワンのロゴのところにバスキンロビンスって書いてありますけど、サーティーワンって呼んでるの日本だけなんでしょうか?留学生の子たちも母国でもバスキンロビンスって呼んでるよって言っていました。

ロシアの寒い冬に食べるアイスも夏に食べるアイスも美味しいです。まあ、私がアイスクリームがすごく好きなんだと思います。

バイオリン講師 澤井亜衣