コンテンツへスキップ

1年ぐらいロシアの音楽を弾いていなかったのですが、やっぱりロシア音楽は好きですし、原点に戻りたいという思いでシェラザードを載せることにしました。

ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフはサンクトペテルブルグ音楽院で作曲を教えていたこともあり、音楽院の横には像があり、音楽院の正式名称はリムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院と言います。

リムスキー=コルサコフの像
リムスキー=コルサコフの像

ヨーロッパに比べてまだまだ音楽のレベルは低かったロシアですが、19世紀後半、ロシア五人組と呼ばれる作曲家達が大活躍します。その中の一人がリムスキー=コルサコフです。
リムスキー=コルサコフはサトコ、雪娘、など民族的な音楽をたくさん生み出します。
「アラビアン・ナイト」のヒロインの名前をとった交響組曲シェラザードも代表作の一つです。

オペラ「サトコ」より
オペラ「サトコ」より

物語を簡単に説明すると、シャーリアル王が溺愛の妃に裏切られた為、妃の首を刎ねます。それからは、新しく妃をむかえては、首を刎ねていきます。何人目かの妃のシェラザードは才色兼備の女性で、王におもしろい話を聞かせるので、次第に惹きこまれて、女性に対する復讐心がなくなり、シェラザードを愛するようになるというお話しです。

話の最初が恐ろしすぎますが、これくらい強烈な物語でないと作品として残らないのかもしれないです。

今回はシェラザードからアラブの歌(クライスラー編曲)を弾いてみました。ストーリーがあるので音楽が聴きやすいかもしれないです。バイオリン独奏ですが本当はオーケストラ編成なので、少し寂しい感じもします。

サンクトペテルブルグには今もリムスキー=コルサコフの住んでいたアパートがあり、博物館になっています。
一度訪れたことがありますが、そのままの状態で不思議な感覚でした。そこには小さなサロンがあり、コンサートもやっています。こういう見どころもあるサンクトペテルブルグです。

バイオリン講師 澤井亜衣

久しぶりにロシア語講座を購入しました。6月からウラジーミル・フェドセーエフ(владимир федсеев)さんのインタビューの再放送が始まるからです。

ロシア語講座、フェドセーエフインタビュー

フェドセーエフさんはロシアを代表する指揮者です。日本にもよく来日されていて、日本でもロシアでも演奏会に行ったことがあります。私の大好きな指揮者です。フェドセーエフさんが指揮をする音楽は本当にあたたかく、空気感がとても柔らかくなります。インタビューを読んだことがありますが、お人柄が素晴らしく、それが音楽にも表れています。指揮者というより、失礼ですが、おじいちゃんと呼びたくなるようなそんな素敵な方です。偉大な音楽家なのにも関わらず、親しみがあります。

ロシア語講座の中身は生い立ちや、作曲家への想い、現在の音楽に対する気持ちなどが書かれてありました。

フェドセーエフさんは、現在のサンクトペテルブルク(レニングラード)の出身。名指揮者ムラヴィンスキーに影響を受けました。

インタビューの中で印象に残ったのは、チャイコフスキーとの接し方。そして、900日近く続いたレニングラードの封鎖、ブロカード(блокада)。当時の冬は本当に寒かったそうで、食べ物もなく多くの人が亡くなりました。ブロカードはレニングラードの人々にとってとても辛い経験。目に涙を浮かべ、ブロカードの時の配給のお話しをしてくださったロシア語の先生の表情は、今でも忘れられないですし、地下にあるブロカードの資料館に行った際に、配給された黒パンの模型、展示されていたバイオリン、そこで流れていたショスタコーヴィチの音楽は衝撃的で、これから先も忘れてはいけないものだと感じました。

サンクトペテルブルクは古都で煌びやかなイメージですが、このような場所もあります。中々観光ではいかないかもしれませんが、行って欲しい場所の一つです。

ロシア人音楽家は、音楽を生活の一部という思いが他の国の音楽家より強く感じます。そういう人達が奏でる音楽はとても心に響きます。

ロシア語講座楽しみです!

バイオリン講師 澤井亜衣

アッコーライのバイオリンコンチェルトを載せることにしました。

新しいバイオリン教本の4巻に載っている曲で、バイオリンを習っている方はレパートリーの一つなのではないでしょうか。私も弾いたことがありますし、コンクールの課題曲にもなったため、思い入れのある曲です。コンチェルトといってもブラームスやチャイコフスキーなどよりは優しいですし、アッコーライという作曲家があまり有名ではないため、あまり録音やコンサートで演奏されません。でも、私はバイオリンの良さが生かされていて、華やかですし、好きな曲です。

こういう曲は残念ながらバイオリンをやっていないと触れる機会が少ないので、アッコーライを勉強していた時に音源も少なくてイメージがつかめませんでした。少しでも役に立てればと思い、載せることにしました。私が弾いたピアノ伴奏の音源で弾いてます。

バイオリンを習っている人、習っていない人でもいい曲だなと思ってくれたら、嬉しいです。

ロシア留学中にアッコーライのバイオリンコンチェルトのコンサートを聴きに行ったことがあります。演奏していたのは、音楽院で教えているパーベルポポフ先生。その時はアッコーライの生演奏が聴きに行きたくて演奏者は知らなかったのですが、のちにペテルブルクフィルのコンサートマスターで、私の室内楽の先生の旦那様だということを知りました。そして、私は室内楽の先生がピアノだったため、バイオリンのわからないところは、ポポフ先生にお世話になることになります。

ロシアの演奏会ではヴィオッティやシュポアなど生演奏で聴くことができたのはとても貴重でした。幼い頃に弾く曲を演奏家が生演奏で伝えていくことも本当に重要だと思います。チケットの売れ行きのことを考えるとこういう曲は演奏会不向きかもしれません。でも、憧れの演奏家が自分が練習している曲を演奏してくれるのは励みになるのではないでしょうか。ポポフ先生のアッコーライを聴いた時、貴重な演奏は本当に嬉しかったです。

いい曲、珍しい曲は紹介していきたいと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア人はお茶を飲むのが大好きです。コーヒー、紅茶、緑茶、色んな種類のお茶がスーパに売っています。お茶とカンフェティ(お菓子)が必ずロシアの家にはありますし、遊びに行ったときにお茶でもてなしてくれます。ロシア人は普段はマグカップで飲んでいますが、サンクトペテルブルグには有名な陶磁器があり、とても綺麗なデザインや色の陶磁器を購入することができます。

ヨーロッパの陶磁器は日本でよく見かけることはありますが、ロシアの物はごくたまにしか見かけないので、今回は写真付きで紹介したいと思います。

一番最初にロシアに訪れた時にエカテリーナ宮殿のお土産屋さんで購入したコーヒーカップです。

サンクトペテルブルグの陶磁器
サンクトペテルブルグの陶磁器
サンクトペテルブルグの陶磁器

紅茶でもいいとは思いますが、このデザインだと断然コーヒーの方がいいです。

サンクトペテルブルグの陶磁器
サンクトペテルブルグの陶磁器

この陶磁器インペリアルポーセレン(ロマノーソフ)という、1744年にピョートル大帝の娘が設立したものです。とても歴史のあります。以前もロシアンティーの飲み方でティーカップを紹介しました。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ

コーヒーカップを買うか悩んだのですが、もう行くことがないかもしれないと思ったのと(まあその後、留学するのですが)、機内で割れるかもとも思ったのですが、繊細な作りと、サンクトペテルブルグの色(運河もあるので)、青を使っていたので、気に入って購入しました。あまりコーヒーは飲まないのでお客さんが来るときに使っています。

その一年半後に留学するのですが、デパートや商業施設で陶磁器を売っていたので、いくつか日本に持ち帰りました。たまに使用しています。

ロシア民話の火の鳥など、ヨーロッパの陶磁器とはまた一味違った色使いで飾ってもインテリアにもなると思います。
外国の物はやはり色が違うなと思います。日本は鶯色、桜色など日本にしかない色があるように、ロシアもきっとそういう色があるのかもしれません。少し話がずれてしまいますが、ロシアで一度だけ髪を染めたことがあり、そのカラー材の色がカーネーション色でした。カーネーション色とは少し赤みがかかったブラウンでした。日本ではもしそのような色があったとしても、カーネーション色と表現することはないと思います。

陶磁器の話に戻りますが、ロシアでは結構ハッキリとした色で柄のついた陶磁器が多かったように思います。デザインも凝っているので、割れてしまいそうな薄さや、実用性に欠けたものなどありますが、持っているだけで気分があがる、そんなロマノーソフの陶磁器です。

サンクトペテルブルグの陶磁器
ポット。蓋もちゃんと開きます。

バイオリン講師 澤井亜衣

のだめカンタービレというマンガがあるのをご存知でしょうか?

音大を題材にした漫画でとても人気があり、上野樹里さん主演でドラマ化もされました。

クラシック音楽を題材にした、ドラマやアニメ、漫画などはたまにありますが、のだめカンタービレほどリアルなものを見たことがありません。感情移入し過ぎて見るのが辛くなるほど。でも面白いからと姉にすすめられたので見ることに。

俳優さんも楽器の持ち方が本格的ですし、ケースも音大生がよく使っているケースを使用、そしてロケも実際の音大を使っていたりと、細部までこだわっていました。

もちろんドラマの内容も、オーケストラにはSオケ、Aオケ、Bオケがあったり、コンクールや音大生特有の悩みなど本当にあるよね、こういうこと。と思いながらみていました。

今回は、実際にあったのだめカンタービレと似たようなエピソードを紹介したいと思います。

水川あさみさん演じる清良はバイオリン専攻の学生なのですが、首を寝違えてバイオリンがうまく弾けず、コンクールで優勝を逃すというシーンがありました。

ロシアで寮生活を送っていた私もしょっちゅう首を寝違えてバイオリンを弾く時にすごく痛いことがありました。ロシア寮のベッドはとても古く、ソビエト製。ソビエト連邦のベッドは何故か小さくて(私は身長159センチ)私でも長さが物足りないと感じたくらいでした。ベッドのマットレスはボロボロでべコンべコン。色は黄ばんでクリーム色ではなく、古過ぎて黄土色でした。たぶん、はたくとパフッ!っと埃がでてきそうなので、こわくて、はたいてないです。

そんなベッドだったので、よく首を寝違えていました。

寝違えた時、薬局で買っていたのが、唐辛子の絵が書いてある湿布。一枚から購入でき、値段も100円もしなかったと思います。ピアノ伴奏者のインガさんに相談したら教えてくれました。

いざ、購入して貼ってみると、、、。

10分もしない内にヒリヒリしてきてめちゃくちゃ痛い!剥がして拭いてもヒリヒリ感がとれない!さすが唐辛子!涙目で我慢。でもそうこうしているうちに治るという優れものです。

辛いけど、すごい効きました!

最後は湿布薬の話になってしまいましたが、音大生の世界を知りたい方はのだめカンタービレを見るといいと思います。でも時代が変わってきているので、オーケストラは現在必修科目ではなかったり、ちょっと今の音大生の世界は変わってきているかもしれません。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア留学の最初の2年間くらいは音楽院の外国人学生寮に住んでいました。キッチンが1フロアに一つあり、ガスコンロが3つ。でも、3つあっても壊れていて、実際にちゃんと使用できたのは2つでした。

最初の頃は、調理器具も揃っていなかったり、キッチンの使用を遠慮してしまったりで、正直食生活はひどいものでした。そういう生活をしていることや、集団生活をしていることもあり、よく風邪を引いていました。

保険は入っていたので病院には行けますが、そこまでひどい風邪ではないですし、ロシア人もそんなに頻繁に病院へ行くことがないので、風邪の時は日本から持ってきた風邪薬を飲んでいました。

ロシア人はあまり病院に行かないせいか、薬局は24時間営業(休憩時間あり)が多くあります。ハーブのドリンクや日本では処方箋がないと購入することができないような薬も販売されています。ロシア人達と体質も違うと思うので、よほどのことがない限りロシアの市販薬は飲みませんでした。

ロシア語の先生から教えてもらったのが、ロシアでは風邪を引いた時、牛乳にハチミツを入れて飲むということ。とても甘そうで風邪引いた時にそんなの飲めるかなと思ってしまいました。日本のおばあちゃんの知恵袋みたいな感じなのでしょうか。焼いた梅干しを番茶に入れるみたいな。

風邪を引いていた時に、中国人の友達が、私の部屋に飲み物を届けてくれたことがありました。どんな飲み物かというと、お湯に赤いお砂糖と生姜が入ったものでした。あったまりましたし、とても嬉しかったです。海外で体調が悪くなると、すごく辛いのでやっぱりこういうのは嬉しいです。

国が違うと風邪の時の対応が違うなと思いました。ハチミツ入り牛乳と焼き梅干し番茶はまだ飲んだことがありません。

バイオリン講師 澤井亜衣

大人のバイオリン教室ノータが東京都内のバイオリン教室おすすめ人気ランキングで7位になりました。
とても嬉しいです。ありがとうございます!

おすすめバイオリン教室ノータ

そのサイトがこちらです。

https://my-best.com/5730

お問い合わせが増えたな?と思っていたら、体験レッスンの方から、
「バイオリン教室おすすめ人気ランキングに入っていましたよ」
と教えていただきました。全然知らなかった、、、。

大人のバイオリン教室ノータは、1対1のプライベートレッスンで、オンラインレッスンと対面レッスンを両方行っていたり、毎回好きな時間に受けられたり、一回で完結もできたり、、1時間~の長めレッスンだったり等、自由に気長にできるようなバイオリン教室です。私が習い事をするのなら、こういう感じがいいなと思ったことをノータに込めました。

教室を開く前に、大人の方を他のバイオリン講師の方より教える機会が多くありました。皆さん結構忙しくて(転勤も含め)辞めてしまう方が多かったのです。せっかくレッスン受けるのなら、効率よく受けたいですし、他の事もやりたいですし、でもしっかり音楽は続けていきたいし。って私なら思います。大人の趣味としていい意味で邪魔にならなくて、レッスン受けて良かったなって思ってもらえるような音楽教室になるよう心がけています。

コロナ禍で始まったオンラインレッスンはだいぶ慣れてきた気がします。まだまだ課題やデメリットはありますが、考えてもみなかった地方や海外からの問い合わせもあり、オンラインを通して音楽の新たな可能性に小さな希望が見えました。敷居が高いとよく言われるバイオリンもオンラインの方がやりやすいかもしれません。また、生徒さんが地方に引っ越すのでレッスンがもうできないと思っていたら、オンラインでレッスンを継続してくれるとのこと。何年も教えていた生徒さんなのでお別れが辛かったのですが、本当に嬉しいです。

これから、継続していくこと、新たに取り入れていかなくてはいけないこと、色々あるかと思いますが、
柔軟性を持ちながら、生徒さん達と関わることができればと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

昨年12月に発表会の講師演奏でバッハの無伴奏バイオリンのための3番のプレリュードを演奏しました。

色々思うことがあり、ずっと弾き続けて4月になってしまいました。体力と集中力、最初から最後までできる限り同じレベルで弾けること。意外と難しいです。特にバッハは集中力と根気が大切な気がします。プレリュードはほぼ16分音符でかかれており、間違えたら持ちこたえるのが本当に大変です。間違えなきゃいいのですが。

飽きてはいないので、弾き続けてもいいのですが、色々思っていると、エンドレスになりそうなので、録画して一旦終了。年齢とともにテンポや弾き方、スラーの掛け方も変わっているところが不思議です。

バッハは本当に難しいけど、おもしろい。生徒さんもよく弾いていますが、教えていて、まだまだ「そうだったんだ!」と思うことがあります。ずっとこんな感じに思う曲なんだと思います。

友人から教えてもらって、久々にバッハのCDを購入しました。演奏者はニコライロザコヴィッチ君。現在、若干19歳のバイオリニストです。

ダニエルロザコヴィッチのCD
ダニエルロザコヴィッチのCD

知的な演奏で10代とは思えない。解説もニコライ君のバッハに対する思いが書かれており、大人だなあと思いました。精神年齢何歳なんだろう。演奏を聴いていると、私は何故か将棋士の藤井君を思い浮かべてしまいます。年齢が近いし、聡明な演奏だからなのか分かりませんが、いずれにせよ満足なCDで購入してモチベーションが上がりました。

明日から他のバッハ無伴奏を練習することにします。

バイオリン講師 澤井亜衣

新しいバイオリン教本2巻を勉強している時にノクターンを練習していたはずなのですが、あまり記憶にないです。でも、鉛筆でしっかりと先生の注意が書かれているので、やっているのですが、、、。

でも不思議なもので、生徒さん達のノクターンのレッスンをしていると過去の記憶がよみがえります。ただ楽譜をみたり、音楽を聴いたりするだけでは記憶は思い出せず、生徒さん達と一緒にノクターンについて語ったり、自身が演奏することによって思い出します。ノクターンに限らず、他の曲もです。音楽を演奏するって記憶を呼び起こすこともできるのかと、何回も弾く曲については感じているところです。

それで勉強しているときに思っていたことを思い出したのですが、メンデルスゾーンさんには申し訳ないのですが、ノクターンのメロディがわかりづらいということ。もともとバイオリン曲ではなく、「真夏の世の夢」というシェイクスピアの戯曲をもとにした劇付随音楽です。ノクターンの部分は管楽器がメロディーを演奏しています。ゆっくりな曲だと初心者はとても弾きづらく、何を弾いているのかが自分自身でわからりづらいです。私もそんな風に思っていたことを思い出しました。そしたら、生徒さんからも、この曲わかりづらいという声がありました。やはり思うことは皆同じなんだなと思いました。わかりづらいので、音源を載せてみることにしました。中々、教本の音源はないので、少ない音源の1つとして参考にしていただけると幸いです。

私が思う良い演奏家は、お客さんがこの曲いい曲だなと思うような演奏をしている人だと思います。それから、演奏会を聴いている時に、この時間が終わってほしくないなと思うような演奏をする人。色々な考え方がありますし、私も考えが今後変わるかもしれませんが、これが今の考え方です。

バイオリン講師 澤井亜衣

半沢直樹のテーマを載せたいと思います。

半沢直樹のテーマを作曲した服部隆之さんは大河ドラマの真田丸も作曲しています。どちらも主演は堺雅人さんでした。真田丸の曲はバイオリンがメインでしたのでバイオリニスト三浦文彰さんが演奏されていました。ちなみに服部隆之さんのお嬢さんも有名なバイオリニストで服部百音さんです。

服部隆之さんの作品は迫力があり、勇ましいです。

半沢直樹のテーマはオリジナルは、バイオリンではありませんが、バイオリンソロで録音しました。意外とバイオリンソロでも迫力が出る?ような気がします。ドラマだと最後までじっくり聴くことはないので、こんな曲だったんだなと弾いて思いました。CM曲やドラマ、映画音楽の曲は全体を聴くことがないので、楽譜を見て全部を知ることが多いです。1番低い弦G線で弾き始めるのですが、深みがしっかりでる弦なので、感情が出しやすいと思います。この曲の場合、怒りなのでしょうか。この曲弾く時、結構険しい顔になっていました。笑顔でこの曲弾けるのかな?曲調と表情は基本演奏する時同じような感じになってます。

バイオリン講師 澤井亜衣