コンテンツへスキップ

日本でロシア料理のお店に行くと、ロシアンティーという飲み物があります。紅茶にジャム(イチゴジャムが多い)が入っていることが多い飲み物です。

ロシア語で紅茶は黒いお茶と書いてчёрный чай(チョールヌィチャイ)と言います。ロシア人はとてもお茶が大好きで、紅茶の他にも、コーヒー、ハーブティー、中国茶などたくさん飲みます。

お砂糖の変わりにハチミツやジャムを使うこともあり、これが日本で飲むロシアンティーのことです。ただ現地では、日本で飲むロシアンティーとは少し違います。日本は最初からジャムがカップの中に入っていますが、ロシアでは小皿に入ったジャムをスプーンで食べながら、紅茶を飲みます。これがロシアでの紅茶の飲み方です。

日常的にロシアンティーは楽しむので、マグカップに紅茶を入れ、小皿に入ったジャムをスプーンで食べながらいただきます。

ロシアンティー
再現すると、こんな感じです。

ロシアのおばあちゃん家に行くと、ダーチャ(別荘)で夏に摘んだイチゴなどの手作りジャムを2種類くらいお皿に入っていたりします。それをのんびりとゆっくりいただきます。お茶の時間が大好きなおばあちゃん。紅茶を飲みながら、たくさんしゃべります。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ

これはロシアのサンクトペテルブルク製のティーカップです。とても歴史がある陶磁器のメーカーのものです。運河の街なので、サンクトペテルブルクのイメージカラーがブルー。ブルーは好きな色なので気に入っています。

ロシアのサンクトペテルブルグ製のティーカップ
ティーカップの底にはサンクトペテルブルグとあります。

ロシアンティーを久しぶりに飲んでみました。甘酸っぱくて美味しかったです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアでジャガイモの存在は大きいと思います。ロシア産のジャガイモもありますし、ヨーロッパからもジャガイモを輸入しています。

惣菜パンやスープ、メインの付け合わせ、サラダに使用され、ファーストフードでは必ずフライドポテトはソース付きで頼み、ポテトチップスもよく食べるので、とにかく消費量は多いと思います。

メインの付け合わせのジャガイモの調理法もピューレ、フライドポテト、粉吹き芋っぽいもの、炒めた感じのジャガイモなど食べたことがあり、バリエーションが豊富です。

基本野菜は量り売りなので、ジャガイモも同じです。すでに袋詰めされているジャガイモもあり、2キロ〜30キロくらいの袋詰めのジャガイモが売っています。

カップ麺のような感じで、お湯を注ぐとジャガイモのピューレになる商品も日常的に食べます。手軽なので買い物客の多くのカゴの中にはカップのジャガイモピューレが入っています。

留学中にお腹を壊したことがあり、病院に行ったら、お医者さんから、「消化に良いもの食べて下さい。ジャガイモとか。」と言われたので、ジャガイモ好きな私は病院帰りに3キロの袋詰めされたジャガイモを購入。煮たり、ピューレにしたり、サラダにしたり、お腹の調子が悪いにもかかわらず、美味しくてたくさん食べて太ったので、それ以降は一個とか二個とかを量り売りで購入していました。

そしてジャガイモを一、二個入れてスーパーのレジに持って行ったら、レジのおばさんからこんな言葉が、

「これだけで、何作るの?」

「…」

一、二個で購入するお客、いないです。

そして、このレジのおばさんの言葉はとてもロシア人っぽいです。このお節介な感じがロシア人のいいところなのです。

バイオリン講師 澤井亜衣

2008年にディズニーシーのスペシャルイベントに使用された音楽、シーズンオブハートを演奏してみました。バレンタイン時期のイベントだったようです。

ピアノを担当してくれたのは双子デュオピアニストで活躍している、ジュメルのちひろさん。

実は10年くらい前に、ちひろさんからシーズンオブハートを教えてもらい、何回か一緒に演奏しています。とてもキレイな曲なので、もう一度一緒に演奏してもらいました。

10年ぶりに演奏してみると、こんな風にこの曲思ってたな、とかこういう風に弾いてたな。とか思い出しました。演奏する前までは全然思い出せなかったのですが。

今回、録音したシーズンオブハートです。

東京ディズニーシーシーズンオブハート
CDには残念ながらバイオリンバージョンは入っていないです。
うさぎのジュディ

ちひろさん家のうさぎのジュディちゃん。とても可愛くて癒されます。ちひろさんありがとうございました。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシア正教の暦でロシアのクリスマスは1月7日です。クリスマスは盛大に祝います。

サンタクロースの記事でもクリスマスについて書きましたが、この時期のイサク寺院の前に飾られる、大きなマロースおじいさんとスネグーロチカとクリスマスツリーは存在感がありました。

12月に本物のもみの木 (ヨールカёлка) が路上で販売され、室内に飾ります。オーナメントもキレイな物がお店で販売しています。クリスマスプレゼントをもみの木の下に飾り、クリスマスになるとプレゼントを開けます。

クリスマスにロシア人の家に招待された時、たくさんの料理でもてなされ、クリスマスに食べるサラダやケーキなどご馳走になりました。

ロシアのクリスマス料理が掲載されている雑誌から
ロシアのレシピ本です。

ロシア人はクリスマスだけではなく、お客様をもてなす時はすごい量の食事を用意してくれるので、いつもお腹いっぱいになります。

クリスマスが終わるとサンクトペテルブルグ音楽院は試験期間です。年末年始の休みは日本より短く、年末もしっかりと授業があり、試験後に1月下旬から2月上旬にかけて冬休みになります。お正月、クリスマスは試験準備で慌ただしいです。

ロシアの作曲家シュニトケのきよしこの夜をアップしました。演奏はクレーメルです。シュニトケの作品を世界に広めたラトビア出身のバイオリニストです。

こういうクリスマスソング、結構好きです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ドラマ「G線上のあなたと私」の第8話でバイオリン講師の 眞於先生(桜井ユキ)がパッヘルベルのカノンを演奏していたので、少し書いていきたいと思います。

パッヘルベルのカノンは良く演奏される曲で、知っている方も多いかもしれません。私が最初にこの曲を知ったのは、合唱曲の中にカノンの一部分が組み込まれていたことでした。

色々な編成で演奏されますが、カノンの正式の名前は「3つバイオリンと通奏低音のためのカノン」といい、3つのバイオリンとチェンバロなどの鍵盤楽器で演奏されます。

通奏低音とは、バロック時代の伴奏の形態のことです。時代によって、楽器が進化したり、奏法が変わることで、楽譜の記譜法も変わってきます。あまり通奏低音の楽譜はわかりませんが、楽譜に数字が書いてあります。

パッヘルベル  ‎(1673~1690)はバロック時代に活躍した作曲家です。この年代に活躍した音楽家の曲をバロック音楽といい、G線上のアリアを作曲したバッハ(1685~1750)もバロック時代の作曲家です。

同時代に作られた曲は、わりと似ています。私はバロック時代の音楽は透明感があるように感じます。

G線上のアリアについては、以前ブログでも書きました。意外とゆっくりな曲をバイオリンで弾くのは難しいのでG線上のアリアも難しいです。G線上のアリアの最初のミの音はとても好きです。バイオリンの特徴は長い音を弾く時に弓で強弱をつけられることです。一つの音を変化させられるバイオリンはG線上のアリアの最初の音を魅力的にできます。

最初のミ〜〜〜〜〜ラのラに向かって少しずつですが大きくしています。そして、このミの音に寄り添うように、ピアノが淡々と拍子を打つかのように、伴奏がラに向かってハーモニーを変化させながら、サポートしている感じが、しんみりしていて個人的には好きです。

今回は以前にバーの蔦やさんで演奏した時のパッヘルベルのカノンとその時のアンコール曲G線上のアリアを載せてみました。

まずはカノンです。ピアノとバイオリンの編成です。

そして、バッハのG線上のアリアです。ピアノとバイオリンの編成です。

両方とも300年以上前の曲には思えないです。色あせることなく、今の時代にも合う音楽だと思っています。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアのクリスマスはロシア正教の暦なので、1月7日です。サンタクロースのことをロシアでは、マロースおじいさんといいます。トナカイではなく、馬がソリを引いていて、マロースおじいさんの見た目はほっそりとしていることが多いです。

ロシアのサンタクロース、マーロスおじさん
これはちょっと太めですが、、、

上の写真は、ロシアの市場で購入したクリスマスのオーナメントです。クリスマスの時期になると、オーナメントがお店に並びます。そして、本物のもみの木に飾り付けをします。ロシア人にとって大切な行事です。

ロシアで購入したクリスマスのオーナメント

このオーナメントは3個セットで購入しました 。右はサンタクロース、真ん中はもみの木、左側は誰?ってなるかもしれませんが、ロシアのサンタクロースには、なんと孫娘がいるのです!名前はスネグーロチカ。スネグーロチカは雪娘です。孫娘のスネグーロチカは、ロシアのオペラの題材にもなっていたりもします。スネグーロチカは、クリスマスにマロースおじいさんを手伝っているらしく、クリスマスカードやオーナメント、街中のディスプレイもマロースおじいさんとセットで並んでいます。

両方ともスネグーロチカのオーナメントです。衣装は雪娘なので、白と水色を基調としたものが多いです。左側の方がロシアの民族衣装っぽいです。

ロシアのクリスマスは、クリスマスツリーや、イルミネーションがとても美しいです。

バイオリン講師 澤井亜衣

大山駅にあるバー、蔦やさんでバイオリンとピアノのコンサートをさせていただきました。毎年恒例のように、演奏させていただいており、とてもありがたく思っています。

今回の曲目は、バーで演奏してみたかった「ウイスキーはお好きでしょ」やバッハの無伴奏バイオリンのためのパルティータ、ピアノソロで月の光など、幅広いジャンルを演奏しました。 

大山にあるバー、蔦屋での澤井亜衣のピアノとバイオリンコンサート
店内はとてもいい雰囲気です。

バーのマスターは、気さくで、とても面白い方です。お酒が美味しいのは勿論ですが、ご飯もとても美味しいです。演奏後、お客様やマスターから、美味しいお酒とご飯をご馳走になりました。

お客様もマスターの人柄に足を運んで来るので、素敵なお客様達ばかりで、あたたかく聴いて下さって感謝です!

ピアニストの麻衣さん、マスター、お手伝いしてくださった方、来てくださったお客様、本当にありがとうございました。

バイオリン講師 澤井亜衣

小さい生徒様を教える時は、基礎練やクラシック曲を教える他、それにプラス好きな曲をレッスンに取り入れます。

やはり好きな曲をレッスンに取り入れると、やる気が全然違います。ずいぶん前からクラシック曲を弾いているのに、最近練習し始めた好きな曲の方が上手だったりすることもあります。

小さな男の子達は電車が大好きなので、電車の発車メロディを弾きたい!といってくる子達が多いです。

今回は発車メロディの音をピアノバージョンとバイオリンバージョンで載せてみることにしました。

最近はクリスマスシーズンになると、発車メロディがクリスマス曲になったり、モーツァルトや、さくらさくらなど、注意深く聞いていると色々あります。題名もついてる曲もあります。今回は2曲を弾いてみました。

まずは、山手線の目白駅の発車メロディ「春」

ピアノバージョン

バイオリンバージョン

2曲目は常磐線の北千住の3番ホームの発車メロディ。タイトルはわかりません。

ピアノバージョン

バイオリンバージョン

北千住のテンポ少し遅くなってしまいました。聞いたことがあっても、楽器が変わるとかなり印象が変わると思います。

私は、春はピアノバージョン、北千住駅の発車メロディはバイオリンバージョンが気に入っています。

発車メロディ探してみると、いい曲たくさんありそうです。

バイオリン講師 澤井亜衣

ロシアはサーカスが有名です。ロシア語ではツィールク 「цирк」と言います。ロシアから日本にサーカス団がよく来日しています。去年もサンクトペテルブルグから来日していたようでした。モスクワのサーカス団の方が有名かもしれませんが、サンクトペテルブルグにもサーカス団がいくつかあります。

サンクトペテルブルグはネフスキー通りという一番有名な通りに、サーカスの会場があります。あまり覚えていませんが、円形のピンク色をした建物で三階席くらいまであったような気がします。

街のチケット売場には、よくサーカスのポスターが貼ってあります。シーズンごとに演目も変わったり、出演者も変わります。値段がそこまで高くなかった記憶があります。

客層ですが、子供達が中心に賑わっています。空中ブランコや、熊や象のショーなどがあり、迫力があって楽しめます。以前観た時、調教師がロシア人民芸術家という称号を持っている方でした。サーカスも芸術の一つ、素晴らしいなと思います。しかも、サンクトペテルブルグのサーカスは人数は少ないのですが、なんと生演奏!指揮者もいます。本当に芸術の国です。

私はサーカスが好きですが、サーカスの会場内の雰囲気が大好きです。

会場内では、綿菓子やポップコーンなどのお菓子が販売されていて、ショーの最中でも食べながら観ることができます。休憩中はピエロとの写真撮影ができたり、会場を盛り上げるために可愛らしい光るおもちゃが売っていたり。おばあちゃんに、お菓子などをおねだりしている子をよく見かけました。おばあちゃんにおねだりするのは、日本と同じかもしれないです。

とても明るくて賑やかで、動物やピエロ、お菓子やおもちゃ、子供達の好きな物がたくさんある場所の雰囲気は絵本のような世界。その中にいるだけで楽しい気持ちになりました。また機会があれば訪れたい場所です。

バイオリン講師 澤井亜衣

ドラマ「G線上のあなたと私」を観ています。1話からいくつか音楽用語が出てきています。主人公がバイオリンのレッスンを受けているので、音楽用語というよりは、弦楽器にしか使用されない用語なども出てきています。今回はドラマに出てきた音楽用語の説明をしてみたいと思います。

まず1話で出てきた音楽用語。

開放弦という言葉。開放弦とは、指を押さえずに弾く音のこと。バイオリンは指を押さえて、色々な高さの音を出します。指番号は0〜4まであります。人差し指が1、中指が2、薬指が3、小指は4、そして何も押さえないことを0で書き記します。この0が開放弦です。

今回はこの開放弦の音を載せてみました。

バイオリン4弦の写真

右から順番に弾いていきます。

左にいくにつれて音が弾くくなり、ソがバイオリンで最も低い音になります。

バイオリンの弦は4本あるので、開放弦が4つあることになります。右からミ、ラ、レ、ソの音がなり、バイオリンの楽譜の指使いの表記は0になります。

開放弦
0と書いてあるのが開放弦で弾きます。

それから、ダウンとアップという言葉もでてきました。上げ弓、下げ弓という言い方もします。言葉で説明するのは難しいので、写真を掲載します。

こっちから演奏するとダウン。

バイオリンダウン奏法

こっちからだとアップになります。

アップ奏法

楽譜に表記されるとこんな感じです。

ダウンの記号
ダウン
アップの記号
アップ

楽譜に指示があります。自分で考えることもありますが、だいたいは楽譜通りに演奏します。

松下由樹さんがエアバイオリンを弾くシーンがありましたが、指使いはG線上のアリアの本当の指使いで、ビックリしました。さすが女優さんです。もし、また見る機会があれば指に注目してみて下さい。開放弦もエアバイオリンで弾いてます。

バイオリン講師 澤井亜衣